高山 龍太郎 (タカヤマ リユウタロウ)

TAKAYAMA Ryutaro

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

富山大学

ホームページ

http://r-takayama.at.webry.info/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1997年03月 -  修士(文学)  京都大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   社会科学系   教授  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   経済学部   経済学科   教授  

  • 2017年11月
    -
    2019年09月

    富山大学   経済学部   経済学科   教授  

  • 2005年10月
    -
    2017年10月

    富山大学   経済学部   経済学科   准教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 社会学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • アメリカ社会学の源流であるシカゴ学派社会学について学説史的な検討をおこなうとともに,現代的な社会的課題の研究として不登校の子どものたちの学校外での活動や学びについて調査研究をおこなっている.

論文 【 表示 / 非表示

  • 子どもの多様な学びの機会を保障する法律づくり

    高山龍太郎

    生活協同組合研究     2013年06月

    単著

著書 【 表示 / 非表示

  • 『〈オトコの育児〉の社会学──家族をめぐる喜びととまどい』

    15名による共同執筆 (担当: 分担執筆 )

    ミネルヴァ書房  2016年05月

  • 語りが拓く地平──ライフストーリーの新展開

    11名による共同執筆 (担当: 分担執筆 )

    せりか書房  2013年10月

  • 『都市的世界-社会学ベーシックス第4巻』

    24名による執筆 (担当: 共編者 )

    富山大学  2008年04月

  • 『「ひきこもり」への社会学的アプローチ-メディア・当事者・支援活動』

    8名による執筆 (担当: 共編者 )

    富山大学  2008年04月

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 義務教育の個別化と社会統合の両立──教育機会確保法の不登校施策と学校外教育を問う

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2024年04月 

  • 日本のフリースクール運動における社会的公正と自由な学び:新自由主義的政策との合流

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月 

     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    卒業論文  (2019年度)  専任

  • 2019年04月
    -
    2019年09月

    地域社会学特論  (2019年度)  専任

  • 2019年04月
    -
    2019年09月

    地域社会学特殊研究  (2019年度)  専任

  • 2019年04月
    -
    2019年09月

    時事的問題  (2019年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    地域社会学特論  (2018年度)  専任

全件表示 >>