細谷 健一 (ホソヤ ケンイチ)

HOSOYA Ken-ichi

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

血液網膜関門輸送

ホームページ

http://www.pha.u-toyama.ac.jp/phaphzai/index-j.html

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1983年03月

    城西大学   薬学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1985年03月

    城西大学  薬学研究科  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1992年09月 -  博士(薬学)  城西大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   先端生命医療学域   展開ゲノム薬学系   教授  

  • 2006年04月
    -
    継続中

    富山大学   薬学部   薬学科   教授  

  • 2005年10月
    -
    2006年03月

    富山大学   薬学部   教授  

  • 2013年10月
    -
    2018年03月

    富山大学   薬学部   部長(学部長含む)  

  • 2019年04月
    -
    継続中

    富山大学   附属図書館   館長  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2007年01月
    -
    継続中
     

    米国薬物動態学会

  • 1999年01月
    -
    継続中
     

    日本薬剤学会

  • 1998年05月
    -
    継続中
     

    薬物動態学会

  • 1995年01月
    -
    継続中
     

    米国眼科学会

  • 1994年01月
    -
    継続中
     

    米国薬学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 医療系薬学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Gene expression of A6-like subgroup of ATP-binding cassette transporters in mouse brain parenchyma and microvessels.

    Tachikawa M, Toki H, Watanabe M, Tomi M, Hosoya KI, Terasaki T

    Anatomical science international   93 ( 4 ) 456 - 463   2018年09月

    共著

    DOI PubMed

  • Investigation of Receptor-Mediated Cyanocobalamin (Vitamin B<sub>12</sub>) Transport across the Inner Blood-Retinal Barrier Using Fluorescence-Labeled Cyanocobalamin.

    Kinoshita Y, Nogami K, Jomura R, Akanuma SI, Abe H, Inouye M, Kubo Y, Hosoya KI

    Molecular pharmaceutics   15 ( 8 ) 3583 - 3594   2018年08月

    共著

    DOI PubMed

  • Role of l-Type Amino Acid Transporter 1 at the Inner Blood-Retinal Barrier in the Blood-to-Retina Transport of Gabapentin.

    Akanuma SI, Yamakoshi A, Sugouchi T, Kubo Y, Hartz AMS, Bauer B, Hosoya KI

    Molecular pharmaceutics   15 ( 6 ) 2327 - 2337   2018年06月

    共著

    DOI PubMed

  • Developmental changes of l-arginine transport at the blood-brain barrier in rats.

    Tachikawa M, Hirose S, Akanuma SI, Matsuyama R, Hosoya KI

    Microvascular research   117   16 - 21   2018年05月

    共著

    DOI PubMed

  • Recent advances in drug and nutrient transport across the blood-retinal barrier.

    Kubo Y, Akanuma SI, Hosoya KI

    Expert opinion on drug metabolism & toxicology   14 ( 5 ) 513 - 531   2018年05月

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Molecular mechanisms of the inner blood-retinal barrier transporters

    Tomi M., and Hosoya K (担当: 共著 )

    In Ocular Transporters in Ophthalmic Diseases and Drug Delivery, by Tombran-Tink J., and Barnstable C.J., (Ed.), Springer, New York  2008年07月

  • Inner blood-retinal barrier: transport biology and methodology

    Hosoya K., and Tomi M (担当: 単著 )

    In Drug Absorption Studies-In Situ, In Vitro and In Silico Models, by Ehrhardt C., and Kim K.J., (Ed.) , Springer, New York,  2008年06月

  • 吸収

    細谷健一 (担当: 単著 )

    「わかりやすい生物薬剤学」第4版, 辻彰編, 廣川書店, 東京  2008年04月

  • 製剤の種類

    大塚誠,細谷健一 (担当: 共著 )

    「わかりやすい物理薬剤学」第4版,辻彰,河島進編、廣川書店  2007年09月

  • 固形製剤

    細谷健一,大塚誠 (担当: 単著 )

    「わかりやすい物理薬剤学」第4版,辻彰,河島進編、廣川書店  2007年09月

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • American Association of Pharmaceutical Scientists Fellow

    2009年11月01日   American Association of Pharmaceutical Scientists  

    受賞者:  Ken-ichi Hosoya

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • てんかん時脳内PGE2濃度正常化に向けた血液脳関門排出機能減弱分子機構解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  継続中 

     

  • ドラッグリポジショニングによる網膜関門輸送を利用した網膜疾患治療薬開発の基盤構築

    基盤研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月 

     

  • 加齢黄斑変性症病態理解に向けた網膜色素上皮細胞Cx43のPGE2放出への役割解明

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月 

     

  • 網膜疾患治療薬送達に向けた血液網膜関門カチオン性薬物輸送機構の解明とその実証

    基盤研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月 

     

  • 脳関門プロスタグランジン排出制御機構解明と創薬への応用

    萌芽研究

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月 

    病態時におけるプロスタグランジンの産生に関与する酵素 (mPGES-1及びL-PGDS) の脳における発現局在を免疫組織化学的に解析した結果、mPGES-1及びL-PGDSは軟膜に発現し、mPGES-1についてはアストロサイトに発現していた。さらに、炎症モデルにおいて、mPGES-1はこれら細胞に加え、脳毛細血管内皮細胞に強く発現することが示された。脳毛細血管内皮細胞は血液脳関門の実体細胞であり、本関門を介した炎症関連物質PGD2は、PGE2と同様に排出輸送が低下していた。以上の結果から、脳内プロスタグランジンの生理活性について、血液脳関門が重要な役割を果たすと考えられた。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    薬科学特別研究  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    薬科学演習  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    国際医薬学特論  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    医薬品薬効動態学実習  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    国際医薬学特論  (2017年度)  兼担・兼任

全件表示 >>