山本 武 (ヤマモト タケシ)

YAMAMOTO Takeshi

写真a

職名

助教

研究室住所

〒930-0194 富山県富山市杉谷2630 富山大学和漢医薬学総合研究所 研究開発部門 病態制御分野 生体防御学領域

研究分野・キーワード

食物アレルギー、経口免疫療法、葛根湯、腸管粘膜免疫、制御性T細胞、樹状細胞

研究室電話

076-434-7643

ホームページ

https://www.inm.u-toyama.ac.jp/research/host-defences/

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   薬学・和漢系   助教  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   和漢医薬学総合研究所   助教  

  • 2005年10月
    -
    2019年09月

    富山大学   和漢医薬学総合研究所   助教  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 内科学一般(含心身医学)

  • 応用薬理学

  • 環境生理学(含体力医学・栄養生理学)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Rab5a regulates surface expression of FcεRI and functional activation in mast cells.

    Kageyama-Yahara N, Suehiro Y, Yamamoto T, Kadowaki M.

    Biol Pharm Bull.   34   760 - 763   2011年02月

    共著

  • Rab5a regulates surface expression of FcεRI and functional activation in mast cells.

    Kageyama-Yahara N, Suehiro Y, Yamamoto T, Kadowaki M.

    Biol Pharm Bull.   34   760 - 763   2011年02月

    共著

  • The inhibitory effect of ergosterol, a bioactive constituent of a traditional Japanese herbal medicine saireito on the activity of mucosal-type mast cells.

    Kageyama-Yahara N, Wang P, Wang X, Yamamoto T, Kadowaki M.

    Biological & Pharmaceutical Bulletin   33   142 - 145   2010年04月

    共著

  • Pentagalloylglucose down-regulates mast cell surface FcepsilonRI expression in vitro and in vivo.

    Kageyama-Yahara N, Suehiro Y, Maeda F, Kageyama S, Fukuoka J, Katagiri T, Yamamoto T, Kadowaki M.

    FEBS letters   584   111 - 118   2010年04月

    共著

  • The Traditional Herbal Medicine Saireito Exerts Its Inhibitory Effect on Murine Oxazolone-Induced Colitis via the Induction of Th1-Polarized Immune Responses in the Mucosal Immune System of the Colon.

    Watanabe T., Yamamoto T., Yoshida M., Fujiwara K., Kageyama-Yahara N., Kuramoto H., Shimada Y., Kadowaki M

    International Archives of Allergy and Immunology   151   98 - 106   2009年04月

    共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 漢方薬併用経口免疫療法による食物抗原耐性獲得の検討と治療評価血液マーカーの探索

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月 

  • 葛根湯併用による安全かつ効率的な経口免疫療法による食物アレルギーの治療方法の確立

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月 

     

  • 漢方薬成分のインシリコ標的タンパク質探索による漢方薬リポジショニング

    基盤研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月 

  • 葛根湯の粘膜免疫系での制御性T細胞誘導による抗アレルギー効果

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月