岩村 宗高 (イワムラ ムネタカ)

IWAMURA Munetaka

写真a

職名

講師

研究分野・キーワード

富山大学, 錯体化学,分子分光学,光化学  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2002年03月 -  博士(理学)  東京工業大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   理学系   講師  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   理学部   化学科   講師  

  • 2008年07月
    -
    2019年09月

    富山大学   大学院理工学研究部   ナノ・新機能材料学域   物質物性基礎科学系   講師  

  • 2008年07月
    -
    2019年09月

    富山大学   理学部   化学科   講師  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物理化学

  • 無機化学

 

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 誘起円偏光発光分光によるキラルセンシング

    岩村宗高・野﨑浩一

    光化学 ( 光化学協会 )  49 ( 2 ) 78 - 85   2018年08月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Ultrafast Excited-State Dynamics of Copper(I) Complexes

    Munetaka Iwamura, Satoshi Takeuchi and Tahei Tahara

    Account of Chemical Reserch ( ACS )    2015年02月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI

  • 誘起円偏光発光を用いたキラルセンサーの新展開 新しいキラルセンシングと顕微分光への展開

    岩村宗高

    化学と工業 ( 日本化学会 )    690 - 691   2012年09月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 時間分解円偏光分光による遷移金属錯体の励起状態キラルダイナミクスの研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2020年04月  -  2023年03月 

  • ソフトクリスタルを構成する分子集団の構造変型ダイナミクスの実時間観測

    新学術領域研究

    研究期間:  2018年04月  -  2020年03月 

  • 先端的時間分解分光で観測する金属錯体会合体の構造変形ダイナミクス

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • CPL共焦点顕微鏡分光を用いたキラルセンシングシステムによる高次複雑系の研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月 

     

  • 希土類錯体の誘起円偏光発光を用いたキラルイメージングセンサーの研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月 

    生体や超分子系などの複雑系でのキラル因子の機能についての情報を得ることを目的とし、希土類金属錯体からの円偏光発光と共焦点レーザー顕微鏡を利用した新規キラルイメージングシステムの開発を目指す。すなわち、キラル環境におかれたときに強い円偏光発光を示す発光性金属錯体を発光プローブとしたイメージングである。円偏光発光を利用することで、従来のキラルイメージングシステムに比して高い空間分解能と分子認識能を有するキラルセンサーの実現が期待される。生体中でのキラル環境の分布、その動的変化を明らかにできると考えられる。システムに用いる新規の発光性金属錯体の開発を行し、円偏光発光分装置を用いて性能の評価をする。

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 理工学研究部(理学)岩村宗高講師に対する助成

    寄附者名称:公益財団法人富山第一銀行奨学財団 2013年07月

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Observation of Excited-state Dynamics in Au Hexa-core Clusters by Femtosecond Time-resolved Absorption Spectroscopy

    理研シンポジウム:第10回「光量子工学研究」  (埼玉)  2022年12月  -  2022年12月   

  • Excited-state dynamics and ultrafast structural changes of large [Au(CN)2-] oligomers observed by time-domain Raman spectroscopy

    理研シンポジウム:第10回「光量子工学研究」  (埼玉)  2022年12月  -  2022年12月   

  • CPL and CD spectra of achiral Eu(III) complex in solution containing amino acids

    日本化学会春季年会  ((大阪)オンライン)  2022年03月  -  2022年03月   

  • カチオン性界面活性剤によるジシアノ金(I)会合体の発光増強

    日本化学会春季年会  ((大阪)オンライン)  2022年03月  -  2022年03月   

  • Chiral sensing microscopy using circularly polarized luminescence of lanthanide complexes with homo- or hetero-association of chiral amino acids

    Pacificchem2021  (Hawai (online))  2021年12月  -  2021年12月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年11月
    -
    2022年03月

    化学実験  (2021年度)  兼担・兼任

  • 2021年10月
    -
    2022年03月

    ゼミナール  (2021年度)  専任

  • 2021年10月
    -
    2022年03月

    化学物質の世界  (2021年度)  専任

  • 2021年10月
    -
    2022年03月

    機器分析化学  (2021年度)  兼担・兼任

  • 2021年10月
    -
    2022年03月

    化学熱力学Ⅰ  (2021年度)  専任

全件表示 >>