太田 民久 (オオタ タミヒサ)

OHTA Tamihisa

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

同位体環境学,生態系生態学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2009年03月

    北海道大学   水産学部   海洋生物生産科学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2014年03月

    北海道大学  環境科学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2014年03月 -  博士(環境科学)  北海道大学

  • 2011年03月 -  修士(環境科学)  北海道大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   理学系   助教  

  • 2020年04月
    -
    継続中

    富山大学   理学部   自然環境科学科   助教  

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    富山大学   学術研究部   理学系   特命助教  

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    富山大学   理学部   生物圏環境科学科   特命助教  

  • 2017年12月
    -
    2019年09月

    富山大学   大学院理工学研究部   環境・エネルギー学域   地球環境システム学系   特命助教  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2017年11月

      総合地球環境学研究所   研究基盤国際センター   日本学術振興会特別研究員

  • 2015年07月
    -
    2017年03月

      総合地球環境学研究所   研究基盤国際センター   センター研究推進支援員

  • 2014年12月
    -
    2015年06月

      総合地球環境学研究所   研究高度化支援センター   技術補佐員

  • 2014年04月
    -
    2014年12月

      北海道大学   北方生物圏フィールド科学センター   学術研究員

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

      北海道大学   日本学術振興会特別研究員

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生態・環境

  • 河川生態学、同位体生態学、生態系生態学

  • 自然共生システム

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Late Holocene centennial to millennial-scale variability in lower trophic level productivity off southern Hokkaido, Japan and its response to dissolved iron-replete Coastal Oyashio dynamics

    Kuwae, M., Tsugeki, N., Finney, B. P., Tani, Y., Onodera, J., Kiyoto, M., Kusaka, M., Sagawa, T., Nakamura, Y., Ohnishi, H., Kuroda, H., Okuda, N., Ohta, T., Ikehara, M., Irino, T.,

    Quaternary Research   107   27 - 42   2022年05月

    共著

    DOI

  • Lead and cadmium tolerance and accumulation of proanthocyanidin-deficient mutants of the fern Athyrium yokoscense

    Kamachi, H., MOrishita, K., Hatta, M., Okamoto, A., Fujii, K., Imai, N., Sakatoku, A., Ohta., T., Aoki, M., Hiyama, S.,

    International Journal of Plant Biology   12 ( 1 ) 9330   2022年01月

    共著

    DOI

  • 脊椎骨のネオジム同位体比を用いた魚類の回遊履歴推定の可能性

    太田民久、細川真梨子、齋藤有、川上遼介、西尾正輝

    月間海洋   53 ( 12 ) 642 - 646   2021年12月

    共著

  • Water Adsorption to Leaves of Tall Cryptomeria japonica Tree Analyzed by Infrared Spectroscopy under Relative Humidity Control

    Wakana A. Azuma, Satoru Nakashima, Eri Yamakita, Tamihisa Ohta

    Plants   9 ( 1107 )   2020年08月

    共著

    DOI

  • Comparisons of calcium sources between arboreal and ground-dwelling land snails: implication from strontium isotope analyses

    Tamihisa Ohta, Ikuyo Saeki

    Journal of Zoology   311 ( 2 ) 137 - 144   2020年06月

    共著

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 河川生態系の調査・分析方法

    井上 幹生、中村 太士 他 (担当: 共著 )

    講談社  2019年10月

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本山の科学会 若手優秀発表賞

    2020年10月24日   日本山の科学会  

    受賞者:  太田民久

  • 信州フィールド科学賞

    2019年11月30日   信州山の環境研究センター  

    受賞者:  太田民久

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ウロコの同位体比を利用した、魚類の生活史推定手法の開発とその応用

    基盤研究(B)

    研究期間:  2020年04月  -  2024年03月 

  • コケ植物を介した大気-森林間の物質動態に関する研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  2019年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Linkage of calcium dynamics and forest invertebrates -application of strontium isotope analysis-

    The 69th Annual Meeting of the ESJ  2022年03月  -  2022年03月   

  • 日本の森林土壌の化学性に対する地質と大気降下物の影響―Sr同位体比による解析

    第10回同位体環境学シンポジウム  2020年12月  -  2020年12月   

  • 集水域の植生が物質動態の変化を介して、土壌・河川生物群集に与える影響

    日本山の科学会2020年秋季研究大会  2020年10月  -  2020年10月   

  • 生物群集による寄生者制御: ハリガネムシ感染経路における中間: 終宿主の種多様性効 果

    第67回 日本生態学会大会  2020年03月  -  2020年03月   

  • スギ林が森林生態系の物質動態および無脊椎動物群集に与える影響

    第67回 日本生態学会大会  2020年03月  -  2020年03月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    生物圏環境科学特別実験  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    生物圏環境科学セミナー  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年06月
    -
    2020年09月

    基礎生物圏環境科学実験  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

    野外実習Ⅲ  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

    野外実習Ⅱ  (2020年度)  兼担・兼任

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    2021年03月

    日本生態学会   日本生態学会シンポジウム部会員