中尾 裕之 (ナカオ ヒロユキ)

NAKAO Hiroyuki

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

生物物理化学、生体膜

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2012年03月

    京都大学   薬学部   薬科学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    京都大学  薬学研究科  薬科学専攻  博士課程  修了

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

    京都大学  薬学研究科  薬科学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2017年03月 -  博士(薬科学)  京都大学

  • 2014年03月 -  修士(薬科学)  京都大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   薬学・和漢系   助教  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   薬学部   薬学科   助教  

  • 2017年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   大学院医学薬学研究部   環境・生命システム学域   生命分子薬学系   助教  

  • 2017年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   薬学部   創薬科学科   助教  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物物理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of membrane-insertable lipid scrambling peptides: A time-resolved small-angle neutron scattering study.

    Nakao H, Kimura Y, Sakai A, Ikeda K, Nakano M

    Structural dynamics (Melville, N.Y.)   8 ( 2 ) 024301   2021年03月

    共著

    DOI PubMed

  • Amphipathic Peptide-Phospholipid Nanofibers: Phospholipid Specificity and Dependence on Concentration and Temperature.

    Ikeda K, Horiuchi A, Yoshino M, Shimizu C, Nakao H, Nakano M

    Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   37 ( 2 ) 713 - 721   2021年01月

    共著

    DOI PubMed

  • Temperature- and composition-dependent conformational transitions of amphipathic peptide-phospholipid nanodiscs.

    Anada C, Ikeda K, Egawa A, Fujiwara T, Nakao H, Nakano M

    Journal of colloid and interface science   588   522 - 530   2020年12月

    共著

    DOI PubMed

  • Biophysical parameters of the Sec14 phospholipid exchange cycle - Effect of lipid packing in membranes.

    Sugiura T, Nakao H, Ikeda K, Khan D, Nile AH, Bankaitis VA, Nakano M

    Biochimica et biophysica acta. Biomembranes     183450   2020年08月

    共著

    DOI PubMed

  • Structural Feature of Lipid Scrambling Model Transmembrane Peptides: Same-Side Positioning of Hydrophilic Residues and Their Deeper Position.

    Nakao H, Sugimoto Y, Ikeda K, Saito H, Nakano M

    The journal of physical chemistry letters     1662 - 1667   2020年02月

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ペプチド創薬の最前線(分担執筆:第14章 膜脂質を動かすペプチドのデザイン)

    中尾 裕之 (担当: その他 )

    シーエムシー出版  2019年05月

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 細胞膜脂質フリップフロップ促進ペプチドの開発

    若手研究

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月 

  • アミノ酸一次配列に基づいた小胞体膜スクランブラーゼの新規同定法の確立

    研究活動スタート支援

    研究期間:  2017年04月  -  2019年03月