望月 貴年 (モチヅキ タカトシ)

MOCHIZUKI Takatoshi

写真a

職名

教授

研究室住所

富山市五福3190 理学部B223

研究分野・キーワード

神経科学、薬理学、睡眠科学

研究室電話

076-445-6635

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1984年04月
    -
    1988年03月

    大阪大学   人間科学部   人間科学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1994年03月

    大阪大学  医学系研究科  生理系薬理学  博士課程  修了

  • 1988年04月
    -
    1990年03月

    大阪大学  医学系研究科  医科学  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1994年03月 -  博士(医学)  大阪大学

  • 1990年03月 -  修士(医科学)  大阪大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年07月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   生命・情報・システム学域   ヒューマン・生命情報システム学系   教授  

  • 2019年07月
    -
    継続中

    富山大学   理学部   生物学科   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年09月
    -
    2019年06月

      九州大学   学術研究・産学官連携本部   研究推進主幹(Senior URA)

  • 2001年04月
    -
    2015年08月

      Harvard Medical School / Beth Israel Deaconess Medical Center   Neurology   助教授

  • 1998年07月
    -
    2001年03月

      大阪バイオサイエンス研究所   分子行動生物学部門   研究員

  • 1994年04月
    -
    1998年06月

      愛媛大学   医学部   助手

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2007年03月
    -
    継続中
     

    Sleep Research Society

  • 1999年01月
    -
    継続中
     

    Society for Neuroscience

  • 1999年01月
    -
    継続中
     

    日本睡眠学会

  • 1989年10月
    -
    継続中
     

    日本薬理学会

  • 1989年07月
    -
    継続中
     

    日本神経科学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経生理学・神経科学一般

  • 神経化学・神経薬理学

  • 薬理学一般

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Reassessing the role of histaminergic tuberomammillary neurons in arousal control

    Venner A, Mochizuki T, De Luca R, Anaclet C, Scammell TE, Saper CB, Arrigoni E, Fuller PM

    J Neurosci   Sep 23. pii:   1032-19   2019年09月

    共著

    DOI PubMed

  • Histamine N-methyltransferase regulates aggression and the sleep-wake cycle.

    Naganuma F, Nakamura T, Yoshikawa T, Iida T, Miura Y, Kárpáti A, Matsuzawa T, Yanai A, Mogi A, Mochizuki T, Okamura N, Yanai K

    Sci Rep   7 ( 1 ) 15899   2017年11月

    共著

    DOI PubMed

  • Descending projections from the basal forebrain to the orexin neurons in mice.

    Agostinelli LJ, Ferrari LL, Mahoney CE, Mochizuki T, Lowell BB, Arrigoni E, Scammell TE

    J Comp Neurol   525 ( 7 ) 1668 - 1684   2017年05月

    共著

    DOI PubMed

  • Acute enhancement of non-rapid eye movement sleep in rats after drinking water contaminated with cadmium chloride.

    Unno K, Yamoto K, Takeuchi K, Kataoka A, Ozaki T, Mochizuki T, Honda K, Miura N, Ikeda M

    J Appl Toxicol   34 ( 2 ) 205 - 213   2014年02月

    共著

    DOI PubMed

  • Orexin gene therapy restores the timing and maintenance of wakefulness in narcoleptic mice.

    Kantor S, Mochizuki T, Lops SN, Ko B, Clain E, Clark E, Yamamoto M, Scammell TE

    Sleep   36 ( 8 ) 1129 - 1138   2013年08月

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Faculty Career Advancement Award

    2004年06月   American Sleep Medicine Foundation  

    受賞者:  Takatoshi Mochizuki

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Orexin receptor antagonists and behavioral changes in mice

    2019 Oriental International Sleep Medicine Summit Forum (Shanghai)  (Shanghai, China)  2019年10月  -  2019年10月   

  • Roles of histamine neurons in narcolepsy

    第19回日本ヒスタミン学会(仙台)  (Sendai (Miyagi), Japan)  2015年11月  -  2015年11月   

  • 視床下部ヒスタミンニューロンに共存するGABAの役割について

    第38回日本睡眠学会(秋田)  (秋田(秋田))  2013年06月  -  2013年06月   

  • Orexin and histamine as arousal signals in the brain

    The 8th International Symposium on Respiratory Disease & ATS (Shanghai)  (Shanghai, China)  2012年11月  -  2012年11月   

  • オレキシン神経の出力系としてのヒスタミン神経を再考する

    第37回日本睡眠学会(横浜)  (横浜(神奈川))  2012年06月  -  2012年06月   

全件表示 >>