松村 茂祥 (マツムラ シゲヨシ)

MATSUMURA Shigeyoshi

写真a

職名

講師

研究分野・キーワード

核酸生化学、進化分子工学、合成生物学、マイクロ流体工学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2007年03月 -  博士(生命科学)  京都大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   理学系   講師  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   理学部   化学科   講師  

  • 2018年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   大学院理工学研究部   ナノ・新機能材料学域   物質物性基礎科学系   講師  

  • 2018年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   理学部   化学科   講師  

  • 2014年03月
    -
    2018年03月

    富山大学   大学院理工学研究部   助教  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本分子生物学会

  •  
     
     
     

    日本RNA学会

  •  
     
     
     

    日本化学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物分子化学

  • 進化生物学

  • 生体関連化学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 液滴マイクロ流体システムを用いた[RNA膜内進化工学]の確立

論文 【 表示 / 非表示

  • Catalytic RNA nano-objects formed by self-assembly of group I ribozyme dimers serving as unit structures.

    Kiyooka R, Akagi J, Hidaka K, Sugiyama H, Endo M, Matsumura S, Ikawa Y

    Journal of bioscience and bioengineering     2020年05月

    共著

    DOI PubMed

  • Effects of external molecular factors on adaptation of bacterial RNase P ribozymes to thermophilic conditions.

    Rahman MS, Matsumura S, Ikawa Y

    Biochemical and biophysical research communications   523 ( 2 ) 342 - 347   2020年03月

    共著

    DOI PubMed

  • Polyethylene glycol molecular crowders enhance the catalytic ability of bimolecular bacterial RNase P ribozymes.

    Rahman MS, Gulshan MA, Matsumura S, Ikawa Y

    Nucleosides, nucleotides & nucleic acids     1 - 15   2020年02月

    共著

    DOI PubMed

  • Oligomerization of a modular ribozyme assembly of which is controlled by a programmable RNA-RNA interface between two structural modules.

    Tsuruga R, Uehara N, Suzuki Y, Furuta H, Sugiyama H, Endo M, Matsumura S, Ikawa Y

    Journal of bioscience and bioengineering   128 ( 4 ) 410 - 415   2019年10月

    共著

    DOI PubMed

  • Rational Design of an Orthogonal Pair of Bimolecular RNase P Ribozymes through Heterologous Assembly of Their Modular Domains.

    Nozawa Y, Hagihara M, Rahman MS, Matsumura S, Ikawa Y

    Biology   8 ( 3 )   2019年08月

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Engineered group I ribozymes as RNA-based modular tools to control gene expression

    Ikawa, Y., Matsumura, S.

    Applied RNA Bioscience ( Springer )    203 - 220   2018年

    総説・解説(その他)   共著

    DOI

  • 一時的な区画化によりレプリケーターRNAの新たな機能は創発しうる

    松村 茂祥

    実験医学 ( 羊土社 )  35 ( 11 ) 1858 - 1860   2017年07月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • RNA複製体の時限的な区画化は寄生体による絶滅を防ぐ

    松村 茂祥

    サイエンス誌に載った日本人研究者2016 ( American Association for the Advancement of Science )    67   2017年03月

    総説・解説(その他)   単著

  • レプリケーターRNAの時限的な区画化は寄生体RNAによる絶滅をふせぐ

    松村 茂祥

    ライフサイエンス 新着論文レビュー ( ライフサイエンス統合データベースセンター )    2017年01月

    総説・解説(その他)   単著

    DOI

  • リボザイムの研究動向と安全性評価

    松村 茂祥、井川 善也

    先端治療技術の実用化と開発戦略 ( 技術情報協会 )    61 - 65   2017年

    総説・解説(その他)   共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 液滴マイクロ流体システムを用いた膜内進化実験によるRNAの酵素能力の追求

    研究活動スタート支援

    研究期間:  2014年04月  -  2016年03月 

     

研究発表 【 表示 / 非表示

  • マイクロ流体システムによる擬細胞を用いたRNAおよびペプチドの実験進化

    第8回宇宙における生命ワークショップ  2020年02月  -  2020年02月   

  • 微小液滴ハイスループットスクリーニングによるターンオーバー型リボザイムの実験進化

    第42回日本分子生物学会年会  2019年12月  -  2019年12月   

  • 微小液滴内におけるローリングサークル型DNA増幅とRNA転写反応の共役反応系の構築

    第42回日本分子生物学会年会  2019年12月  -  2019年12月   

  • RNase Pリボザイム・ナノ集積体の構築に向けた基質認識部位の人工改変

    令和元年度 日本化学会近畿支部 北陸地区講演会と研究発表会  2019年11月  -  2019年11月   

  • 液体マイクロ流体システムを用いた蛍光RNAアプタマーの実験進化

    令和元年度 日本化学会近畿支部 北陸地区講演会と研究発表会  2019年11月  -  2019年11月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    有機化学実験  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    合成有機化学  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    ゼミナール  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    機器分析化学  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

    最先端化学特論  (2018年度)  兼担・兼任

全件表示 >>