磯部 正治 (イソベ マサハル)

ISOBE Masaharu

写真a

職名

特別研究教授

研究分野・キーワード

分子遺伝学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1979年03月 -  薬学学士  富山大学

  • 1981年03月 -  薬学修士  富山医科薬科大学

  • 1984年03月 -  薬学博士  富山医科薬科大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   工学系   特別研究教授  

  • 2022年04月
    -
    継続中

    富山大学   工学部   工学科   特別研究教授  

  • 2019年10月
    -
    2022年03月

    富山大学   学術研究部   工学系   教授  

  • 2019年10月
    -
    2022年03月

    富山大学   工学部   工学科   教授  

  • 2018年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   工学部   工学科   教授  

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 人類遺伝学

  • 分子腫瘍学

  • ゲノム医科学

  • 医化学一般

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Novel super-neutralizing antibody UT28K is capable of protecting against infection from a wide variety of SARS-CoV-2 variants.

    Ozawa T, Tani H, Anraku Y, Kita S, Igarashi E, Saga Y, Inasaki N, Kawasuji H, Yamada H, Sasaki SI, Somekawa M, Sasaki J, Hayakawa Y, Yamamoto Y, Morinaga Y, Kurosawa N, Isobe M, Fukuhara H, Maenaka K, Hashiguchi T, Kishi H, Kitajima I, Saito S, Niimi H

    mAbs   14 ( 1 ) 2072455   2022年01月

    共著

    DOI PubMed

  • A candidate gene of Alzheimer diseases was mutated in senescence-accelerated mouse prone (SAMP) 8 mice.

    Akbor MM, Kim J, Nomura M, Sugioka J, Kurosawa N, Isobe M

    Biochemical and biophysical research communications   572   112 - 117   2021年08月

    共著

    DOI PubMed

  • Polymorphic SERPINA3-R124C reduces pathogenesis of its wild type by shortening the lifetime of oligomeric Aβ.

    Akbor MM, Kurosawa N, Tanaka M, Isobe M

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry   85 ( 8 ) 1861 - 1868   2021年07月

    共著

    DOI PubMed

  • Polymorphic SERPINA3 prolongs oligomeric state of amyloid beta.

    Akbor MM, Kurosawa N, Nakayama H, Nakatani A, Tomobe K, Chiba Y, Ueno M, Tanaka M, Nomura Y, Isobe M

    PloS one   16 ( 3 ) e0248027   2021年

    共著

    DOI PubMed

  • Development of a T-cell receptor mimic antibody targeting a novel Wilms tumor 1-derived peptide and analysis of its specificity.

    Kurosawa N, Midorikawa A, Ida K, Fudaba YW, Isobe M

    Cancer science   111 ( 10 ) 3516 - 3526   2020年08月

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • がん特異的単形性主要組織適合性複合体のリガンド解明と新規抗体療法の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2021年04月  -  2024年03月 

  • 癌幹細胞を標的とするT細胞受容体様抗体迅速単離法の開発とその応用

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2015年04月  -  2017年03月 

     

  • 抗がん幹細胞完全ヒトモノクローナル抗体単離法の開発

    萌芽研究

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月 

     

  • 癌近傍リンパ節由来ヒトモノクローナル抗体ライブラリーの開発と機能解析

    萌芽研究

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月 

    癌の進行に伴い癌患者の血清中では、しばしば自己抗体が増加する。これらの抗体の中には、潜在的に癌の診断や治療用抗体の開発に役立つ抗体の存在が期待される。そこで本研究では、われわれが開発した、抗体産生単一細胞からの完全ヒトモノクローナル抗体迅速単離システムを用いて、癌患者由来の抗体産生細胞一個一個から抗体遺伝子を単離し培養細胞で発現させることによって得られた、多数の完全ヒトモノクローナル抗体をライブラリー化し、それぞれの抗体の結合特性や機能を調べることによって、癌細胞との結合能を示す抗体の単離を目指した。得られた癌患者由来のヒトモノクローナル抗体を、癌組織標本に対して免疫組織化学染色を行うことで、癌細胞との結合能を示す抗体のスクリーニングを行った。その結果、得られた抗体の中には、癌細胞に対して高い親和性を示すクローンが確かに存在することを見いだした。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年10月
    -
    2022年03月

    生命情報工学  (2021年度)  専任

  • 2021年10月
    -
    2022年03月

    生命工学実験Ⅰ  (2021年度)  兼担・兼任

  • 2021年04月
    -
    2022年03月

    生命工学特別研究  (2021年度)  専任

  • 2021年04月
    -
    2021年09月

    基礎生物学-B  (2021年度)  専任

  • 2021年04月
    -
    2021年09月

    生命工学実験Ⅰ  (2021年度)  兼担・兼任

全件表示 >>