泉尾 直孝 (イズオ ナオタカ)

IZUO Naotaka

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

神経薬理学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2008年

    京都大学   薬学部   総合薬学科 薬品作用解析学   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2010年
    -
    2013年

    京都大学  薬学研究科  医療薬科学専攻 薬品作用解析学  博士課程  修了

  • 2008年
    -
    2010年

    京都大学  薬学研究科  医療薬科学専攻 薬品作用解析学  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2013年03月 -  博士(薬学)  京都大学

  • 2010年03月 -  修士(薬学)  京都大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   薬学・和漢系   助教  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   薬学部   薬学科   助教  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年
    -
    2019年

      メルボルン大学   フローレイ神経精神研究所   客員研究員

  • 2016年
    -
    2019年

      千葉大学   医学部   日本学術振興会特別研究員

  • 2013年
    -
    2016年

      千葉大学   医学部   寄附講座教員

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 薬理系薬学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Schizophrenia-Like Behavioral Impairments in Mice with Suppressed Expression of Piccolo in the Medial Prefrontal Cortex

    Atsumi Nitta, Naotaka Izuo, Kohei Hamatani, Ryo Inagaki, Yuka Kusui, Kequan Fu, Takashi Asano, Youta Torii, Chikako Habuchi, Hirotaka Sekiguchi, Shuji Iritani, Shin-ichi Muramatsu, Norio Ozaki, Yoshiaki Miyamoto

    Journal of Personalized Medicine   11 ( 7 ) 607   2021年06月

    共著

  • Schizophrenia-Like Behavioral Impairments in Mice with Suppressed Expression of Piccolo in the Medial Prefrontal Cortex.

    Nitta A, Izuo N, Hamatani K, Inagaki R, Kusui Y, Fu K, Asano T, Torii Y, Habuchi C, Sekiguchi H, Iritani S, Muramatsu SI, Ozaki N, Miyamoto Y

    Journal of personalized medicine   11 ( 7 )   2021年06月

    共著

    DOI PubMed

  • Impairment of cognitive function induced by Shati/Nat8l overexpression in the prefrontal cortex of mice.

    Haddar M, Azuma K, Izuo N, Kyosuke U, Asano T, Muramatsu SI, Nitta A

    Behavioural brain research   397   112938   2021年01月

    共著

    DOI PubMed

  • Synthetic and Biophysical Studies on the Toxic Conformer in Amyloid β with the E22Δ Mutation in Alzheimer Pathology.

    Murakami K, Yamaguchi T, Izuo N, Kume T, Hara H, Irie K

    ACS chemical neuroscience   11 ( 19 ) 3017 - 3024   2020年10月

    共著

    DOI PubMed

  • Detection of Amyloid β Oligomers with RNA Aptamers in App<sup>NL-G-F/NL-G-F</sup> Mice: A Model of Arctic Alzheimer's Disease.

    Obata Y, Murakami K, Kawase T, Hirose K, Izuo N, Shimizu T, Irie K

    ACS omega   5 ( 34 ) 21531 - 21537   2020年09月

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 毒性配座アミロイドβに着目した新規アルツハイマー病モデルマウスの開発(共著)

    泉尾直孝, 清水孝彦, 村上一馬, 入江一浩

    薬学雑誌   141 ( 6 ) 843 - 849   2021年06月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI

  • New Insights Regarding Diagnosis and Medication for Schizophrenia Based on Neuronal Synapse–Microglia Interaction

    Naotaka Izuo, Atsumi Nitta

    Journal of Personalized Medicine   11 ( 5 ) 371   2021年05月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • アミロイドb「毒性コンホマー」を標的にしたアルツハイマー病の治療・診断法の開発

    泉尾直孝, 清水孝彦, 村上一馬, 入江一浩

    医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス   49   312 - 318   2018年

    総説・解説(商業誌)   共著

  • アルツハイマー病様神経毒性におけるアミロイドbコンホマーの役割

    泉尾直孝, 村上一馬, 久米利明, 前田雅弘, 入江一浩, 清水孝彦

    基礎老化研究   39   29 - 34   2015年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • アミロイドb の「毒性コンホマー」形成と Glu22 位における遺伝性変異

    村上一馬, 佐藤瑞穂, 鈴木啓之, 泉尾直孝, 久米利明, 赤池昭紀, 永田徹, 西崎知之, 富山貴美, 森啓, 入江一浩

    Dementia Japan     2012年

    総説・解説(商業誌)   共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 脳梗塞の慢性期神経脱落における自己免疫性活性化T細胞および頚部リンパ節の役割

    若手研究

    研究期間:  2020年04月  -  2023年03月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    臨床前実習Ⅱ  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    病態薬物治療学Ⅰ  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

    実務実習(病院実習)(旧カリ)  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

    病院実習  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年04月
    -
    2020年09月

    実務実習(病院実習)(科目等履修生用)  (2020年度)  兼担・兼任

全件表示 >>