望月 貴年 (モチヅキ タカトシ)

MOCHIZUKI Takatoshi

写真a

職名

教授

研究室住所

富山市五福3190 理学部B223

研究分野・キーワード

神経科学、薬理学、睡眠科学

研究室電話

076-445-6635

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1984年04月
    -
    1988年03月

    大阪大学   人間科学部   人間科学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1994年03月

    大阪大学  医学系研究科  生理系薬理学  博士課程  修了

  • 1988年04月
    -
    1990年03月

    大阪大学  医学系研究科  医科学  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1994年03月 -  博士(医学)  大阪大学

  • 1990年03月 -  修士(医科学)  大阪大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年07月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   生命・情報・システム学域   ヒューマン・生命情報システム学系   教授  

  • 2019年07月
    -
    継続中

    富山大学   理学部   生物学科   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年09月
    -
    2019年06月

      九州大学   学術研究・産学官連携本部   研究推進主幹(Senior URA)

  • 2001年04月
    -
    2015年08月

      Harvard Medical School / Beth Israel Deaconess Medical Center   Neurology   助教授

  • 1998年07月
    -
    2001年03月

      大阪バイオサイエンス研究所   分子行動生物学部門   研究員

  • 1994年04月
    -
    1998年06月

      愛媛大学   医学部   助手

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2007年03月
    -
    継続中
     

    Sleep Research Society

  • 1999年01月
    -
    継続中
     

    Society for Neuroscience

  • 1999年01月
    -
    継続中
     

    日本睡眠学会

  • 1989年10月
    -
    継続中
     

    日本薬理学会

  • 1989年07月
    -
    継続中
     

    日本神経科学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経生理学・神経科学一般

  • 神経化学・神経薬理学

  • 薬理学一般

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 睡眠覚醒,体温調節など,視床下部に集中する基礎的で重要な生理機能に係わる神経回路や伝達物質について,神経生理・行動薬理学的手法により研究している.具体的には,マウス・ラットの脳波解析や自発行動量の測定などを駆使して,行動調節に重要な神経回路の同定を目指している.特に,覚醒の維持・調節に重要なヒスタミン神経,オレキシン神経に興味があり,これらの神経活動を調節する新たな薬物や機能性食品の探索,そして睡眠覚醒の改善や概日リズム位相調節へ発展させることが目標である.

論文 【 表示 / 非表示

  • Dual orexin receptor antagonists increase sleep and cataplexy in wild type mice

    Mahoney, C.E., Mochizuki, T., and Scammell, T.E.

    Sleep     zsz302   2019年12月

    共著

    DOI PubMed

  • Reassessing the role of histaminergic tuberomammillary neurons in arousal control

    Venner, A., Mochizuki, T., De Luca, R., Anaclet, C., Scammell, T.E., Saper, C.B., Arrigoni, E., and Fuller, P.M.

    The Journal of Neuroscience   39 ( 45 ) 8929 - 8939   2019年11月

    共著

    DOI PubMed

  • Histamine N-methyltransferase regulates aggression and the sleep-wake cycle.

    Naganuma, F., Nakamura, T., Yoshikawa, T., Iida, T., Miura, Y., Kárpáti, A., Matsuzawa, T., Yanai, A., Mogi, A., Mochizuki, T., Okamura, N., and Yanai, K.

    Scientific reports   7 ( 1 ) 15899   2017年11月

    共著

    DOI PubMed

  • Descending projections from the basal forebrain to the orexin neurons in mice.

    Agostinelli, L.J., Ferrari, L.L., Mahoney, C.E., Mochizuki, T., Lowell, B.B., Arrigoni, E., and Scammell, T.E.

    The Journal of Comparative Neurology   525 ( 7 ) 1668 - 1684   2017年05月

    共著

    DOI PubMed

  • Acute enhancement of non-rapid eye movement sleep in rats after drinking water contaminated with cadmium chloride.

    Unno, K., Yamoto, K., Takeuchi, K., Kataoka, A., Ozaki, T., Mochizuki, T., Honda, K., Miura, N., and Ikeda, M.

    Journal of Applied Toxicology   34 ( 2 ) 205 - 213   2014年02月

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Input and output systems of orexin neurons. In: Orexins and Sleep: molecular, functional, and clinical aspects.

    Mochizuki, T.*, and Yoshida-Court, K. (担当: 分担執筆 )

    Springer International Publishing AG  2015年

  • 睡眠と時計遺伝子. In: Annual Review 神経.

    望月貴年*, 裏出良博, (担当: 分担執筆 )

    中外医学社  1999年01月

  • Circadian rhythms and brain histamine. In: Annals of Psychiatry/Anuario Psiquiátrico Vol 3: Basic and Clinical Neurosciences.

    Yamatodani, A., Itowi, N., and Mochizuki, T. (担当: 分担執筆 )

    Prous Science Publishers  1992年

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 時計遺伝子と睡眠覚醒

    望月貴年*, 池田真行,

    睡眠医療     2020年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Activation of the basal forebrain by the orexin/hypocretin neurons.

    Arrigoni, E., Mochizuki, T., and Scammell, T.E.

    Acta Physiologica (Oxford, England)   198 ( 3 ) 223 - 235   2010年03月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI PubMed

  • Is low histamine a fundamental cause of sleepiness in narcolepsy and idiopathic hypersomnia?

    Scammell, T.E., and Mochizuki, T.

    Sleep     2009年02月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI PubMed

  • Orexin/Hypocretin: wired for wakefulness.

    Mochizuki, T., and Scammell, T.E.

    Current Biology   13 ( 14 ) R563 - R564   2003年07月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI

  • 肥満細胞性ヒスタミンのin vivoでの遊離動態 −マイクロダイアリシス法の応用−

    望月貴年*, 前山一隆

    炎症   19 ( 1 ) 33 - 37   1999年01月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Faculty Career Advancement Award

    2004年06月   American Sleep Medicine Foundation  

    受賞者:  Takatoshi Mochizuki

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Orexin receptor antagonists and behavioral changes in mice

    2019 Oriental International Sleep Medicine Summit Forum (Shanghai)  (Shanghai, China)  2019年10月  -  2019年10月   

  • Roles of histamine neurons in narcolepsy

    第19回日本ヒスタミン学会(仙台)  (Sendai (Miyagi), Japan)  2015年11月  -  2015年11月   

  • 視床下部ヒスタミンニューロンに共存するGABAの役割について

    第38回日本睡眠学会(秋田)  (秋田(秋田))  2013年06月  -  2013年06月   

  • Orexin and histamine as arousal signals in the brain

    The 8th International Symposium on Respiratory Disease & ATS (Shanghai)  (Shanghai, China)  2012年11月  -  2012年11月   

  • オレキシン神経の出力系としてのヒスタミン神経を再考する

    第37回日本睡眠学会(横浜)  (横浜(神奈川))  2012年06月  -  2012年06月   

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2010年06月
    -
    2015年08月

    Sleep Research Society   Member of Research Committee