阿部 孝之 (アベ タカユキ)

ABE Takayuki

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

電気化学、材料科学、触媒化学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   理学系   教授  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   研究推進機構   水素同位体科学研究センター   教授  

  • 2005年10月
    -
    2019年09月

    富山大学   研究推進機構   水素同位体科学研究センター   教授  

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Practical application study of highly active CO2 methanation catalysts prepared by the polygonal barrel-sputtering method: Immobilization of catalyst particles

    M. Inoue, M. Sato, A. Shima, H. Nakajima, Y. Sone, T. Abe

    Catalysis Letters     2021年04月

    共著

  • Selective Conversion of CO2 into para-Xylene over a ZnCr2O4-ZSM-5 Catalyst

    W. Gao, L. Guo, Y. Cui, G. Yang, Y. He, C. Zeng, A. Taguchi, T. Abe, Q. Ma, Y. Yoneyama, N. Tsubaki

    ChemSusChem   13   1 - 6   2020年10月

    共著

  • Effects of sputtering conditions on the activities of high-performance CO2 methanation catalysts prepared by a co-sputtering technique using the polygonal barrel system

    M. Inoue, A. Shima, K. Miyazaki, B. Lu, Y. Sone, T. Abe

    Applied Catalysis A: General   597   117557   2020年04月

    共著

  • Structure-sensitivity factors based on highly active CO2 methantion catalysts prepared via the polygonal barrel-sputtering method

    M. Inoue, K. Miyazaki, B. Lu, C. Song, Y. Honda, M. Asao, T. Ohwaki, M. Matsumoto, H. Imai, A. Shima, Y. Sone, R.C. Peng, T. Shibayanagi, T. Abe

    Journal of Physical Chemistry C   124   10016 - 10025   2020年04月

    共著

  • Iron catalysts supported on nitrogen functionalized carbon for improved CO2 hydrogenation performance

    R. Kosol, L. Guo, N. Kodama, P. Zhang, P. Reubroycharoen, T. Vitidsant, A. Taguchi, T. Abe, J. Chen, G. Yang, Y. Yoneyama, N. Tsubaki

    Catalysis Communications   149   106216   2020年02月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 触媒の劣化対策、長寿命化 ~劣化の発生メカニズム/触媒のナノ微細化/貴金属の低減化、フリー化~ 第9章 第6節 ドライプロセス微粒子表面修飾・改質による触媒の高性能化の可能性

    原田亮、内田誠、里川重夫、阿部祥忠、鈴木正史、下里純也、高橋陽、松下康一、佐藤勝俊、永岡勝俊、薩摩篤、田中光太郎、梨子田敏也、利根直樹、中西寛、神田康晴、熊沢亮一、国須正洋、佐藤太久真、山田陽一、永長久博、朝倉博行、岩沢康裕、高見明秀、小澤正邦。大竹尚孝、松村大樹、森竹史、柿崎慶喜、松元雄介、水野隆喜、田中隆三、宍戸哲也、杉山茂、多湖輝興、藤墳大裕、小林広和、福岡淳、才田隆広、久貝潤一郎、程島真哉、三木英了、藤田照典、日沼洋陽、清水研一、右田啓哉、宮川雅矢、高羽洋充、小俣光司、田邊秀二、永田達己、大洞康嗣、村山徹、伊村芳郎、河合武司、増田秀樹、中根大輔、阿部孝之、加藤愼治、長谷川章、岡田治、富重圭一、小笠原正剛、齋藤寛治、加藤純雄、桂佑依、江口美佳、白石美佳、蒲生西谷美香、安藤寿浩、川脇徳久、根岸雄一、島津省吾、羽田政明、阿部英樹、今中信人、布谷直義、福永博、久保田純、武次徹也、Andrey Lyalin (担当: 共著 )

    技術情報協会  2020年11月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 多角バレルスパッタリング法を用いた新しい表面修飾技術

    阿部孝之、井上光浩

    表面技術   62   676 - 680   2014年09月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • ドライプロセスを用いた新しい微粒子表面修飾・改質法とその応用

    阿部孝之、井上光浩

    ケミカルエンジニヤリング   59   434 - 442   2014年06月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • プラズマ技術を用いた新しい微粒子表面修飾・改質法

    阿部孝之

    Electrochemistry   80 ( 12 ) 1017 - 1021   2012年12月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 機能性材料成形体の製造方法、機能性材料の成形体及び反応器

    特願 特願2021-014563 

    島明日香, 曽根理嗣, 佐藤元彦, 阿部孝之, 井上光浩

  • 二酸化炭素の水素還元触媒とその製造方法、二酸化炭素の水素還元方法および二酸化炭素の水素還元装置

    特願 特願2017-172437 

    島明日香, 曽根理嗣, オマールメンドーサ, 阿部孝之, 井上光浩

  • メタン生成システム

    特願 特願2019-1111 

    谷口貞夫, 阿部孝之, 井上光浩

  • 硫黄酸化物を含む二酸化炭素からメタンを生成する方法

    特願 特願2018-147043 

    阿部孝之, 田附匡、新藤学

  • 水素の製造方法、触媒及び燃料の製造方法

    特願 特願2017-093903 

    阿部孝之, 魯保旺、鈴木基史

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 高活性二酸化炭素水素化触媒の創製とその実用化に向けた検討

    基盤研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

    地球温暖化の主因とされる二酸化炭素(CO2)の排出量削減と新たなエネルギー源の創成を両立するCO2水素化反応(CO2 + 4H2 → CH4 + 2H2O)は多角バレルスパッタリング法で調製したRu担持TiO2触媒を用いることで低温化する。本研究では、CO2水素化反応を最も低温化する担持金属種と担体の組合せを検討した。また、第一原理計算から、反応の低温化はRuのナノ粒子化による2つの素反応(CO + H → CHO、CH3 + H → CH4)のエネルギー障壁の低下に起因すると推測された。さらに、本反応の実用化に向けて、装置の改良による触媒収率の向上や大型装置による触媒の大量調製も検討した。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    水素エネルギー材料学特論  (2020年度)  専任

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    化学特別研究  (2020年度)  専任

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    ゼミナール  (2020年度)  専任

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    エネルギー変換特論  (2020年度)  専任

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

    新エネルギー科学特別研究  (2020年度)  専任

全件表示 >>