岡田 卓哉 (オカダ タクヤ)

OKADA Takuya

写真a

職名

助教

研究室住所

富山県富山市五福3190

研究分野・キーワード

有機合成化学、全合成、創薬化学、医薬品化学、構造活性相関、アルカロイド

ホームページ

http://enghp.eng.u-toyama.ac.jp/labs/lb08/

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2019年03月

    富山大学  生命融合科学教育部  博士課程  修了

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

    富山大学  理工学教育部(工学)  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2019年03月 -  博士(工学)  富山大学

  • 2016年03月 -  修士(工学)  富山大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   工学系   助教  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   工学部   工学科   助教  

  • 2019年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   大学院理工学研究部   ナノ・新機能材料学域   機能性分子創成変換システム学系   助教  

  • 2019年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   工学部   工学科   助教  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    有機合成化学協会

  •  
     
     
     

    日本薬学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学

  • 薬系化学、創薬科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Inhibitory activities of anthraquinone and xanthone derivatives against transthyretin amyloidogenesis

    R. Kitakami, K. Inui, Y. Nakagawa, Y. Sawai, W. Katayama, T. Yokoyama, T. Okada, K. Kanamitsu, S. Nakagawa, N. Toyooka, M. Mizuguchi

    Bioorg. Med. Chem., 2021, 44, 116292.     2021年06月

    共著

  • Divergent Syntheses of Pumiliotoxin-Type Poison-Frog Alkaloids

    T. Okada, T. Ozaki, T. Yamamoto, H. Kasahara, M. Kawasaki, N. Toyooka

    ChemistrySelect, 2021, 6, 1939-1945.     2021年02月

    共著

  • Anti-Austerity Activity of Thai Medicinal Plants: Chemical Constituents and Anti-Pancreatic Cancer Activities of Kaempferia parviflora

    S. Sun, M. J. Kim, D. F. Dibwe, A. M. Omar, S. Athikomkulchai, A. Phrutivorapongkul, T. Okada, K. Tsuge, N. Toyooka, S. Awale

    Plants, 2021, 10, 229.     2021年01月

    共著

  • Essential role of Cav3.2 T-type calcium channels in butyrate-induced colonic pain and nociceptor hypersensitivity in mice

    M. Tsubota, K. Matsui, M. Nakano, R. Kajitani, Y. Ishii, K. Tomochika, Y. Nishikawa, S. Fukushi, A. Yamagata, F. Sekiguchi, T. Okada, N. Toyooka, A. Kawabata

    Eur. J. Pharmacol., 2020, 887, 173576.     2020年09月

    共著

  • Development of novel AKR1C3 inhibitors as new potential treatment for castration-resistant prostate cancer

    S. Endo, H. Oguri, J. Segawa, M. Kawai, D. Hu, S. Xia, T. Okada, K. Irie, S. Fujii, H. Gouda, K. Iguchi, T. Matsukawa, N. Fujimoto, T. Nakayama, N. Toyooka, T. Matsunaga, A. Ikari

    J. Med. Chem., 2020, 63, 10396-10411.     2020年08月

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 全合成により解明! xestocyclamine Aの真の構造 (Review)

    T. Okada

    Farumashia, 2021, 57, 316.     2021年04月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • Synthetic Studies on Nodulisporic Acids with Multi-substituted Indole Skeleton (Review)

    T. Okada

    J. Synth. Org. Chem. Jpn., 2019, 77, 845-848.     2019年08月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • Prenylflavanones as Novel T-Type Calcium Channel Blockers Useful for Pain Therapy (Review)

    H. D. Nguyen, T. Okada, F. Sekiguchi, M. Tsubota, H. Nishikawa, A. Kawabata, N. Toyooka

    Nat. Prod. Commun., 2019, 14, 1-11.     2019年07月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • オートファジー阻害剤

    特願 20200901  特開 20200901  特許 20200901

    遠藤 智史, 豊岡 尚樹, 五十里 彰, 岡田 卓哉

  • Nr4a1拮抗薬を用いた鎮痛薬

    特願 2020  特開 20200701  特許 2020

    髙崎 一朗, 豊岡 尚樹, 岡田 卓哉, 栗原 崇, 合田 浩明

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • Broussonetine Nの全合成研究および新規グリコシダーゼ阻害剤の創製

    研究活動スタート支援

    研究期間:  2019年08月  -  2021年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 天然物・医薬品をリード化合物とした創薬研究 ~富山発の新薬を目指して~

    令和3年度 トメックス第19回研究会  2021年08月  -  2021年08月   

  • がん微小環境に焦点を当てた新規膵がん治療薬候補化合物の創製:新規pipernonaline誘導体の合成と構造―活性相関研究

    創薬懇話会 2021 in 京都  2021年06月  -  2021年06月   

  • pimozideをリード化合物とした難治性疼痛治療薬の開発研究

    創薬懇話会 2021 in 京都  2021年06月  -  2021年06月   

  • 難病アミロイド病治療薬の探索:新規フラバノン誘導体の合成およびX線結晶構造解析を用いた構造最適化

    創薬懇話会 2021 in 京都  2021年06月  -  2021年06月   

  • Broussonetine N およびその誘導体の合成研究

    第49回 複素環化学討論会  2020年09月  -  2020年09月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    英語(e-learning)  (2019年度)  専任