髙岡 裕 (タカオカ ユタカ)

TAKAOKA Yutaka

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

医学情報学・数理医学

ホームページ

http://www.hosp.u-toyama.ac.jp/guide/medical/medical-info.html

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1997年03月

    東京大学  医学系研究科  分子細胞生物学専攻  博士課程  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1999年01月 -  博士(医学)  東京大学

  • 1991年03月 -  修士(栄養学)  徳島大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年05月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   医学系   教授  

  • 2021年05月
    -
    継続中

    富山大学   附属病院   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2011年01月

      神戸大学大学院   医学研究科内科系講座小児科学分野   特命准教授

  • 2011年02月
    -
    2021年04月

      神戸大学   医学部附属病院医療情報部   准教授

  • 2021年05月
    -
    継続中

      神戸大学大学院   医学研究科医療システム学分野   客員教授

  • 2021年04月
    -
    継続中

      神戸常盤大学   ライフサイエンス研究センター   特命教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 数理医学・計算創薬

  • 内科学一般(含心身医学)

  • 生物物理学

  • リハビリテーション科学・福祉工学

  • 構造生物化学

全件表示 >>

取得資格 【 表示 / 非表示

  • パス指導者(日本クリニカルパス学会認定)

  • はり師

  • きゅう師

  • 衛生管理者(第1種)

  • バイオインフォマティクス技術者(JSBi認定)

全件表示 >>

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 2009年11月6日:Outstanding Poster Award, The 10th International Conference Bioinfo2009
    2010年3月2日:グッドデザインひょうご ユニバーサルデザイン賞(兵庫県)
    2010年11月10日:グッドデザイン賞(財団法人日本産業デザイン振興会)
    2012年6月9日:日本温泉気候物理医学会 第17回優秀論文賞((社)日本温泉気候物理医学会): 共同受賞
    2012年12月11日:2012年度ヒューマンコミュニケーション賞((社)電子情報通信学会): 共同受賞
    2013年10月30日:グッドデザイン賞(財団法人日本産業デザイン振興会)
    2013年11月1日:日本クリニカルパス学会第14回学術集会 優秀賞
    2014年11月15日:日本クリニカルパス学会第15回学術集会 優秀賞: 共同受賞
    2016年11月25日:日本クリニカルパス学会第17回学術集会 最優秀賞

論文 【 表示 / 非表示

  • Core body temperature changes in school-age children with circadian rhythm sleep-wake disorder.

    Shigemi Kimura*, Yutaka Takaoka*, Makiko Toyoura, Shinji Kohira, Mika Ohta

    Sleep Medicine ( Elsevier )    2021年08月

    共著

    DOI

  • Genotype-phenotype correlation analysis and functional analysis to determine severity in cases with missense variants in WT1 exon 8 to 9.

    China Nagano, Yutaka Takaoka, Yuya Aoto, Shinya Ishiko, Rini Rossanti, Nana Sakakibara, Eri Okada, Tomoko Horinouchi, Tomohiko Yamamura, Yurika Tsuji, Shingo Ishimori, Hiroaki Nagase, Takeshi Ninchoji, Kazumoto Iijima, Kandai Nozu

    Kidney International Reports ( Elsevier )    2021年06月

    共著

    DOI

  • In Silico Drug Repurposing by Structural Alteration after Induced Fit: Discovery of a Candidate Agent for Recovery of Nucleotide Excision Repair in Xeroderma Pigmentosum Group D Mutant (R683W)

    Takaoka Yutaka, Ohta Mika, Tateishi Satoshi, Sugano Aki, Nakano Eiji, Miura Kenji, Suzuki Takashi, Nishigori Chikako

    BIOMEDICINES   9 ( 3 )   2021年03月

    共著

    DOI PubMed

  • Serum concentrations of insulin-like growth factor-1 as a biomarker of improved circadian rhythm sleep-wake disorder in school-aged children

    Kimura Shigemi, Toyoura Makiko, Toyota Yuko, Takaoka Yutaka

    JOURNAL OF CLINICAL SLEEP MEDICINE   16 ( 12 ) 2073 - 2078   2020年12月

    共著

    DOI PubMed

  • Genetic background, recent advances in molecular biology, and development of novel therapy in Alport syndrome

    Nozu Kandai, Takaoka Yutaka, Kai Hirofumi, Takasato Minoru, Yabuuchi Kensuke, Yamamura Tomohiko, Horinouchi Tomoko, Sakakibara Nana, Ninchoji Takeshi, Nagano China, Iijima Kazumoto

    KIDNEY RESEARCH AND CLINICAL PRACTICE ( The Korean Society of Nephrology )  39 ( 4 ) 402 - 413   2020年12月

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Acupuncture in Modern Medicine / New Technology: Femtosecond laser may be used for future Acupuncture therapy

    Yutaka Takaoka, Mika Ohta, Aki Sugano, Akihiko Ito, Yoichiroh Hosokawa (担当: その他 )

    InTech Publishers  2013年03月

  • Acupuncture - Clinical Practice, Paticular Techniques and Special Issues / Molecular Evidence: EA may inhibit the Muscle Atrophy

    Yutaka Takaoka, Mika Ohta, Aki Sugano (担当: その他 )

    InTech Publishers  2011年09月

  • Pain Management: New Research / Treatment of Muscle Pain by Japanese traditional medicine (Acupuncture and Kampo)

    高岡裕 (担当: その他 )

    Nova Science Publishers  2008年11月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • COL4A5変異を病因とするアルポート症候群のin silico 病態解析

    第6回「京」を中核とするHPCIシステム利用研究課題成果報告会  2019年11月  -  2019年11月   

  • Somatic transmembrane domain mutations of a cell adhesion molecule, CADM1, cause primary aldosteronism by preventing gap junction communication between adrenocortical cells.

    PIPA6 (Progress in Primary Aldosteronism) conference  2019年10月  -  2019年10月   

  • Proteome analysis with molecular simulation can reveal the TTR amyloidogenesis

    IMSC2012 - 19th international mass spectrometry conference  (Kyoto)  2012年09月  -  2012年09月   

  • 3D-structure of acupuncture-induced 1-L (Aig1l) protein analyzed by homology modeling

    Society for Acupuncture Research 2010 International Conference  (North Carolina, USA)  2010年03月  -  2010年03月   

  • Full-length sequence of mouse acupuncture-induced 1-L (Aig1l) gene including its transcriptional start site and its expression analysis

    Society for Acupuncture Research 2010 International Conference  (North Carolina, USA)  2010年03月  -  2010年03月   

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 宮城県教育庁・高大連携講義

    2006年10月
    -
    継続中