當銘 一文 (トウメ カズフミ)

TOUME Kazufumi

写真a

職名

准教授

研究室住所

〒930-0194 富山県富山市杉谷2630 富山大学和漢医薬学総合研究所 研究開発部門 資源開発分野 資源科学領域

研究分野・キーワード

天然物化学、生薬学、スペクトル解析、天然成分の分離精製、メタボローム解析

研究室電話

076-434-7609

ホームページ

https://www.inm.u-toyama.ac.jp/pharmacognosy/index-j.html

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    2000年03月

    千葉大学   薬学部   総合薬品科学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2005年03月

    千葉大学  医学薬学教育部  博士課程  修了

  • 2000年04月
    -
    2002年03月

    千葉大学  薬学研究科  総合薬品科学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2005年03月 -  博士(薬学)  千葉大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年09月
    -
    継続中

    富山大学   和漢医薬学総合研究所   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年06月
    -
    2014年09月

      千葉大学   大学院薬学研究院   助教

  • 2005年04月
    -
    2009年05月

      日本メナード化粧品株式会社   総合研究所   研究員

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2002年02月
    -
    継続中
     

    日本薬学会

  • 2014年10月
    -
    継続中
     

    和漢医薬学会

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    日本生薬学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 天然資源系薬学

  • 化学系薬学

  • 生物分子化学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 和漢薬化学成分の分析,プロファイリング
    和漢薬有効成分の探索,構造解析
    シグナル伝達に作用する生物活性天然物の探索研究,作用機構の解明研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Anti-malarial activity of traditional Kampo medicine Coptis rhizome extract and its major active compounds.

    Teklemichael AA, Mizukami S, Toume K, Mosaddeque F, Kamel MG, Kaneko O, Komatsu K, Karbwang J, Huy NT, Hirayama K

    Malaria journal   19 ( 1 ) 204   2020年06月

    共著

    DOI PubMed

  • Correction to: Search of anti-allodynic compounds from Plantaginis Semen, a crude drug ingredient of Kampo formula "Goshajinkigan".

    Toume K, Hou Z, Yu H, Kato M, Maesaka M, Bai Y, Hanazawa S, Ge Y, Andoh T, Komatsu K

    Journal of natural medicines   74 ( 3 ) 615   2020年06月

    共著

    DOI PubMed

  • Metabolomic profiling of Saposhnikoviae Radix from Mongolia by LC–IT–TOF–MS/MS and multivariate statistical analysis

    Zolboo Batsukh and Kazufumi Toume and Batkhuu Javzan and Kohei Kazuma and Shao-Qing Cai and Shigeki Hayashi and Nobuo Kawahara and Takuro Maruyama and Katsuko Komatsu

    Journal of Natural Medicines ( Springer Science and Business Media {LLC} )  74 ( 1 ) 170 - 188   2020年01月

    共著

    DOI PubMed

  • Search of anti-allodynic compounds from Plantaginis Semen, a crude drug ingredient of Kampo formula “Goshajinkigan”

    Kazufumi Toume and Zhiyan Hou and Huanhuan Yu and Mitsuru Kato and Miki Maesaka and Yanjing Bai and Shiho Hanazawa and Yuewei Ge and Tsugunobu Andoh and Katsuko Komatsu

    Journal of Natural Medicines ( Springer Science and Business Media {LLC} )  73 ( 4 ) 761 - 768   2019年09月

    共著

    DOI PubMed

  • Screening inducers of neuronal BDNF gene transcription using primary cortical cell cultures from BDNF-luciferase transgenic mice.

    Fukuchi M, Okuno Y, Nakayama H, Nakano A, Mori H, Mitazaki S, Nakano Y, Toume K, Jo M, Takasaki I, Watanabe K, Shibahara N, Komatsu K, Tabuchi A, Tsuda M

    Scientific reports   9 ( 1 ) 11833   2019年08月

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本生薬学会論文賞

    2019年03月01日   日本生薬学会  

    受賞者:  Kazufumi Toume, Zhiyan Hou, Huanhuan Yu, Mitsuru Kato, Miki Maesaka, Yanjing Bai, Shiho Hanazawa, Yuewei Ge, Tsugunobu Andoh, Katsuko Komatsu

  • 日本生薬学会 学術奨励賞

    2014年09月13日   日本生薬学会  

    受賞者:  當銘一文

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ケモメトリックプロファイリングに基づく和漢薬複合成分の解析

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  継続中 

     

  • 伝統薬のサステイナビリティと現地還元を指向したアジアの薬用植物の調査研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • ウィントシグナル伝達経路制御を目指した天然物ケミカルバイオロジー

    若手研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月 

    本研究では,様々な生命現象,がん等の各種疾患において重要な役割を果たすWntシグナルに着目し,当研究室保有の植物,放線菌抽出物ライブラリーを用いたスクリーニングを行った.その結果,Wntシグナルを阻害,または活性化する生物活性天然物を見出すことに成功した.さらに得られた活性天然物について分子生物学的手法を用いてその作用機構について解析を行い,多様性に富んだ興味深い作用をもつことを明らかにした.

研究発表 【 表示 / 非表示

  • モンゴル産防風のクロモン類の含量と地域的特徴

    日本薬学会第138年会   (京都)  2020年03月  -  2020年03月   

  • 土壌および気象からみたモンゴル国東部における薬用植物の栽培適性

    日本生薬学会第66回年会  (東京)  2019年09月  -  2019年09月   

  • アウクビンはアストロサイトの活性化を阻害することでオキサリプラチン誘発機械的 アロディニアを抑制する

    第36回和漢医薬学会学術大会  (富山)  2019年08月  -  2019年09月   

  • Search of anti-allodynic compounds from Plantaginis Semen and Viticis Fructus

    第36回和漢医薬学会学術大会  (富山)  2019年08月  -  2019年09月   

  • 加味温胆湯は細胞外セロトニン量増加作用と抗うつ様作用を示す

    第36回和漢医薬学会学術大会  (富山)  2019年08月  -  2019年09月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    機器分析  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年04月
    -
    2018年09月

    先端東西医薬学特論  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年04月
    -
    2018年09月

    臨床東西医薬学特論  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    先端東西医薬学特論  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    臨床東西医薬学特論  (2017年度)  兼担・兼任

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中
      国際機構運営会議留学生奨学金等専門委員会委員   ()

  • 2015年04月
    -
    継続中
      男女共同参画推進委員会委員   ()

  • 2015年04月
    -
    2017年03月
      薬学部附属薬用植物園運営委員会委員   ()

  • 2014年11月
    -
    継続中
      杉谷地区大学事業場代議員会   ()

  • 2014年10月
    -
    継続中
      環境安全衛生マネージメント委員会化学物質管理部会 杉谷キャンパス部会委員   ()

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2017年08月
    -
    継続中

    和漢医薬学会   代議員

  • 2017年04月
    -
    継続中

    和漢医薬学会   Traditional & Kampo Medicine 誌,Associate Editor

  • 2017年04月
    -
    2019年03月

    日本薬学会   ファルマシアトピックス小委員

  • 2016年01月
    -
    2016年12月

    日本生薬学会   日本生薬学会第63回年会実行委員長

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 天然物化学談話会 世話人会

    2013年04月
    -
    継続中