松谷 裕二 (マツヤ ユウジ)

MATSUYA Yuji

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

有機化学,医薬品化学

ホームページ

http://www.pha.u-toyama.ac.jp/mediche2/seizou_jp/Home.html

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1987年04月
    -
    1991年03月

    東北大学   薬学部   製薬化学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月
    -
    1993年03月

    東北大学  薬学研究科  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1998年11月 -  博士(薬学)  東北大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   薬学・和漢系   教授  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   薬学部   創薬科学科   教授  

  • 2010年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   大学院医学薬学研究部   環境・生命システム学域   生命分子薬学系   教授  

  • 2010年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   薬学部   創薬科学科   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年10月
    -
    2010年03月

      富山大学   薬学部   助教

  • 2001年05月
    -
    2005年09月

      富山医科薬科大学   薬学部   助手

  • 1993年04月
    -
    2001年04月

      昭和大学   薬学部   助手

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    有機合成化学協会

  • 1991年04月
    -
    継続中
     

    日本薬学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 化学系薬学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 創薬を指向した有機化学、医薬化学的研究

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2005年10月  -  継続中

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 生理活性天然物をモチーフとして,新規医薬品シーズの探索を目的とした化合物設計,合成,活性相関研究を行った.また,この目的を効率良く達成するための新規合成化学方法論,新反応開発に取り組んだ.

論文 【 表示 / 非表示

  • Au(I) Catalyzed Synthesis of Densely Substituted Pyrazolines and Dihydropyridines via Sequential Aza-Enyne Metathesis/6π-Electrocyclization.

    Sugimoto, K.; Kosuge, S.; Sugita, T.; Miura, Y.; Tsuge, K.; Matsuya, Y.

    Org. Lett.   23   3981 - 3985   2021年05月

    共著

  • Synthetic E-Guggulsterone Derivative GSD-1 Inhibits NF-κB Signaling and Suppresses the Metastatic Potential of Breast Cancer Cells.

    Abdellatef, A. A.; Zhou, Y.; Yamada, A.; Elmekkawy, S. A.; Kohyama, A.; Yokoyama, S.; Meselhy, M. R.; Matsuya, Y.; Sakurai, H.; Hayakawa, Y.

    Biomed. Pharmacother.   140   111737   2021年05月

    共著

  • Divinylcarbinol Desymmetrization Strategy: A Concise and Reliable Approach to Chiral Hydroxylated Fatty Acid Derivatives.

    Sugimoto, K.; Kobayashi, A.; Kohyama, A.; Sakai, H.; Matsuya, Y.

    J. Org. Chem.   86   3970 - 3980   2021年02月

    共著

  • De Novo Approach to Izidines via a Gold-Catalyzed Hydroamination-N-acyliminium Ion Cyclization of Acyclic Ynamides.

    Sugimoto, K.; Mizuno, S.; Shirato, M.; Tanabe, K.; Matsuya, Y.

    Heterocycles     2021年

    共著

  • An Improved Synthesis of a Salicylated Divinylcarbinol Derivative as a Part of Salicylic Macrolides.

    Kohyama, A.; Oguma, Y.; Yamagishi, T.; Sugimoto, K.; Matsuya, Y.

    Heterocycles   100   137 - 144   2020年

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • e-ENCYCLOPEDIA OF REAGENTS FOR ORGANIC SYNTHESIS

    Sugimoto, K.; Matsuya, Y. (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Acetic Acid, 2-[(1,1-Dimethylethyl)-dimethylsilyl]-2-oxo-, Phenylmethyl Ester )

    Wiley  2018年01月

  • スタンダード薬学シリーズII,化学系薬学II,「生体分子・医薬品の化学による理解」

    松谷 裕二 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 「SBO 26, 医薬品に含まれる代表的な複素環を構造に基づいて分類し,医薬品コンポーネントとしての性質を説明できる」 )

    日本薬学会編,東京化学同人  2016年04月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Brook型転位を鍵段階とした連続的分子変換システムの開発

    松谷 裕二, 杉本 健士

    有機合成化学協会誌   76 ( 12 ) 1281 - 1290   2018年12月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Recent Applications of Gold-catalyzed Cascade Reactions in Total Synthesis of Natural Product.

    Sugimoto, K.; Matsuya, Y.

    Tetrahedron Lett.   58   4420 - 4426   2017年11月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • メロテルペノイド高酸化型骨格に着目した化合物ライブラリー構築と抗癌剤創薬への展開

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月 

  • オルトキシリレン中間体のドミノ型環化付加反応による縮環複素環高効率合成法の開発

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月 

     

  • がん幹細胞のレドックス制御に基づいた放射線増感治療法の創成

    基盤研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • ルイス塩基触媒と分子内ケイ素移動とを融合させた新規有機触媒反応システムの開発

    新学術領域研究

    研究期間:  2014年04月  -  2016年03月 

     

  • 天然物ハイブリッド化を基軸とした新規神経系賦活薬剤の設計、合成、構造活性相関研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月 

     

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Novel Approaches toward de novo Syntheses of N-heterocycles Triggered by Gold(I)- catalyzed Aza-enyne Metathesis.

    International Society of Heterocyclic Chemistry Congress  (Kyoto)  2019年09月  -  2019年09月   

  • Facile Ring Cleavage of Benzocyclobutenes Triggered by Staudinger Reaction and Its Application for Novel Bioorthogonal Reaction System.

    EFMC International Symposium on Advances in Synthetic and Medicinal Chemistry  (Greece)  2019年09月  -  2019年09月   

  • Synthetic Studies toward Potential Antitumor Andrastin Derivatives Based on o-Quinodimethane Chemistry.

    XXII International Conference on Organic Synthesis –ICOS-22  (Florence)  2018年09月  -  2018年09月   

  • Development of Boronic Acid-catalyzed Nazarov Cyclization.

    XXII International Conference on Organic Synthesis –ICOS-22  (Florence)  2018年09月  -  2018年09月   

  • Accelerated Electrocyclic Ring Opening of Benzocyclobutenes by Staudinger Reaction.

    XXII International Conference on Organic Synthesis –ICOS-22  (Florence)  2018年09月  -  2018年09月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    専門英語Ⅱ(薬品製造学)  (2019年度)  専任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    国際医薬学特論  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    医薬品製剤開発学実習  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    分子薬科学特論  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    国際医薬学特論  (2019年度)  兼担・兼任

全件表示 >>