木村 元 (キムラ ハジメ)

KIMURA Hajime

写真a

職名

講師

研究分野・キーワード

環境学、社会学、LCA

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 Climate Change Governance in Asia   2020年07月

    【論文】 Environmental Risk Assessment of MEA and its Degradation Products from Post-combustion CO2 Capture Pilot Plant: Drafting Technical Guidelines  2017年07月

    【論文】 森林と木材を対象としたウォーターフットプリント —水源と地域を考慮した特性化による水資源への影響評価—  2014年12月

    【論文】 気候変動問題に対する民間企業の自主的取組みの変遷と制度化 -国際NGOによる金融システムへの介入のエコロジー的近代化論的分析-  2022年02月

    【著書】 バイオものづくりへの挑戦 ーバイオファウンドリの成功戦略  2022年12月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2022年03月

    明治大学  文学研究科  博士課程  単位取得満期退学

  •  
    -
    2013年03月

    早稲田大学  先進理工学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2012年12月 -  博士(理学)  早稲田大学

  • 2009年03月 -  修士(理学)  早稲田大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   教養教育学系   講師  

  • 2022年04月
    -
    継続中

    富山大学   教養教育院   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    2022年03月

      みずほ情報総研(株)(※)   グローバルイノベーション&エネルギー部 グローバルイノベーションチーム   主任コンサルタント (※)2021年4月、みずほリサーチ&テクノロジーズ(株)に社名変更

  • 2018年05月
    -
    2019年03月

      みずほ情報総研(株)   コンサルティング事業推進部 事業開発チーム   コンサルタント/チーフコンサルタント

  • 2013年04月
    -
    2018年05月

      みずほ情報総研(株)   環境エネルギー第1部 環境リスクチーム   コンサルタント

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境政策・環境社会システム

  • 社会学

  • 環境リスク制御・評価

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 生命科学分野にて学位取得の後, 金融系の民間シンクタンクにて約10年間, 環境・SDGs分野の実務・研究に携わってきました.

    研究と実務において学際的な活動をしてきた経験をもとに, 自然科学から人文・社会科学まで, 文理融合型の研究に取り組んでおります.

論文 【 表示 / 非表示

  • 「生産の踏み車」論と「エコロジカル近代化」論の対立と相補性 ─ 環境・社会・ガバナンス(ESG)投資をめぐるNGOの金融システム介入を事例として

    木村 元

    環境社会学研究 ( 環境社会学会 )  ( 28 )   2022年12月

    単著

  • 科学的知見の不確実性と予防的アプローチを含む化学物質リスク管理の方向性に関する考察 —過去の公害事例を素材として—

    鈴木 規之, 大塚 直, 赤渕 芳宏, 小島 恵, 高橋 一彰, 新田 晃, 東 利博, 柳田 貴広, 井上 知也, 和田 宇生, 木村 元, 佐々木 佑真, 今泉 圭隆, 小澤 ふじ子, 大野 浩一, 小池 英子, 小山 陽介, 珠坪 一晃, 高見 昭憲, 中島 大介, 早水 輝好, 松橋 啓介, 山崎 新, 山本 裕史, 横溝 裕行, 中島 孝幸

    環境科学会誌   35 ( 5 ) 338 - 354   2022年09月

    共著

  • 気候変動問題に対する民間企業の自主的取組みの変遷と制度化 -国際NGOによる金融システムへの介入のエコロジー的近代化論的分析-

    木村 元

    文学研究論集(明治大学大学院)   ( 56 ) 129 - 143   2022年02月

    単著

  • Drafting Guidelines on Environmental Risk Assessment and Management Procedure for the CO2 Capture Process: An Easy-to-Understand and Cost-Effective Approach

    Hajime KIMURA, Yu AKIYAMA, Tatsuki AOKI, Toshiaki KUBO, Takao WADA, Hideo KITAMURA, Koshito FUJITA, Kenji YAMAMOTO, Makoto AKAI

    SSRN (Social Science Research Network)     2019年04月

    共著

  • Environmental Risk Assessment of MEA and its Degradation Products from Post-combustion CO2 Capture Pilot Plant: Drafting Technical Guidelines

    Hajime KIMURA, Toshiaki KUBO, Masatoshi SHIMADA, Hideo KITAMURA, Koshito FUJITA, Kensuke SUZUKI, Kenji YAMAMOTO, Makoto AKAI

    Energy Procedia   114   6490 - 6500   2017年07月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • バイオものづくりへの挑戦 ーバイオファウンドリの成功戦略

    山本 一彦, 岩田 清和, 齋藤 俊介, 山本 純也, 椿 雅行, 元田 大樹, 木村 元, 加藤 都, 都築 伸弥 (担当: 共著 , 担当範囲: 第2章1節『勃興するバイオエコノミー』, 第2章2節『背景にあるテクノロジーの革新 −「デジタル×バイオ」時代の到来』 1項『生物学のパラダイムシフト』,2項『デジタルプラットフォームの進化と低コスト化』 )

    中央経済社  2022年12月

  • Climate Change Governance in Asia

    Hajime KIMURA (担当: 共著 , 担当範囲: Chapter 9「Ecological modernization, new technologies and framing in the environmental movement: A climate change mitigation technology (CO2 capture and storage) and its environmental risk」 )

    Routledge (Taylor & Francis)  2020年07月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • アフリカ最大級のICTイベント「Transform Africa Summit 2019」出展報告

    木村 元

    みずほ情報総研 コラム     2019年08月

    その他記事   単著

  • “社会起業家”と第5次環境基本計画

    木村 元

    みずほ情報総研 コラム     2018年05月

    その他記事   単著

  • “社会生態学者”ドラッカーと、休眠預金活用に関する法律

    木村 元

    みずほ情報総研 コラム     2017年11月

    その他記事   単著

  • “リスク社会”と新たな産業技術 — 豊かで安全・安心な社会の実現に向けて —

    木村 元

    みずほ情報総研 コラム     2016年08月

    その他記事   単著

  • ゲノムDNAはいかにして折り畳まれるか—DNA物性とゲノム収納—

    大山 隆, 木村 元, 下岡 保俊

    実験医学増刊号「細胞核—遺伝情報制御と疾患」   27   2715 - 2722   2009年

    総説・解説(商業誌)   共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 真核生物ゲノムの機械的特性と生物学的意義

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2009年  -  2011年 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 小型農業ロボットの意義と社会実装のあり方

    第79回農業食料工学会年次大会  2021年09月  -  2021年09月   

  • Drafting Guidance on Environmental Risk Assessment and Management procedure for the CO2 capture process: An easy to understand and cost- effective approach

    IEAGHG 5th Post Combustion Capture Conference  (Kyoto, Japan)  2019年09月  -  2019年09月   

  • 新技術導入の「エコロジー的近代化論」的分析と環境運動/市民社会

    第91回 日本社会学会大会  (甲南大学岡本キャンパス)  2018年09月  -  2018年09月   

  • 新技術導入の「エコロジー的近代化論」的分析と環境運動のフレーミング — エネルギー・環境インフラ技術を事例として —

    第56回環境社会学会大会  (明治大学駿河台キャンパス)  2017年12月  -  2017年12月   

  • A Study on "Environmental Risk Concept" for General Public and the Way of Risk Management

    6th International Symposium on Environmental Sociology in East Asia (ISESEA-6)  (TAIPEI, TAIWAN)  2017年10月  -  2017年10月   

全件表示 >>