森岡 絵里 (モリオカ エリ)

MORIOKA Eri

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

時間生物学、神経生理学、キイロショウジョウバエ、バイオイメージング

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2012年09月 -  博士(理学)  富山大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   理学系   助教  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   理学部   生物学科   助教  

  • 2015年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   大学院理工学研究部   生命・情報・システム学域   ヒューマン・生命情報システム学系   助教  

  • 2015年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   理学部   生物学科   助教  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経生理学・神経科学一般

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • キイロショウジョウバエ組織培養モデルを確立し,単一細胞レベルにおける蛍光・発光イメージング実験に取り組んでいる.末梢の時計細胞として知られており,羽化リズムを制御する内分泌組織である前胸線細胞のバイオイメージング実験において,時計遺伝子発現リズムや細胞内カルシウム濃度リズムの画像化に成功.時計遺伝子発現および細胞内カルシウムスパイク頻度リズムにおける神経調節について解析した結果,脳に存在する中枢時計と,前胸腺に存在する末梢時計が異なる調節機構を持ち,前胸腺細胞に内在する概日時計が,脳神経系を介した光情報入力の影響を受けることにより位相・振幅を調節し,時刻を測っていることを明らかにした.

論文 【 表示 / 非表示

  • 「Intracellular interplay between cholecystokinin and leptin signaling for satiety control in rats.(共著)」

    Koizumi H, Mohammad S, Ozaki T, Muto K, Matsuba N, Kim J, Pan W, Morioka E, Mochizuki T, Ikeda M.

    Scientific Reports   10   2020年07月

    共著

    DOI

  • Nighttime activities and peripheral clock oscillations depend on Wolbachia endosymbionts in flies.

    Morioka E, Oida M, Tsuchida T, Ikeda M.

    Scientific Reports   8 ( 1 ) 15432   2018年10月

    共著

    DOI

  • Histamine regulates molecular clock oscillations in human retinal pigment epithelial cells via H1 receptors

    Eri Morioka, Yuzuki Kanda, Hayato Koizumi, Tsubasa Miyamoto, Masayuki Ikeda

    Frontiers in Endocrinology     2018年03月

    共著

    DOI

  • Regulation of molecular clock oscillations and phagocytic activity via muscarinic Ca2+ signaling in human retinal pigment epithelial cells.

    Ikarashi R, Akechi H, Kanda Y, Ahmad A, Takeuchi K, Morioka E, Sugiyama T, Ebisawa T, Ikeda M and Ikeda M.

    Scientific Reports   7   44175   2017年03月

    共著

    DOI

  • Bimodal modulation of store-operated Ca2+ channels by clozapine in astrocytes.

    Kanda Y, Okada M, Ikarashi R, Morioka E, Kondo T, Ikeda M.

    Neuroscience Letters   635   56 - 60   2016年12月

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 「個人差の理解へ向かう肥満症研究~GWAS、エピゲノム、腸内細菌、栄養学的知見から多様な病態を解明しPrecision Medicineをめざす」第2章 2. 摂食抑制ペプチドとしてのコレシストキニンとレプチンの相互作用

    森岡絵里,池田真行

    実験医学増刊 ( 羊土社 )  39 ( 5 ) 66 - 71   2021年03月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • <特集:アレルギー疾患と睡眠>Ⅰ.基礎 5.抗ヒスタミン薬による睡眠・体内時計制御.

    「アハマドアルサワフ」「森岡絵里」「池田真行」

    睡眠医療   10 ( 1 ) 601 - 605   2016年03月

    総説・解説(商業誌)   共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ショウジョウバエ体内時計ニューロンの電気生理・Ca2+/H+イメージング複合解析

    若手研究

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月 

  • ミトコンドリアを介した体内時計ニューロンの制御メカニズム

    基盤研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2020年03月 

     

  • 概日ペースメーカーニューロンにおける細胞内pHリズムと活動電位リズムの相関解析

    研究活動スタート支援

    研究期間:  2015年04月  -  2017年03月 

     

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Mitochondrial LETM1 drives core ionic rhythms in circadian pacemaker neurons

    Toyama Forum for Academic Summit on “Dynamic Brain”  2019年12月  -  2019年12月   

  • Effects of mitochondrial LETM1 knockdown on cytosolic calcium dynamics

    第26回日本時間生物学会学術大会  2019年10月  -  2019年10月   

  • Mitochondrial LETM1 drives intracellular proton rhythm in Drosophila pacemaker neurons

    第26回日本時間生物学会学術大会  (金沢)  2019年10月  -  2019年10月   

  • Histamine H1 receptors regulate sleep and circadian clock oscillations: Implications from model studies using rats and human cell lines

    The 9th Congress of Asian Sleep Research Society  (札幌)  2018年07月  -  2018年07月   

  • Nighttime activities and peripheral clock oscillations depend on Wolbachia endosymbiont in Drosophila melanogaster

    Mini Symposium ‘Current Topics in Circadian Clock and Metabolisms’  (富山大学五福キャンパス)  2018年02月  -  2018年02月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    基礎細胞生物学  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    動物科学特論  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    生物学特別講義  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    生体制御学実験Ⅱ  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年04月
    -
    2019年09月

    科学英語  (2019年度)  兼担・兼任

全件表示 >>