岡田 卓哉 (オカダ タクヤ)

OKADA Takuya

写真a

職名

助教

研究室住所

富山県富山市五福3190

研究分野・キーワード

有機合成化学、全合成、創薬化学、医薬品化学、構造活性相関、アルカロイド

ホームページ

http://enghp.eng.u-toyama.ac.jp/labs/lb08/

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2019年03月

    富山大学  生命融合科学教育部  博士課程  修了

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

    富山大学  理工学教育部(工学)  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2019年03月 -  博士(工学)  富山大学

  • 2016年03月 -  修士(工学)  富山大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   工学系   助教  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   工学部   工学科   助教  

  • 2019年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   大学院理工学研究部   ナノ・新機能材料学域   機能性分子創成変換システム学系   助教  

  • 2019年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   工学部   工学科   助教  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    有機合成化学協会

  •  
     
     
     

    日本薬学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学

  • 薬系化学、創薬科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Design and synthesis of novel pipernonaline derivatives as anti-austerity agents against human pancreatic cancer PANC-1 cells

    T. Okada, Y. Chino, K. Yokoyama, Y. Fujihashi, N. D. Phan, J. Maneenet, L. Prudhvi, S. Awale, N. Toyooka

    Bioorg. Med. Chem., 2022, 71, 116963.     2022年08月

    共著

  • Discovery of Pimozide Derivatives as Novel T-type Calcium Channel Inhibitors with Little Binding Affinity to Dopamine D2 Receptors for Treatment of Somatic and Visceral Pain

    Y. Kasanami, C. Ishikawa, T. Kino, M. Chonan, N. Toyooka, Y. Takashima, Y. Iba, F. Sekiguchi, M. Tsubota, T. Ohkubo, S. Yoshida, A. Kawase, T. Okada, A. Kawabata

    Eur. J. Med. Chem., 2022, in press.     2022年08月

    共著

  • Structure-activity relationship study of 4'-O-methylgrynullarin derivatives for the development of novel anticancer agents based on anti-austerity strategy

    N. N. T. Luan, T. Okada, R. Arata, L. Prudhvi, M. Miyaguchi, Y. Kodama, S. Awale, N. Toyooka

    Tetrahedron, 2022, accepted.     2022年07月

    共著

  • A New Method for Albuminuria Measurement Using Specific Reaction between Albumin and the Luciferin of the Firefly Squid Watasenia scintillans

    T. Ishimoto, T. Okada, S. Fujisaka, K. Yagi, K. Tobe, N. Toyooka, H. Mori

    Int. J. Mol. Sci., 2022, 23, 8342.     2022年07月

    共著

  • Coupling of acceptor-substituted diazo compounds and tertiary thioamides: synthesis of enamino carbonyl compounds and their pharmacological evaluation

    J. Secka, A. Pal, F. A. Acquah, B. H. M. Mooers, A. B. Karki, D. Mahjoub, M. K. Fakhr, D. R. Wallace, T. Okada, N. Toyooka, A. Kuta, N. Koduri, D. Herndon, K. P. Roberts, Z. Wang, B. Hileman, N. Rajagopala, S. R. Hussaini

    RSC Adv., 2022, 12, 19431-19444.     2022年06月

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • broussonetine N の全合成研究

    池田隼人, 西田菜々子, 岡田卓哉, 豊岡尚樹

    反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集 47th 95     2021年09月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • broussonetine N の全合成研究

    岡田卓哉, 池田隼人, 西田菜々子, 豊岡尚樹

    第63回天然有機化合物討論会講演要旨集 499-504     2021年09月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • 全合成により解明! xestocyclamine Aの真の構造 (Review)

    T. Okada

    Farumashia, 2021, 57, 316.     2021年04月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • Synthetic Studies on Nodulisporic Acids with Multi-substituted Indole Skeleton (Review)

    T. Okada

    J. Synth. Org. Chem. Jpn., 2019, 77, 845-848.     2019年08月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • Prenylflavanones as Novel T-Type Calcium Channel Blockers Useful for Pain Therapy (Review)

    H. D. Nguyen, T. Okada, F. Sekiguchi, M. Tsubota, H. Nishikawa, A. Kawabata, N. Toyooka

    Nat. Prod. Commun., 2019, 14, 1-11.     2019年07月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • Broussonetine Nの全合成研究および新規グリコシダーゼ阻害剤の創製

    研究活動スタート支援

    研究期間:  2019年08月  -  2021年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 2,6-trans-ピペリジン骨格構築法の開発と天然物合成への応用

    2022年度 有機合成化学北陸セミナー  2022年10月  -  2022年10月   

  • 次世代型膵臓がん治療薬の開発研究 ―新規pipernonaline誘導体の合成および活性評価―

    2022年度 有機合成化学北陸セミナー  2022年10月  -  2022年10月   

  • 核内受容体Nr4a1を標的とした新規抗がん鎮痛薬の開発研究

    2022年度 有機合成化学北陸セミナー  2022年10月  -  2022年10月   

  • 未病に焦点を当てた創薬:GLS1阻害に基づく新規抗肥満薬の開発研究

    2022年度 有機合成化学北陸セミナー  2022年10月  -  2022年10月   

  • トリプルネガティブ乳がん治療薬の開発を目指した新規DHRS11阻害剤の合成と活性評価

    2022年度 有機合成化学北陸セミナー  2022年10月  -  2022年10月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    工業英語  (2020年度)  専任

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

    生命工学実験Ⅲ  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年04月
    -
    2020年09月

    生命有機化学特論  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年04月
    -
    2020年09月

    有機化学Ⅱ  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    英語(e-learning)  (2019年度)  専任