谷本 裕樹 (タニモト ヒロキ)

TANIMOTO Hiroki

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

有機合成化学、複素環化学、ケミカルバイオロジー

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2009年03月

    慶應義塾大学  理工学研究科  分子化学専攻  博士課程  修了

  • 2004年04月
    -
    2006年03月

    慶應義塾大学  理工学研究科  分子化学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2009年03月 -  博士(理学)  慶應義塾大学

  • 2006年03月 -  修士(理学)  慶應義塾大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年09月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   薬学・和漢系   准教授  

  • 2020年09月
    -
    継続中

    富山大学   薬学部   薬学科   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2020年08月

      奈良先端科学技術大学院大学   物質創成科学研究科   助教

  • 2009年04月
    -
    2010年03月

      ヴァンダービルト大学   化学科   研究員

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 合成化学

  • 薬系化学、創薬科学

  • 構造有機化学、物理有機化学

  • 生物有機化学

  • 有機合成化学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • アジド,ニトロソといった高反応性窒素化学種の精密制御を鍵とした複素環合成,ならびに薬剤作用たんぱくの同定,構造決定に資する分子合成法やプローブの開発と応用を行う.また,高周期14族元素の超配位性に着目したセンシング分子の開発にも取り組む.

論文 【 表示 / 非表示

  • Taming the reactivity of alkyl azides by intramolecular hydrogen bonding: site-selective conjugation of unhindered diazides

    Koshiro Maegawa, Hiroki Tanimoto, Seiji Onishi, Takenori Tomohiro, Tsumoru Morimoto, Kiyomi Kakiuchi

    Organic Chemistry Frontiers     2021年08月

    共著

    DOI

  • Sulfonium ion-promoted traceless Schmidt reaction of alkyl azides.

    Ardiansah B, Tanimoto H, Tomohiro T, Morimoto T, Kakiuchi K

    Chemical communications (Cambridge, England) ( Royal Society of Chemistry (RSC) )    2021年08月

    共著

    DOI PubMed

  • Photodissociation of the Product from a Transition-Metal Center Allows the Catalytic Cycle to Proceed: The Rhodium(I)-Catalyzed [2+2+1] Carbonylative Cycloaddition of Diynes.

    Jia J, Morimoto T, Yamaguchi Y, Tanimoto H, Kakiuchi K

    Organic letters     2021年06月

    共著

    DOI PubMed

  • Rhodium(I)-Catalyzed CO-Gas-Free Arylative Dual-Carbonylation of Alkynes with Arylboronic Acids via the Formyl C–H Activation of Formaldehyde

    Tsumoru Morimoto, Chuang Wang, Hiroki Tanimoto, Levent Artok, Kiyomi Kakiuchi

    Synthesis ( Georg Thieme Verlag {KG} )    2021年03月

    共著

    DOI

  • Cationic Rhodium(I)-Catalyzed Carbonylative [2+2+1] Cycloaddition of Diynes

    Tsumoru Morimoto, JingWen Jia, Yoshiko Yamaguchi, Hiroki Tanimoto, Kiyomi Kakiuchi

    Asian Journal of Organic Chemistry     2020年08月

    共著

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ひかりエネルギー革命―グリーンフォトニクス―

    NAISTグリーンフォトニクス研究チーム編著 (担当: その他 , 担当範囲: 4章4節 )

    科学同人  2012年

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • あなたの作業をもっとスムーズに PCショートカットでラクラク研究生活 第1回 基本のショートカットを押さえよう<初級編>

    谷本裕樹, 光藤耕一

    化学 ( 化学同人 )  76 ( 9 ) 18 - 21   2021年09月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 塾員来往 [第162回] 谷本裕樹

    谷本裕樹

    塾員来往     2019年08月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 狙ったアジド基を選択的に官能基変換する-トリアジド分子の反応性制御による多成分連結への展開-

    谷本裕樹, 垣内喜代三

    月刊化学   74 ( 6 ) 12 - 16   2019年05月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • より早く, より赤く, より強く-赤色蛍光分子ケイ素置換フルオレセイン/ローダミン類の汎用的合成法-

    谷本裕樹

    月刊化学   73 ( 1 ) 69 - 70   2017年12月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2018(平成30)年度NAIST学術奨励賞 (物質創成科学領域)

    2019年02月23日   国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学  

    受賞者:  谷本裕樹

  • 2010年度(第23回)有機合成化学協会研究企画賞 (大塚製薬研究企画賞)

    2011年02月18日   有機合成化学協会  

    受賞者:  谷本裕樹

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 複素環の発光プローブ誘導化を指向したインドールテルペン類天然物の合成研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2022年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • スルホニウムイオンを用いたアルキルアジドのTraceless Schmidt反応

    第50回複素環化学討論会  (オンライン)  2021年10月  -  2021年10月   

  • 元素ブロックの高分子化にむけた有機アジドの自在利用法

    第70回高分子討論会  (オンライン)  2021年09月  -  2021年09月   

  • アジド導入ペプチド配位子を用いたCuAACによる光ラベルタンパク質の捕捉

    第43回日本光医学・光生物学会  2021年07月  -  2021年07月   

  • 桂皮酸骨格を有する脂肪族ジアジリン光反応基の開発

    日本ケミカルバイオロジー学会第15回年会  (オンライン(Google Meet))  2021年06月  -  2021年06月   

  • Sulfonium ion-promoted traceless Schmidt reaction of alkyl azides

    日本化学会第101春季年会  2021年03月  -  2021年03月   

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 創薬に重要な複素環合成ならびに機能集積分子合成