迫野 昌文 (サコノ マサフミ)

SAKONO Masafumi

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

生物化学工学

ホームページ

http://www3.u-toyama.ac.jp/biochem/index.html

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年03月

    九州大学   工学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2004年03月

    九州大学  工学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2004年03月 -  博士(工学)  九州大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    富山大学   工学部   工学科   准教授  

  • 2014年10月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   ナノ・新機能材料学域   機能性分子創成変換システム学系   准教授  

  • 2014年10月
    -
    2018年03月

    富山大学   工学部   環境応用化学科   准教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物機能・バイオプロセス

 

論文 【 表示 / 非表示

  • An automated microliter-scale high-throughput screening system (MSHTS) for real-time monitoring of protein aggregation using quantum-dot nanoprobes.

    Rina Sasaki, Reina Tainaka, Yuichi Ando, Yurika Hashi, Deepak Virupaksha, Yoshiko Suga, Yuta Murai, Masaki Anetai, Kenji Monde, Kiminori Ota, Ikuko Ito, Haruhisa Kikuchi, Yoshiteru Oshima, Yasuyuki Endo, Hitomi Nakao, Masafumi Sakono, Koji Uwai, Kiyotaka Tokuraku

    Scientific Reports   9   2587   2019年05月

    共著

  • Tyrosinase-mediated peptide conjugation with chitosan-coated gold nanoparticles.

    Naomi Sakono, Kosuke Nakamura, Tatsuki Ohshima, Ryoto Hayakawa, Masafumi Sakono

    Analytical Sciences   35   79 - 83   2019年01月

    共著

  • Monitoring of glycoprotein quality control system with a series of chemically synthesized homogeneous native and misfolded glycoproteins.

    Tatsuto Kiuchi, Masayuki Izumi, Yuki Mukogawa, Arisa Shimada, Ryo Okamoto, Akira Seko, Masafumi Sakono, Yoichi Takeda, Yukishige Ito, and Yasuhiro Kajihara

    Journal of the American Chemical Society   140   17499 - 17507   2018年12月

    共著

  • Enzymatic installation of functional molecules on amyloid-based polymers

    Tatsuki Ohshima, Masafumi Sakono

    Bioconjugate Chemistry   28   2687 - 2691   2017年07月

    共著

  • PDI family protein ERp29 recognizes P-domain of molecular chaperone calnexin.

    Hitomi Nakao, Akira Seko, Yukishige Ito, Masafumi Sakono

    Biochemical and Biophysical Research Communications   487   763 - 767   2017年06月

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Amyloid oligomers: Formation and toxicity of Abeta oligomers.

    Masafumi Sakono and Tamotsu Zako

    FEBS Journal   277   1348 - 1358   2010年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • アミロイド凝集体の検出試薬及び検出方法

    特願 登録番号5368284号 

    迫野昌文, 前田瑞夫, 座古保

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • FEBS Journa Top-Cited Paper Award

    2012年   Federation of European Biochemical Societies  

    受賞者:  Masafumi Sakono, Zako Tamotsu

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • レクチン様分子シャペロンの活性を可視化する新規糖鎖プローブの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  継続中 

     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    生命分子工学  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    生化学Ⅱ  (2018年度)  専任

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

    環境応用化学実験  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

    工学基礎実験  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

    工学基礎実験  (2018年度)  専任

全件表示 >>