岩村 宗高 (イワムラ ムネタカ)

IWAMURA Munetaka

写真a

職名

講師

研究分野・キーワード

富山大学, 錯体化学,分子分光学,光化学  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2002年03月 -  博士(理学)  東京工業大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年07月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   ナノ・新機能材料学域   物質物性基礎科学系   講師  

  • 2008年07月
    -
    継続中

    富山大学   理学部   化学科   講師  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物理化学

  • 無機化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Enhancement of the Photofunction of Phosphorescent Pt(II) Cyclometalated Complexes Driven by Substituents: Solid-State Luminescence and Circularly Polarized Luminescence.

    Usuki T, Uchida H, Omoto K, Yamanoi Y, Yamada A, Iwamura M, Nozaki K, Nishihara H

    The Journal of organic chemistry     2019年08月

    共著

    DOI PubMed

  • CO<sub>2</sub> capture by Mn(i) and Re(i) complexes with a deprotonated triethanolamine ligand.

    Koizumi H, Chiba H, Sugihara A, Iwamura M, Nozaki K, Ishitani O

    Chemical science   10 ( 10 ) 3080 - 3088   2019年03月

    共著

    DOI PubMed

  • Chiral Sensing Using Circularly Polarized Luminescence of Bis(phenanthroline dicarboxylic acid) Eu<sup>III</sup> Complex Induced by Allosteric-type Interaction with Amino Acid Molecules.

    Iwamura M, Fujii M, Yamada A, Koike H, Nozaki K

    Chemistry, an Asian journal     2019年01月

    共著

    DOI PubMed

  • Metal-Metal Bond Formations in [Au(CN)<sub>2</sub><sup>-</sup>] <sub>n</sub> ( n = 3, 4, 5) Oligomers in Water Identified by Coherent Nuclear Wavepacket Motions.

    Iwamura M, Kimoto K, Nozaki K, Kuramochi H, Takeuchi S, Tahara T

    The journal of physical chemistry letters     2018年11月

    共著

    DOI PubMed

  • Observation of Circularly Polarized Luminescence of the Excimer from Two Perylene Cores in the Form of [4]Rotaxane.

    Hayashi K, Miyaoka Y, Ohishi Y, Uchida TA, Iwamura M, Nozaki K, Inouye M

    Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   24 ( 55 ) 14613 - 14616   2018年10月

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 誘起円偏光発光分光によるキラルセンシング

    岩村宗高・野﨑浩一

    光化学 ( 光化学協会 )  49 ( 2 ) 78 - 85   2018年08月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Ultrafast Excited-State Dynamics of Copper(I) Complexes

    Munetaka Iwamura, Satoshi Takeuchi and Tahei Tahara

    Account of Chemical Reserch ( ACS )    2015年02月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI

  • 誘起円偏光発光を用いたキラルセンサーの新展開 新しいキラルセンシングと顕微分光への展開

    岩村宗高

    化学と工業 ( 日本化学会 )    690 - 691   2012年09月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 先端的時間分解分光で観測する金属錯体会合体の構造変形ダイナミクス

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • CPL共焦点顕微鏡分光を用いたキラルセンシングシステムによる高次複雑系の研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月 

     

  • 希土類錯体の誘起円偏光発光を用いたキラルイメージングセンサーの研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月 

    生体や超分子系などの複雑系でのキラル因子の機能についての情報を得ることを目的とし、希土類金属錯体からの円偏光発光と共焦点レーザー顕微鏡を利用した新規キラルイメージングシステムの開発を目指す。すなわち、キラル環境におかれたときに強い円偏光発光を示す発光性金属錯体を発光プローブとしたイメージングである。円偏光発光を利用することで、従来のキラルイメージングシステムに比して高い空間分解能と分子認識能を有するキラルセンサーの実現が期待される。生体中でのキラル環境の分布、その動的変化を明らかにできると考えられる。システムに用いる新規の発光性金属錯体の開発を行し、円偏光発光分装置を用いて性能の評価をする。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • DPA:PtOEP 薄膜中の TTA アップコンバージョン過 程の三重項生成収率と TTA 収率の決定

    2018光化学討論会  2018年09月  -  2018年09月   

  • 超高速時間領域ラマン分光による金原子間結合生成過程の実時間追跡

    理研シンポジウム 第5回「光量子工学研究」  (仙台)  2017年11月  -  2017年11月   

  • フェムト秒時間分解インパルシブラマン分光法によるジシアノ金(I)錯体会合体における金属間結合生成ダイナミクスの実時間追跡

    第11回分子化学討論会  (仙台)  2017年09月  -  2017年09月   

  • 9,10-ビスフェニルエチニルアントラセンと γ-CD からなる 2:2 包接錯体のキロ プティカル特性

    第28回基礎有機化学討論会  (博多)  2017年09月  -  2017年09月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年11月
    -
    2018年03月

    化学実験  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    ゼミナール  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    科学英語  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    化学熱力学Ⅰ  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2017年12月

    基礎化学実験  (2017年度)  兼担・兼任

全件表示 >>