西村 克彦 (ニシムラ カツヒコ)

NISHIMURA Katsuhiko

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

磁性、超電導、核磁気モーメント、放射線計測

ホームページ

http://www3.u-toyama.ac.jp/nishi/index.htm

プロフィール

1.希土類金属間化合物の電気・磁気・熱特性の研究
2.ミュオンスピン緩和法を利用したアルミ合金特性の研究
3.超伝導材料の線材化技術の開発
4.超低温核偏極法による放射性同位元素の超微細相互作用の研究
5.放射線計測技術の開発

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1988年01月 -  理学博士  東北大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   都市デザイン学系   教授  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   都市デザイン学部   材料デザイン工学科   教授  

  • 2018年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   都市デザイン学部   材料デザイン工学科   教授  

  • 2008年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   大学院理工学研究部   ナノ・新機能材料学域   ナノマテリアル・システムデザイン学系   教授  

  • 2008年04月
    -
    2018年03月

    富山大学   工学部   材料機能工学科   教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1980年04月
    -
    継続中
     

    日本物理学会

  • 2017年01月
    -
    継続中
     

    日本中間子科学会

  • 2012年04月
    -
    継続中
     

    軽金属学会

  • 2009年01月
    -
    2014年03月
     

    アメリカ物理学会

  • 2005年04月
    -
    継続中
     

    日本金属学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 磁性

  • 磁性材料

  • 磁気熱量材料

  • 放射線分光学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 放射線取扱主任者(第1~2種)

  • 高圧ガス製造保安責任者(化学機械・冷凍機械)

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年10月
     
     

    有機溶剤作業主任者

  • 2003年10月
     
     

    特定科学物質等作業主任者

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ミュオンスピン緩和によるAl-Mg-Si合金の原子空孔研究

    国際共同研究  

    研究期間: 2011年04月  -  2015年03月

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 1.希土類金属間化合物の電気・磁気・熱特性の研究
    2.ミュオンスピン緩和法を利用したアルミ合金特性の研究
    3.超伝導材料の線材化技術の開発
    4.超低温核偏極法による放射性同位元素の超微細相互作用の研究
    5.放射線計測技術の開発

論文 【 表示 / 非表示

  • Magnetic property of Al-Mg alloys and intermetallic compounds

    K. Nishimura, K.Imai, K. Matsuda, N. Nunomura, T. Tsuchiya, Y. Isikawa, H. Adachi, W. D. Hutchison

    Journal of Alloys and Compounds   877   160226-1 - 160226-8   2021年10月

    共著

    DOI

  • Determination of the crystal field levels in TmV2Al20

    R. White, W.D. Hutchison, G.N. Iles, R.A. Mole, G.A. Stewart, J.M. Cadogan, T. Namiki, K. Nishimura

    Journal of Alloys and Compounds   845   156184-1 - 156184-8   2020年12月

    共著

  • Time Dependence of Muon Spin Relaxation Rate in Aluminum and Al-1.6%Mg2Si Alloy

    Katsuhiko Nishimura, Kenji Matsuda, Seung Won Lee, Isao Watanabe, Majed Abdel Jawad, Teiichiro Matsuzaki

    Materials Science Forum   985   10 - 15   2020年04月

    共著

  • NMR Study of Caged Cubic Compound NdTr2Al20 (Tr = Ti and V):

    Ko-ichi Magishi1, Akihiko Hisada, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, Takahiro Namiki, Katsuhiko Nishimura

    JPS Conf. Proc.   29   015005-1 - 015005-6   2020年03月

    共著

  • Electronic and Magnetic Properties of Caged-Structure Intermetallic Compounds CeT2Al20 (T = Nb, Mo)

    Takahiro Namiki, Hidetsugu Waki, Seiya Shibata, Akari Kawasaki, Yuki Matsumoto, and Katsuhiko Nishimura

    JPS Conf. Proc   30   011103-1 - 011103-5   2020年03月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • アクティブラーニングで学ぶ震災・復興学

