杉浦 幸之助 (スギウラ コウノスケ)

SUGIURA Konosuke

写真a

職名

教授

研究室住所

〒930-8555富山市五福3190

研究分野・キーワード

地球雪氷学, 雪氷圏科学, 地球環境科学

研究室電話

076-445-6648

ホームページ

http://www3.u-toyama.ac.jp/cfes/sugiura/index.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1999年03月 -  博士(地球環境科学)  北海道大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   都市デザイン学系   教授  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   都市デザイン学部   地球システム科学科   教授  

  • 2018年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   大学院理工学研究部   環境・エネルギー学域   地球環境システム学系   教授  

  • 2018年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   都市デザイン学部   地球システム科学科   教授  

  • 2013年08月
    -
    2018年03月

    富山大学   研究推進機構   極東地域研究センター   准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本地球惑星科学連合

  •  
     
     
     

    アメリカ地球物理学連合(American Geophysical Union)

  •  
     
     
     

    国際雪氷学会(International Glaciological Society)

  •  
     
     
     

    日本学術会議 地球惑星科学委員会合同IGBP・WCRP・DIVERSITAS合同分科会Clic小委員会委員

  •  
     
     
     

    日本学術会議 地球惑星科学委員会IUGG分科会IACS小委員会委員

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 気象・海洋物理・陸水学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 雪氷圏を対象に,グローバルスケールでの雪氷変動や降積雪・吹雪について,また植生・土壌・大気などと積雪との関係性について,野外観測,リモートセンシング,データ解析,数値モデル,大型低温室内実験などにより取り組んでいます.

論文 【 表示 / 非表示

  • A 38-year (1978-2015) Northern Hemisphere daily snow cover extent product derived using consistent objective criteria from satellite-borne optical sensors

    Hori, M., K. Sugiura, K. Kobayashi, T. Aoki, T. Tanikawa, K. Kuchiki, M. Niwano, H. Enomoto

    Remoto Sensing of Environment   191   402 - 418   2017年

    共著

  • 航空機搭載6GHzマイクロ波放射計による冬季アラスカの地表面状態の観測

    Alimasi, N., 榎本,J. Cherry, L. Hinzman, 亀田, 杉浦, 堀

    雪氷     2016年07月

    共著

  • Latitudinal gradient of spruce forest understory and tundra phenology in Alaska as observed from satellite and ground-based data

    Kobayashi, H., A. Yunus, S. Nagai, K. Sugiura, Y. Kim, B.V. Dam, H. Nagano, D. Zona, Y. Harazono, S. Bret-Harte, K. Ichii, H. Ikawa, H. Iwata, W. Oechel, M. Ueyama, R. Suzuki

    Remote Sensing of Environment   177   160 - 170   2016年05月

    共著

  • Spatial characteristics of rainfall at sparsely distributed station network over the high-latitude mountainous regions in eastern Siberia

    Sugiura, K., S. Takahashi, T. Kameda, H. Enomoto, Y. Kononov, M. Ananicheva

    International journal of Earth & Environmental Sciences   1 ( 104 )   2016年04月

    共著

  • アラスカ積雪中のブラックカーボンの緯度分布

    塚川, 東, 近藤, 杉浦, 大畑, 森, 茂木, 小池, 平林, R. Dallmayr, 榎本

    雪氷     2016年

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 東アジアにおける森林・木材資源の持続的利用ー経済学からのアプローチー(分担執筆)

    山本 雅資,杉浦 幸之助 (担当: 共著 )

    農林統計協会  2018年

  • 雪と氷の疑問60(分担執筆)

    杉浦 幸之助 (担当: 単著 )

    成山堂書店  2016年

  • 新版雪氷辞典(分担執筆:スプラッシュ過程)

    杉浦 幸之助 (担当: 単著 , 担当範囲: スプラッシュ過程 )

    古今書院  2014年

  • 新版雪氷辞典(分担執筆:表面昇華)

    東海林, 杉浦 (担当: 共著 , 担当範囲: 表面昇華 )

    古今書院  2014年

  • 図説地球環境の事典(分担執筆)

    杉浦 幸之助 (担当: 単著 , 担当範囲: 季節積雪 )

    朝倉書店  2013年

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Supersite in Boreal Forest of Alaska Established by a Japan and USA Collaboration Study

    Suzuki, R., H. Ikawa, Y. Kim, K. Sugiura

    AsiaFlux Newsletter   38   14 - 18   2015年

    総説・解説(その他)   共著

  • 近年の広域積雪面積の変動

    杉浦,堀

    気象研究ノート   230   168 - 177   2014年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 積雪観測と変動解析研究

    杉浦 幸之助

    北極通信     2014年

    総説・解説(その他)   単著

  • 降水量観測−固体降水−

    杉浦, 横山

    雪氷 ( 日本雪氷学会 )  68 ( 6 ) 573 - 580   2006年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 積雪モデル

    山崎, 杉浦

    雪氷 ( 日本雪氷学会 )  68 ( 6 ) 607 - 612   2006年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本雪氷学会平田賞

    2010年09月   日本雪氷学会  

    受賞者:  杉浦幸之助

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 小型無人航空機を用いた高山植生モニタリング手法の確立

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    地球雪氷学特論  (2019年度)  専任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    地球科学特別研究  (2019年度)  専任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    ゼミナール  (2019年度)  専任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    地球科学専攻セミナー  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年04月
    -
    2019年09月

    地球科学特別研究  (2019年度)  専任

全件表示 >>