歌 大介 (ウタ ダイスケ)

UTA Daisuke

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

神経科学,神経薬理学,疼痛学,搔痒学

ホームページ

http://www.pha.u-toyama.ac.jp/phapha2/index.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2010年09月 -  博士(医学)  九州大学

  • 2006年03月 -  修士(医科学)  九州大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   先端生命医療学域   展開ゲノム薬学系   助教  

  • 2014年04月
    -
    継続中

    富山大学   薬学部   薬学科   助教  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年07月
    -
    2016年03月

      大学共同利用機関法人自然科学研究機構生理学研究所   神経シグナル研究部門   特別訪問研究員

  • 2013年06月
    -
    2013年07月

      愛知医科大学    生理学講座   実験指導員

  • 2013年05月
    -
    2014年03月

      国立大学法人総合研究大学院大学   助教

  • 2011年04月
    -
    継続中

      国立精神・神経医療研究センター   神経研究所モデル動物開発研究部   客員研究員

  • 2010年10月
    -
    2014年03月

      大学共同利用機関法人自然科学研究機構生理学研究所   神経シグナル研究部門   特任助教

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2014年11月
    -
    継続中
     

    日本薬理学会

  • 2007年05月
    -
    継続中
     

    北米神経科学会(Society for Neuroscience)

  • 2007年03月
    -
    継続中
     

    日本疼痛学会

  • 2006年03月
    -
    継続中
     

    日本神経科学会

  • 2006年01月
    -
    継続中
     

    日本生理学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 疼痛学

  • 応用薬理学

  • 麻酔科学

  • 疼痛学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 痛みや痒みは生体防御に重要な役割を担った感覚であるが,QOLを著しく低下させる不快な感覚でもある.その為,痛みや痒みのメカニズム解明や治療法の確立は非常に重要である.しかし,これらの脊髄における情報の伝達やその調節機構は未だ不明な部分が多い.そこで,電気生理学的手法を用いてラット及びマウス脊髄後角・脳領域における痛みや痒みの情報伝達メカニズムに関する研究を行っている.現在は電気生理学的手法に加え,行動薬理学的手法・組織形態学的手法・生化学的手法も併せて行うことでより多角的な視点から痛みや痒みの情報伝達回路およびその制御機構の解明を目指し研究している.

論文 【 表示 / 非表示

  • Noradrenaline modulates mechanically evoked responses in the rat spinal dorsal horn: an in vivo patch-clamp study.

    Sonohata M, Doi A, Yasaka T, Uta D, Mawatari M, Yoshimura M.

    J Pain Res.     2019年

    共著

  • Characterization on responsiveness of excitatory synaptic transmissions to α1-adrenoceptor blockers in substantia gelatinosa neurons isolated from lumbo-sacral level in rat spinal cords.

    Uta D, Hattori T, Yoshimura M.

    Int Neurourol J.     2019年

    共著

  • Animal models of chronic pain increase spontaneous glutamatergic transmission in adult rat spinal dorsal horn in vitro and in vivo.

    Uta D, Kato G, Doi A, Andoh T, Kume T, Yoshimura M, Koga K.

    Biochem Biophys Res Commun.     2019年

    共著

  • beta2-Microglobulin, interleukin-31, and arachidonic acid metabolites (leukotriene B4 and thromboxane A2) are involved in chronic renal failure-associated itch-associated responses in mice.

    Li S, Andoh T, Zhang Q, Uta D, Kuraishi Y

    Eur J Pharmacol.     2019年

    共著

  • Physiological significances TRP-ANO1 interaction.

    Takayama Y, Shibasaki K, Furue H, Uta D, Tominaga M.

    Pain Res.   33 ( 1 ) 1 - 9   2018年

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 電気生理学的手法を用いた痛みの評価

    歌 大介 (担当: その他 )

    月刊PHARMSTAGE  2017年

  • 脊髄における侵害受容機構(Neuronal mechanisms of spinal nociception).

    古江 秀昌, 歌 大介, 秋元 望 (担当: 共著 )

    シーエムシー出版  2014年

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • PAIN RESEARCH優秀論文賞

    2018年06月   PAIN RESEARCH  

    受賞者:  Uta D

  • 第39回日本疼痛学会優秀演題

    2017年06月   日本疼痛学会  

    受賞者:  歌大介

  • 第38回日本疼痛学会優秀演題

    2016年07月   日本疼痛学会  

    受賞者:  歌大介

  • 第35回日本疼痛学会優秀演題賞

    2013年07月   日本疼痛学会  

    受賞者:  歌 大介

  • 佐川喜一賞

    2013年03月   日本生理学会  

    受賞者:  歌 大介

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • In vivoパッチクランプ法と三次元電子顕微鏡を用いた脊髄痒覚シナプス機構解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  継続中 

     

  • In vivoパッチクランプ法を用いた痒覚中枢機構の解析

    若手研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月 

     中枢における痒みの情報伝達機構の詳細は未だ不明である。そのため、in vivo記録法を用いて皮膚への痒み刺激により誘起される興奮性応答を詳細に解析した。その結果、皮膚へのセロトニン(5-HT)投与によって、末梢で発生した活動電位が脊髄の表層及び大脳皮質の細胞にシナプス入力し興奮性応答を著明に増加させることが明らかとなった。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 蚊の唾液成分の感覚神経への作用の検討 -動物の反射行動実験-

    第71回日本衛生動物学会大会  2019年04月  -  2019年04月   

  • Amitriptyline-induced suppression of spinal dorsal horn neurons in a rat model of fibromyalgia.

    The 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress (FAOPS2019).   2019年03月  -  2019年03月   

  • Contribution of GRP-GRPR system in the spinal dorsal horn to pathological itch.

    The 92th Annual Meeting of the Japan Pharmacological Society  2019年03月  -  2019年03月   

  • The inhibitory actions of methylcobalamin on mechanical allodynia in herpes murine model.

    The 92th Annual Meeting of the Japan Pharmacological Society  2019年03月  -  2019年03月   

  • Involvement of astrocyte-neuron-lactate shuttle in neuropathic pain.

    The 92th Annual Meeting of the Japan Pharmacological Society  2019年03月  -  2019年03月   

全件表示 >>