伊藤 智樹 (イトウ トモキ)

ITO Tomoki

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

富山大学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2006年12月 -  博士(社会学)  東京大学大学院人文社会系研究科

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   人文科学系   教授  

  • 2020年04月
    -
    継続中

    富山大学   人文学部   人文学科   教授  

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    富山大学   学術研究部   人文科学系   准教授  

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    富山大学   人文学部   人文学科   准教授  

  • 2005年10月
    -
    2019年09月

    富山大学   人文学部   人文学科   准教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 社会学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 時岡新著『‹不自由な自由›を暮らす――ある全身性障害者の自立生活』

    伊藤 智樹

    社会学評論 ( 日本社会学会 )  69 ( 3 ) 424 - 425   2018年

    単著

    DOI

  • 難病のピア・サポート――桃井里美さんの手記からみるその特質と意義――

    伊藤智樹

    難病と在宅ケア   22 ( 2 ) 27 - 30   2016年

    単著

  • ピア・サポートとナラティヴ・アプローチ――方法論的観点から――

    伊藤智樹

    N:ナラティヴとケア   6   27 - 33   2015年

    単著

  • 病いの物語と身体――A・W・フランク「コミュニカティヴな身体」を導きにして――

    伊藤智樹

    ソシオロジ   173   121 - 136   2012年

    単著

  • ナーシングホームで生きる人々 ――医療的ケアを受けて生きる場に関する事例からの省察

    伊藤 智樹

    富山大学東アジア「共生」学創成の学際的融合研究 ディスカッション・ペーパー   なし   2012年

    単著

    CiNii Research

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ナラティヴ・アプローチによる難病と高次脳機能障害の研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2022年03月 

  • 在宅療養へのナラティヴ・アプローチ

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2017年03月 

     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    社会学概論  (2020年度)  専任

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    社会学演習  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    社会学実習  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    卒業研究(伊藤)  (2020年度)  専任

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    社会学概論  (2020年度)  専任

全件表示 >>