笹原 正清 (ササハラ マサキヨ)

SASAHARA Masakiyo

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

富山大学、神経、血管、創傷治癒、再生、幹細胞、増殖因子、血小板由来増殖因子、受容体、分化、遊走、増殖、遺伝子改変、モデル動物

ホームページ

http://www.med.u-toyama.ac.jp/pathol2/index.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1987年03月 -  医学博士号  滋賀医科大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中

    富山大学   研究推進機構   研究推進総合支援センター   生命科学先端研究支援ユニット   生命科学先端研究センター長  

  • 2006年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   先端生命医療学域   認知・情動脳科学系   教授  

  • 2005年10月
    -
    継続中

    富山大学   医学部   医学科   教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 実験病理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Cancer stem cells: the 'heartbeat' of gastric cancer.

    Xu G, Shen J, Ou Yang X, Sasahara M, Su X.

    J Gastroenterol     2012年11月

    共著

    DOI

  • The Sirt1 Activator SRT1720 Suppresses Inflammation in an OVA-induced Mouse Model of Asthma.

    Ichikawa T, Hayashi R, Suzuki K, Imanishi S, Kambara K, Okazawa S, Inomata M, Yamada T, Yamazaki Y, Koshimizu Y, Miwa T, Matsui S, Usui I, Urakaze M, Matsuya Y, Sasahara M, Tobe K.

    Respirology     2012年10月

    共著

    DOI

  • Central versus peripheral impact of estradiol on the impaired glucose metabolism in ovariectomized mice on a high-fat diet.

    Yonezawa R, Wada T, Matsumoto N, Morita M, Sawakawa K, Ishii Y, Sasahara M, Tsuneki H, Saito S, Sasaoka T.

    Am J Physiol Endocrinol Metab   303 ( 4 ) E445 - E456   2012年08月

    共著

    DOI

  • Aberrant hippocampal spine morphology and impaired memory formation in neuronal platelet-derived growth factor beta-receptor lacking mice.

    Shioda N, Moriguchi S, Oya T, Ishii Y, Shen J, Matsushima T, Nishijo H, Sasahara M, Fukunaga K.

    Hippocampus   22 ( 6 ) 1371 - 1378   2012年06月

    共著

    DOI

  • PDGFR-beta as a positive regulator of tissue repair in a mouse model of focal cerebral ischemia.

    Shen J, Ishii Y, Xu G, Dang TC, Hamashima T, Matsushima T, Yamamoto S, Hattori Y, Takatsuru Y, Nabekura J, Sasahara M.

    J Cereb Blood Flow Metab   32 ( 2 ) 353 - 367   2012年02月

    共著

    DOI

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 稀突起膠細胞の病理から神経疾患を解明する

    基盤研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  2021年03月 

  • 一次繊毛に発現するPDGF受容体の神経幹細胞と神経細胞新生における役割の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • 神経幹細胞の血管性nicheの解明および血管-神経相互作用物質の研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

     

  • PDGFが誘導する幹細胞を標的とした神経組織の再生と修復

    基盤研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2017年03月 

     

  • 血小板由来増殖因子の神経細胞死抑制およびシナプス形成促進作用に対する役割の検討

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

    血小板由来増殖因子受容体(PDGFR)-beta conditional knockout 海馬神経細胞は、dendritic filopodiaの運動性とspineの数が有意に低下した。細胞骨格関連因子群のうち、RhoA, VASP, PAL1, ARPC3が有意に低下し、これらの因子を介してPDGFR-betaはdendritic filopodiaの運動性を保ち、synaptogenesisに作用することが示唆された。本受容体のligandであるPDGF-Bの神経細胞保護機序として、酸化ストレス下の細胞内カルシウムイオン濃度上昇の抑制とcalpain活性化の抑制作用を明らかとした。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Chromophobe renal cell carcinoma, oncocytic variant の一例.

    第70回日本病理学会中部支部交見会  2012年12月  -  2012年12月   

  • 腸管出血性大腸菌感染後に急性壊死性脳症を来たした1剖検例.

    第53回日本神経病理学会総会  (新潟)  2012年06月  -  2012年06月   

  • Platelet-derived growth factor receptor beta signal could contribute to vulnerability and repairability of glomerular capillary structure.

    EUROPEAN RENAL ASSOCIATION - EUROPEAN DIALYSIS AND TRANSPLANT ASSOCIATION 49th ERA-EDTA Congress.   (Paris, FRANCE)  2012年05月  -  2012年05月   

  • Neuroprotective Effects of PDGF Against Oxidative Stress and the Signaling Pathway Involved.

    The 6th International conference of Neurons and Brain Diseases in Toyama  (Toyama)  2011年08月  -  2011年08月   

  • PDGFR-β is essential recruitment but not for survival of pericyte in adult mouse brain.

    The 6th International conference of Neurons and Brain Diseases in Toyama  (Toyama)  2011年08月  -  2011年08月   

全件表示 >>

症例・臨床報告 【 表示 / 非表示

  • Ventilatory Response in Platelet-Derived Growth Factor Receptor- ß -Knockout Mice.,J. Pharmacol. Sci,110巻 (頁 270 ~ 275) ,2009年,Tsunekawa S., Ohi Y., Ishii Y., Sasahara M. and Haji A.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 皮下嚢胞として発症した類血管腫型線維性組織球腫の1例.,診断病理,26巻 (頁 62 ~ 67) ,2009年,濱島 丈,尾矢剛志,石井陽子,申 杰,石澤 伸,笹原正清

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Platelet-derived growth factor may be associated with fibrosis in a Down syndrome patient with transient myeloproliferative disorder.,Eur. J. Haematol.,81巻 (頁 58 ~ 64) ,2008年,Ogawa J., Kanegane H., Tsuneyama K., Kanezaki R., Futatani T., Nomura K., Ishizawa S., Sasahara M., Ito E., and Miyawaki T.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Malignant transformation of clival chordoma after gamma knife surgery - case report - .,Neurol Med Chir (Tokyo),47巻 10号 (頁 479 ~ 482) ,2007年10月,Tsuboi Y, Hayashi N, Kurimoto M, Nagai S, Sasahara M, Endo S.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 類骨形成を認めた腹腔内内部肉腫の一例.,東海骨軟部腫瘍,14巻 (頁 37 ~ 38) ,2002年,野上重治,笹原正清,尾矢剛志,山岸文範,金森昌彦

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    認知・情動脳科学特別研究  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    認知・情動脳科学特別演習  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    神経病理学実習  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    解剖生理病態学  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    病理学  (2018年度)  兼担・兼任

全件表示 >>