水口 峰之 (ミズグチ ミネユキ)

MIZUGUCHI mineyuki

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

構造生物学,タンパク質科学,生物物理

ホームページ

http://www.pha.u-toyama.ac.jp/phypha2/index-j.html

主要業績 【 表示 / 非表示

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1999年12月 -  博士(理学)  北海道大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   大学院医学薬学研究部   環境・生命システム学域   生命分子薬学系   教授  

  • 2009年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   薬学部   創薬科学科   教授  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   薬学・和漢系   教授  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   薬学部   創薬科学科   教授  

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

    富山大学   大学院生命融合科学教育部   部長(学部長含む)  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2018年08月
    -
    継続中
     

    日本アミロイドーシス学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物物理学

  • 構造生物化学

  • 物理系薬学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 疾患メカニズムの構造生物学的研究

論文 【 表示 / 非表示

  • A low amyloidogenic E61K transthyretin mutation may cause familial amyloid polyneuropathy.

    Murakami T, Yokoyama T, Mizuguchi M, Toné S, Takaku S, Sango K, Nishimura H, Watabe K, Sunada Y.

    J Neurochem.   156 ( 6 ) 957 - 966   2021年03月

    共著

    DOI

  • Structural and dynamics analysis of intrinsically disordered proteins by high-speed atomic force microscopy.

    Kodera N, Noshiro D, Dora SK, Mori T, Habchi J, Blocquel D, Gruet A, Dosnon M, Salladini E, Bignon C, Fujioka Y, Oda T, Noda NN, Sato M, Lotti M, Mizuguchi M, Longhi S, Ando T.

    Nature Nanotechnol.   16 ( 2 ) 181 - 189   2021年02月

    共著

    DOI

  • Crystal structure of death-associated protein kinase 1 in complex with the dietary compound resveratrol.

    Yokoyama T, Suzuki R, Mizuguchi M.

    IUCrJ.   8 ( Pt 1 ) 131 - 138   2021年01月

    共著

    DOI

  • Neutron diffraction experiment with the Y116S variant of transthyretin using iBIX at J-PARC: application of a new integration method.

    Kusaka K, Yokoyama T, Yamada T, Yano N, Tanaka I, Mizuguchi M.

    Acta Crystallogr D Struct Biol.   76 ( Pt 11 ) 1050 - 1056   2020年11月

    共著

    DOI

  • Structural and thermodynamic analyses of interactions between death-associated protein kinase 1 and anthraquinones.

    Yokoyama T, Wijaya P, Kosaka Y, Mizuguchi M.

    Acta Crystallogr D Struct Biol.   76 ( Pt 5 ) 438 - 446   2020年05月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • トランスサイレチン分子構造の安定性と水素結合

    水口峰之,横山武司. (担当: 共著 )

    医歯薬出版株式会社  2017年07月

  • 13章天然変性タンパク質.「揺らぎ・ダイナミクスと生体機能 物理化学的視点から見た生体分子,寺嶋正秀 編」

    水口峰之,片岡幹雄. (担当: 共著 )

    化学同人  2013年

  • I.血液凝固と薬

    水口峰之 (担当: 単著 )

    基礎から学ぶ構造生物学[CD-ROM付]河野敬一・田之倉優編集  2008年03月

  • 8章サイトカイン

    水口峰之 (担当: 単著 )

    「薬系免疫学」植田正, 前仲勝実 編集, 南江堂  2007年04月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Transthyretin Amyloidogenesis Inhibitors: From Discovery to Current Developments.

    Yokoyama T, Mizuguchi M.

    J Med Chem.   63 ( 23 ) 14228 - 14242   2020年12月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Crystallization and Biophysical Approaches for Studying the Interactions Between the Vps4-MIT Domain and ESCRT-III Proteins.

    Obita T, Kojima R, Mizuguchi M.

    Methods Mol Biol.   1998   175 - 187   2019年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Polyglutamine tract-binding protein 1の構造生物学的研究

    水口峰之,岡澤均

    Yakugaku Zasshi ( 日本薬学会 )  133 ( 5 ) 519 - 526   2013年

    総説・解説(その他)   共著

    DOI

  • トランスサイレチンにおける水素結合ネットワークとpH感受性

    横山武司,水口峰之,日下勝弘,田中伊知郎,新村信雄.

    日本中性子科学会誌 ( 日本中性子科学会 )  23 ( 2 ) 142 - 145   2013年

    総説・解説(その他)   共著

  • 天然変性タンパク質PQBP-1の揺らぎと生体機能

    水口峰之,岡澤均

    メディカルバイオ ( オーム社 )  10月号別冊   44 - 48   2010年10月

    総説・解説(商業誌)   共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • PQBP1はcGASによるI型インターフェロンの発現誘導をどのように抑制するのか

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月 

  • 天然変性蛋白質PQBP1のスプライシング調節機能の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • 転写・スプライシング因子PQBP1のコネクター機能の検証

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

     

  • 精神遅滞関連蛋白質PQBP-1の揺らぎと機能の解明

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月 

    精神遅滞関連蛋白質PQBP-1の揺らぎと機能の解明

  • 天然変性タンパク質の動的構造解析

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    研究期間:  2009年04月  -  2014年03月 

    天然変性タンパク質の動的構造解析

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    医薬品製剤開発学実習  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    分子薬科学特論  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    医薬品製剤開発学実習  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    医療分子科学特論  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    物性構造科学特論(講義)  (2019年度)  兼担・兼任

全件表示 >>