上原 雄史 (ウエハラ ユウシ)

UEHARA Yushi

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

建築意匠、建築デザイン、地区計画

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1990年03月 -  修士  東京工業大学

  • 1987年03月 -  学士  福井大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   芸術文化学系   教授  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   芸術文化学部   芸術文化学科   教授  

  • 2015年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   芸術文化学部   芸術文化学科   教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 都市計画・建築計画

  • 建築史・意匠

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 建築は自然環境などに対処し人の自由な活動を可能にするシェルターであり,都市は集合体としてこれを組織する母体である.しかし,都市は時に人の力では対処できない大きな力(Force Majeure)を生み出し,人の活動を制限する.城中村を題材にした中国都市研究では,急成長する都市で建築が歪んだ空間の使い方を具体化した様を研究した.戦後のアメリカ都市は郊外住宅が一連の空間現象を生み出し,日本においては地方都市が東京都市圏形成の影響下にある.上原研究室では高齢化・少子化・人口減少に直面した地方都市の10年後の姿を[地方都市X]と呼び,この姿をリサーチバイデザインで研究する.10年後には建築意匠研究の総体として地方都市の姿を検証する枠組みである.

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 結露を美の源とする未来建築ヴィジョン

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月 

     

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Unknown Urbanity in China, Village within City

    近代化と地方主義 都市アイデンティティの再発明  (北京清華大学)  2006年10月  -  2006年10月   

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年12月
    -
    2021年03月

    空間デザインD(集合住宅)  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    建築設計特論演習B  (2020年度)  専任

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    空間デザインG(複合建築)  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    美術  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年10月
    -
    2020年11月

    空間デザインC(戸建住宅)  (2020年度)  兼担・兼任

全件表示 >>