    庄司美樹、西村克彦、小川良平、斎藤淳一、近藤隆、櫻井宏明、波多野雄治、新里泰孝、龍世祥、大島堅一、大坂洋、杭田俊之、鈴木清美、初澤敏生、橋本勝 (担当: 共著 , 担当範囲: 第2章 放射性同位元素とその物理学 )

    六花出版  2020年09月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Construction of hydrogen ion irradiation apparatus and preliminary experiment for hydrogen ion irradiation using Ti sheet

    Satoshi Akamaru, Katsuhiko Nishimura

    富山大学研究推進機構水素同位体科学研究センター研究報告   39   37 - 45   2020年09月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

    J-GLOBAL

  • Al–Mg–Si合金の溶質原子– 原子空孔クラスタ研究

    西村克彦、松田健二、並木孝洋、李昇原、布村紀男、松崎禎市郎、渡邊功雄、Francis L. Pratt

    軽金属   67 ( 5 ) 151 - 155   2017年05月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Zr(Mn0.5Cr0.5)の活性化と水素吸収挙動

    原, 正憲 and 荻野, 慎平 and 西村, 克彦

    富山大学水素同位体科学研究センター研究報告 ( 富山大学水素同位体科学研究センター )  31   23 - 31   2011年03月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 液体酸素を観察する実験器具

    特願 特願2006-246413  特許 特許第5070541号

    森 克徳, 西村克彦, 畠山直美

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ミュオンスピンを利用した水素原子挙動と水素脆性抑制因子の非破壊評価法の開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2018年04月  -  2022年03月 

  • ミュオンスピン緩和を利用した原子空孔挙動の工業的評価法の開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月 

    近年実験精度が飛躍的に向上したミュー中間子(ミュオン)スピン緩和の研究手法を応用することにより、6000系アルミ合金中の原子空孔およびMg-Si-Vクラスターの密度とその挙動を解明して、本装置を工業的に利用可能な実体サンプルでのMg-Si-Vクラスター分布の定量化装置への顕在化に対する基礎研究を構築する。

  • 軽量性と線材加工性を兼ね備えたハイブリッド超伝導線材の開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2010年03月  -  2012年03月 

    3次元溶湯浸透法(3DPC)により超伝導物質MgB2の新規な線材化プロセスを開発し、臨界温度が高く安定した極軽量な超伝導電磁石の製造を可能とする。この研究では、3DPCによりMgB2粒子とAl(Mg)との複合ビレットを作製し、そのビレットから押し出し法により線材を製造する。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 水素チャージしたアルミ合金のミュオンスピン緩和測定

    令和元年度京大複合研専門研究会「短寿命RIを用いた核分光と核物性研究Ⅵ」  (京都大学複合原子力科学研究所)  2020年01月  -  2020年01月   

  • Muon Spin Relaxation in a Hydrogen Charged Al-0.2%Cu Alloy

    MATERIALS RESEARCH MEETING 2019  2019年12月  -  2019年12月   

  • 水素チャージしたAl-0.2%Cu合金ののミュオンスピン緩和測定

    軽金属学会第137回秋期大会  2019年11月  -  2019年11月   

  • 14th International Conference on the Physical Properties and Application of Advanced Materials

    Muon Spin Relaxation of a Hydrogen Charged Aluminum   (Korea)  2019年09月  -  2019年09月   

  • ミュオンスピン緩和法によるアルミニウム合金中の水素と原子空孔の調査

    J-PARC MLF産業利用報告会  (秋葉原コンベンションホール)  2019年07月  -  2019年07月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月
    -
    2020年11月

    固体物性工学序論  (2020年度)  専任

  • 2020年06月
    -
    2020年09月

    固体物性工学Ⅱ  (2020年度)  専任

  • 2020年06月
    -
    2020年09月

    電磁気学  (2020年度)  専任

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

    材料機能工学特別研究  (2020年度)  専任

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

    グローバル先端材料工学特論V  (2020年度)  専任

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • サテライト公開講座

    2012年12月
     
     

    放射線を検出するということ