山﨑 秀憲 (ヤマザキ ヒデノリ)

YAMAZAKI Hidenori

写真a

職名

助教

生年

1976年05月

研究分野・キーワード

腎臓病学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    2001年03月

    富山医科薬科大学   医学部   医学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2010年03月

    富山医科薬科大学  医学系研究科  医科学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2010年03月 -  博士(医学)  富山医科薬科大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   医学系   助教  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   附属病院   助教  

  • 2014年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   附属病院   助教  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    米国腎臓学会

  •  
     
     
     

    日本高血圧学会

  •  
     
     
     

    日本臨床腎移植学会

  •  
     
     
     

    日本移植学会

  •  
     
     
     

    日本透析医学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 腎臓病学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Renal vascular structural properties and their alterations by removal of uraemic toxins in a rat model of chronic kidney disease.

    Yamazaki H, Tomoda F, Koike T, Kinuno H, Sugimori H, Inoue H, Bannai K, Sugano M, Nishijima F.

    Clinical and Experimental Pharmacology and Physiology     2014年

    共著

    DOI

  • トリアセテートホローファイバーダイアライザーFB-UHの蛋白結合型尿毒素の除去能 ポリスルホンダイアライザーAPS-MDとの比較.

    山崎秀憲,供田文宏,小池 勤,絹野裕之,鍵谷聡志,中川泰三,井上 博,林省一郎,林 健志,中村國雄,高林大輔,平田 仁,松本三千夫.

    日本透析医学会誌     2010年

    共著

著書 【 表示 / 非表示

  • 腎生検からここまで解る臨床病態50症例.(共著)

    重松秀一,両角國男,山中宣昭,山口裕,長田道夫,武田朝美,他編(共著) (担当: 分担執筆 )

    東京医学社  2014年07月

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Usefulness of Urinary Soluble CD163 as a Biomarker of Disease Activity in Patients with Glomerulonephritis

    ASN Kidney Week 2019 The 52nd Annual Meeting & Scientific Exposition  (Washington, DC)  2019年11月  -  2019年11月   

  • Clinicopathological implications of urinary soluble CD163 in glomerulonephritis with crescentic formation

    ASN Kidney Week 2017 50th Annual Meeting  (New Orleans)  2017年10月  -  2017年11月   

  • Plasma α-Klotho level and its clinical implications in patients with IgA nephropathy

    ASN Kidney Week 2013 46th Annual Meeting & Scientific Exposition  (Atlanta)  2013年11月  -  2013年11月   

  • Effects of Protein-leaking Dialyzer on Plasma Pentosidine Concentration, a Marker of Carbonyl Stress, in Hemodialysis Patients

    ASN Kidney Week 2012 45th Annual Meeting & Scientific Exposition  (San Diego)  2012年11月  -  2012年11月   

症例・臨床報告 【 表示 / 非表示

  • Renal cell carcinoma of on the native kidney following kidney transplantation.,Transplantation Proceeding,41巻 4号 (頁 1268 ~ 1271) ,2021年03月,Yamazaki H, Koike T, Imamura T, Kobayashi S, Fujioka H, Kakeshita K, Iida H, Minamisaka T, Kinugawa K.

    DOI:10.1016/j.transproceed.2021.02.003,研究論文(学術雑誌),共著