中町 智哉 (ナカマチ トモヤ)

NAKAMACHI Tomoya

写真a

職名

講師

研究分野・キーワード

神経内分泌学,病態生理学、行動生理学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2006年03月 -  博士(医学)  昭和大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   理学系   講師  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   理学部   生物学科   講師  

  • 2017年12月
    -
    2019年09月

    富山大学   大学院理工学研究部   生命・情報・システム学域   ヒューマン・生命情報システム学系   講師  

  • 2017年12月
    -
    2019年09月

    富山大学   理学部   生物学科   講師  

  • 2013年12月
    -
    2017年11月

    富山大学   大学院理工学研究部   助教  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本解剖学会

  •  
     
     
     

    米国神経科学会(Society for Neuroscience)

  •  
     
     
     

    日本神経内分泌学会

  •  
     
     
     

    日本実験動物学会

  •  
     
     
     

    日本比較内分泌学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 形態・構造

 

論文 【 表示 / 非表示

  • High-sucrose diets contribute to brain angiopathy with impaired glucose uptake and psychosis-related higher brain dysfunctions in mice.

    Hirai S, Miwa H, Tanaka T, Toriumi K, Kunii Y, Shimbo H, Sakamoto T, Hino M, Izumi R, Nagaoka A, Yabe H, Nakamachi T, Shioda S, Dan T, Miyata T, Nishito Y, Suzuki K, Miyashita M, Tomoda T, Hikida T, Horiuchi J, Itokawa M, Arai M, Okado H

    Science advances   7 ( 46 ) eabl6077   2021年11月

    共著

    DOI PubMed

  • Intracerebroventricular administration of α-melanocyte-stimulating hormone (α-MSH) enhances thigmotaxis and induces anxiety-like behavior in the goldfish Carassius auratus.

    Watanabe K, Konno N, Nakamachi T, Matsuda K

    Peptides   145   170623   2021年11月

    共著

    DOI PubMed

  • Identification and signaling characterization of four urotensin II receptor subtypes in the western clawed frog, Xenopus tropicalis.

    Konno N, Takano M, Miura K, Miyazato M, Nakamachi T, Matsuda K, Kaiya H

    General and comparative endocrinology   299   113586   2020年12月

    共著

    DOI PubMed

  • Molecular Identification, Characterization, and Expression Analysis of a Metallothionein Gene from Septifer virgatus.

    Sakatoku A, Ishikawa M, Yamazaki K, Nakamachi T, Kamachi H, Tanaka D, Nakamura S

    Marine biotechnology (New York, N.Y.)     2020年05月

    共著

    DOI PubMed

  • Effect of intracerebroventricular administration of two molecular forms of sulfated CCK octapeptide on anxiety-like behavior in the zebrafish danio rerio.

    Matsuda K, Yoshida D, Sachuriga, Watanabe K, Yokobori E, Konno N, Nakamachi T

    Peptides     170330   2020年05月

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Handbook of Hormones Comparative Endocrinology for Basic and Clinical Research

    Hironori Ando (edt), Kazuyoshi Ukena (edt), Shinji Nagata(edt). (担当: 共著 , 担当範囲: 12b. Orexin, 27. Secretin/pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide family, 27a. Secretin, 27c. Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide, 27d. Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide-related peptide )

    Academic Press  2021年08月

  • 実験医学 【臓器連環による生体恒常性の破綻と疾患 すべての医学者・生命科学者に捧ぐ】(第3章)臓器連環による生体の動的恒常性 生理活性物質が繋ぐ臓器連環 消化管関連ペプチドが拓く恒常性フロンティア

    佐藤 貴弘, 井田 隆徳, 関口 俊男, 中町 智哉, 児島 将康 (担当: 共著 )

    羊土社  2019年05月

  • 比較内分泌学

    北橋 隆史, 中町 智哉 (担当: 共著 )

    日本動物学会第86回大会シンポジウム「第5会ホメオスタシスバイオロジーシンポジウムー温度受容と環境適応のメカニズムー」を開催して  2016年01月

  • Pituitary Adenylate Cyclase Activating Polypeptide — PACAP, (Editors: Reglodi, D., Tamas A., eds.)

