阿部 孝之 (アベ タカユキ)

ABE Takayuki

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

富山大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年10月
    -
    継続中

    富山大学   研究推進機構   水素同位体科学研究センター   教授  

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Energy Conversion into Hydrogen Gas Using Series Circuit of Organic Thin-film Solar Cells

    A. Aoki, M. Naruse, T. Abe

    Mol. Cryst. Liq. Cryst.   538   182 - 187   2011年03月

    共著

  • Suppression of Potential Oscillations in PEFCs by Using Anode Catalyst Prepared by Polygonal Barrel-Sputtering Method

    M. Inoue, K. Hirakawa, M. Umeda, T. Abe

    Fuel Cells   10   556 - 562   2010年06月

    共著

  • Methanol oxidation on carbon-supported Pt-Ru and TiO2 (Pt-Ru/TiO2/C) electrocatalyst prepared using polygonal barrel-sputtering method

    K. Hirakawa, M. Inoue, T. Abe

    Electrochimica Acta   55   5874 - 5879   2010年01月

    共著

  • CO oxidation on non-alloyed Pt and Ru electrocatalysts prepared by the polygonal barrel-sputtering method

    M. Inoue, T. Nishimura, S. Akamaru, A. Taguchi, M. Umeda, T. Abe

    Electrochimica Acta   54   4764 - 4770   2009年08月

    共著

  • CO2 methanation property of Ru nanoparticle-loaded TiO2 prepared by a polygonal barrel-sputtering method

    T. Abe, M. Tanizawa, K. Watanabe, A. Taguchi

    Energy&Environmental Science   2   315 - 321   2009年02月

    共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 高活性二酸化炭素水素化触媒の創製とその実用化に向けた検討

    基盤研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

    地球温暖化の主因とされる二酸化炭素(CO2)の排出量削減と新たなエネルギー源の創成を両立するCO2水素化反応(CO2 + 4H2 → CH4 + 2H2O)は多角バレルスパッタリング法で調製したRu担持TiO2触媒を用いることで低温化する。本研究では、CO2水素化反応を最も低温化する担持金属種と担体の組合せを検討した。また、第一原理計算から、反応の低温化はRuのナノ粒子化による2つの素反応(CO + H → CHO、CH3 + H → CH4)のエネルギー障壁の低下に起因すると推測された。さらに、本反応の実用化に向けて、装置の改良による触媒収率の向上や大型装置による触媒の大量調製も検討した。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    水素エネルギー材料学特論  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    化学特別研究  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    ゼミナール  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    エネルギー変換特論  (2018年度)  専任

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

    新エネルギー科学特別研究  (2018年度)  専任

全件表示 >>