髙﨑 一朗 (タカサキ イチロウ)

TAKASAKI Ichiro

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

神経薬理学,疼痛学

ホームページ

http://www3.u-toyama.ac.jp/yakuri/index.html

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1998年03月

    富山医科薬科大学   薬学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2003年03月

    富山医科薬科大学  薬学研究科  博士課程  修了

  •  
    -
    2000年03月

    富山医科薬科大学  薬学研究科  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2003年03月 -  博士(薬学)  富山医科薬科大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   工学系   准教授  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   工学部   工学科   准教授  

  • 2018年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   工学部   工学科   准教授  

  • 2013年08月
    -
    2019年09月

    富山大学   大学院理工学研究部   生命・情報・システム学域   ヒューマン・生命情報システム学系   准教授  

  • 2013年08月
    -
    2018年03月

    富山大学   工学部   生命工学科   准教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経化学・神経薬理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Attenuation of Relaxing Response Induced by Pituitary Adenylate Cyclase-Activating Polypeptide in Bronchial Smooth Muscle of Experimental Asthma.

    Chiba Y, Ueda C, Kohno N, Yamashita M, Miyakawa Y, Ando Y, Suto W, Hirabayashi T, Takenoya F, Takasaki I, Kamei J, Sakai H, Shioda S

    American journal of physiology. Lung cellular and molecular physiology     2020年09月

    共著

    DOI PubMed

  • TBX5 R264K acts as a modifier to develop dilated cardiomyopathy in mice independently of T-box pathway.

    Miyao N, Hata Y, Izumi H, Nagaoka R, Oku Y, Takasaki I, Ishikawa T, Takarada S, Okabe M, Nakaoka H, Ibuki K, Ozawa S, Yoshida T, Hasegawa H, Makita N, Nishida N, Mori H, Ichida F, Hirono K

    PloS one   15 ( 4 ) e0227393   2020年

    共著

    DOI PubMed

  • Synthesis of a novel and potent small-molecule antagonist of PAC1 receptor for the treatment of neuropathic pain

    Ichiro Takasaki, Haruna Ogashi, Takuya Okada, Ayaka Shimodaira, Daichi Hayakawa, Ai Watanabe, Atsuro Miyata, Takashi Kurihara, Hiroaki Gouda, Naoki Toyooka

    European Journal of Medicinal Chemistry ( Elsevier {BV} )    111902   2019年11月

    共著

    DOI

  • Screening inducers of neuronal BDNF gene transcription using primary cortical cell cultures from BDNF-luciferase transgenic mice.

    Fukuchi M, Okuno Y, Nakayama H, Nakano A, Mori H, Mitazaki S, Nakano Y, Toume K, Jo M, Takasaki I, Watanabe K, Shibahara N, Komatsu K, Tabuchi A, Tsuda M

    Scientific reports   9 ( 1 ) 11833   2019年08月

    共著

    DOI PubMed

  • Bidirectional crosstalk between neutrophils and adipocytes promotes adipose tissue inflammation.

    Watanabe Y, Nagai Y, Honda H, Okamoto N, Yanagibashi T, Ogasawara M, Yamamoto S, Imamura R, Takasaki I, Hara H, Sasahara M, Arita M, Hida S, Taniguchi S, Suda T, Takatsu K

    FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology     fj201900477RR   2019年07月

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 脊髄Cyr61-インテグリン結合阻害に基づく新規慢性疼痛治療薬の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月 

  • 川崎病血管炎の解明-血管微小粒子(EMPs)に焦点を当てて-

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • 川崎病血管炎の解明-血管微小粒子(EMPs)に焦点を当てて-

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

  • PAC1受容体シグナリングによる疼痛慢性化機構の解明と創薬

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

     

  • PAC1受容体シグナリングによる疼痛慢性化機構の解明と創薬

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

    脊髄PAC1受容体の活性化により疼痛が慢性化する。本研究ではその下流で発現が上昇するCyr61と疼痛の関連性を検討した。Cyr61タンパクをマウスの脊髄に投与すると疼痛を惹起し,アストロサイト(グリア細胞の一つ)細胞株においてインテグリンを介してケモカインの発現を誘導することを見出した。本研究の成果は,脊髄PAC1受容体-Cyr61-ケモカインシグナリングが疼痛の慢性化に寄与し,インテグリンやケモカイン受容体が新規鎮痛薬創薬のターゲットとなることを見出した。

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    薬理学Ⅰ  (2018年度)  専任

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

    生命工学実験Ⅲ  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

    生命工学特別研究  (2018年度)  専任

  • 2018年04月
    -
    2018年09月

    生命の世界  (2018年度)  専任

  • 2018年04月
    -
    2018年09月

    遺伝子工学  (2018年度)  専任

全件表示 >>