    Nakamachi T, Lindholm D, Founier A, Koves K, Jhon P, Juhasz T, Kanasaki H, Banks WA , Lucero MT, Manecka DL, Edvisson L, Ago Y, Sunny G, Moody TW 他 (担当: 共著 )

    Springer International Publishing  2016年

  • Chapter 10B. “Orexin”

    Nakamachi, T. (担当: 分担執筆 )

    Academic Press  2015年

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Discovery of PACAP and its receptors in the brain

    Hirabayashi, T., Nakamachi, T., and Shioda, S.

    The Journal of Headache and Pain   19 ( 1 ) 28   2018年04月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Effects of PACAP on dry eye symptoms, and possible use for therapeutic application

    Shioda, S., Takenoya, F., Hirabayashi, T., Wada, N., Seki, T.,, Nonaka, N., and Nakamachi, T.

    Journal of Molecular Neuroscience   in press   2018年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Pleiotropic and retinoprotective functions of PACAP.

    Shioda S, Takenoya F, Wada N, Hirabayashi T, Seki T, Nakamachi T.

    Anatomical Science International   91 ( 4 ) 313 - 324   2016年09月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

    DOI

  • マウスにおいてPACAPはAQP5のトランスロケーションを誘導して涙液分泌を促進する.

    中町 智哉、塩田 清二.

    比較内分泌学   42 ( 159 ) 100 - 103   2016年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 魚類の摂餌行動・情動行動と脳ペプチド

    松田 恒平, 中町 智哉, 今野 紀文

    海洋と生物   37 ( 6 ) 605 - 613   2015年12月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • International symposium on frontier biology and chemistry 2016 オーガナイザー

    その他 

    2016年03月
     
     
     

  • 第5 回ホメオスタシスバイオロジーシンポジウム オーガナイザー

    その他 

    2015年09月
     
     
     

  • 第30回日本下垂体研究会学術集会 若手企画オーガナイザー

    その他 

    2015年08月
     
     
     

  • The 2nd Tenure Track System International Symposium オーガナイザー

    その他 

    2015年03月
     
     
     

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本比較内分泌学会 奨励賞

    2019年11月   日本比較内分泌学会  

    受賞者:  中町智哉

  • 第122回日本解剖学会総会・全国学術集会 日本解剖学会奨励賞

    2017年03月28日   日本解剖学会  

    受賞者:  中町智哉

  • 第13回GPCR研究会 松尾研究奨励賞

    2016年05月13日   GPCR研究会  

    受賞者:  中町智哉

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 魚類におけるPACAPの中枢機能の解析により脊椎動物に普遍的な神経基盤を探る

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2022年03月 

  • 食欲調節ホルモンによる情動制御の神経基盤の解明

    基盤研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • PACAPによるドライアイの予防・治療効果の検討

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

     

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 形状の異なる水槽におけるキンギョの選好性行動の観察と比較

    令和3年度(2021) 日本動物学会 中部支部大会 富山大会  (オンライン開催)  2021年12月  -  2021年12月   

  • ゼブラフィッシュの脳梗塞モデルに対するヒトの脳梗塞治療薬の有効性の検証

    令和3年度(2021) 日本動物学会 中部支部大会 富山大会  (オンライン開催)  2021年12月  -  2021年12月   

  • 単離したメダカ鰓の組織培養における高浸透圧およびCaCl2 処理による Anoctamin 1 の発現変化

    令和3年度(2021) 日本動物学会 中部支部大会 富山大会  (オンライン開催)  2021年12月  -  2021年12月   

  • トラフグの脳地図作成とキンギョの脳地図との比較

    令和3年度(2021) 日本動物学会 中部支部大会 富山大会  (オンライン開催)  2021年12月  -  2021年12月   

  • ゼブラフィッシュにおいてPACAP-PAC1RシステムはAVTを介して社会性⾏動 を制御する

    第12 回 ペプチド・ホルモン研究会  (オンライン開催)  2021年11月  -  2021年11月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    ゼミナール  (2020年度)  専任

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    動物科学特論  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    動物病態生理学特論  (2020年度)  専任

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    行動生理学  (2020年度)  専任

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    生体制御学実験Ⅰ  (2020年度)  兼担・兼任

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2014年12月
    -
    継続中

    日本比較内分泌学会   学術誌編集委員会委員

  • 2012年
    -
    2016年

    日本比較内分泌学会   若手交流会小委員会委員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 富山東高校 模擬授業

    2018年07月
     
     

  • 高岡高校 探究科学科 課題研究指導 

    2018年05月
    -
    2019年01月