香川 崇 (カガワ タカシ)

KAGAWA Takashi

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

民法

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1997年03月 -  修士(法学)  九州大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中

    富山大学   経済学部   経営法学科   教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 民事法学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 新法解説「原子力損害賠償紛争審査会による和解仲介手続の利用に係る時効の中断の特例に関する法律」

    香川 崇

    法学教室   ( 401 ) 56 - 61   2014年02月

    単著

  • フランスにおける消滅時効の中断(一)

    香川 崇

    富大経済論集   59 ( 2 ) 89 - 134   2013年11月

    単著

  • 鼎談 時効法の改正に向けてー中間試案をめぐって

    松久 三四彦、香川 崇、金山 直樹

    法律時報   85 ( 12 ) 70 - 83   2013年11月

    共著

  • わが国裁判例にみる消滅時効の援用と信義則

    香川 崇

    富大経済論集   58 ( 2・3 ) 35 - 78   2013年03月

    単著

  • 民事判例研究「抵当権設定登記後に不動産を賃借権の時効取得期間占有した者が取得時効を買受人に対抗することの可否」

    香川 崇

    法律時報   84 ( 12 ) 107 - 110   2012年11月

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 判例にみるフランス民法の軌跡

    松川正毅・ 金山直樹・ 横山美夏・ 森山浩江・ 香川崇 (担当: 共著 , 担当範囲: 時効完成後の弁済、時効中断事由の合意による創設 )

    法律文化社  2012年05月

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 抵当権に関する時効制度の研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • 基本権保護と時効制度の関係

    萌芽研究

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    入門ゼミナール  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    卒業論文  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    基礎ゼミナール  (2018年度)  専任

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

    民法Ⅰ演習  (2018年度)  専任

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

    専門ゼミナール  (2018年度)  専任

全件表示 >>