倉光 英樹 (クラミツ ヒデキ)

KURAMITZ Hideki

写真a

職名

教授

研究室住所

〒930-8555 富山県富山市五福3190 富山大学 理学部

研究分野・キーワード

環境化学、分析化学、電気化学、光化学、水処理学、腐植化学

ホームページ

http://www.sci.u-toyama.ac.jp/env/kuramitz/indexJP.html

プロフィール

環境汚染物質の濃度や毒性を評価するための分析法(センサやバイオアッセイ)の開発と,それらを利用した陸水,及び,土壌環境のモニタリングを実施しています。また,吸着法や電気化学的手法を利用した水処理技術の開発にも取り組んでいます。

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年

    北海道大学  地球環境科学研究科  物質環境科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2001年12月 -  博士(地球環境科学)  北海道大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   環境・エネルギー学域   地球環境システム学系   教授  

  • 2012年04月
    -
    継続中

    富山大学   理学部   生物圏環境科学科   教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    継続中
     

    日本分析化学会

  • 1999年04月
    -
    継続中
     

    日本化学会

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    日本泥炭地学会

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    日本電気化学会

  • 2004年10月
    -
    継続中
     

    日本腐植物質学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • グリーン・環境化学

  • 分析化学

  • グリーン・環境化学

  • 環境技術・環境負荷低減

  • 環境影響評価

全件表示 >>

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 水は生命の根源に関わる最も貴重な資源のひとつである.我々は水環境の保全を目的として研究しています.
    主に陸水・土壌環境をターゲットとし,電気化学・光化学などの物理化学的手法と生化学・分子生物学などの生物学的手法を基礎とした新規環境評価手法(バイオセンサ,イムノアッセイ,バイオアッセイなど)の開発に取り組んでいます.
    既存の方法では困難な分析対象物質の定量や汚染物質の毒性評価などを新規手法の開発によって可能とし,国内(富山県内河川など),国外(インドネシア,バングラディシュなど)のフィールドに応用することで環境問題の改善に貢献することを目指しています.
    また,水質浄化のための新規材料・手法の開発にも取り組んでいます.

論文 【 表示 / 非表示

  • Electrochemical sensing of ovalbumin based on the interaction between lysozyme origin/tyrosine-rich peptides modified on magnetic beads and oligothreonine/ovalbumin-origin peptide

    Kazuharu Sugawara, Sora Ishizaki, Hideki Kuramitz, Toshihiko Kadoya

    Electroanalysis ( Electroanalysis )  32   207 - 216   2020年02月

    共著

    DOI

  • Investigation of the effects of electromagnetic field treatment of hot spring water for scale inhibition using a fibre optic sensor.

    Okazaki T, Umeki S, Orii T, Ikeya R, Sakaguchi A, Yamamoto T, Watanabe T, Ueda A, Kuramitz H

    Scientific reports   9 ( 1 ) 10719   2019年07月

    共著

    DOI PubMed

  • A novel hybrid long period fiber grating-diffusive gradient in thin films sensor system for the detection of mercury (II) ions in water

    Shin-Yinn Tan, Sheng-Chyan Lee, Hideki Kuramitz, and Faidz Abd-Rahman

    Optik - International Journal for Light and Electron Optics   194   163040 - 163050   2019年06月

    共著

    DOI

  • Evaluation of snow surface color measurements and its application in the assessment of volcanic-gas diffusion in an alpine region

    Kazuto Sazawa, Kensuke Kawamura, Taisuke Yasuda, Hideki Kuramitz, and Naoya Wada

    Remote Sensing of Environment   233   111351 - 111360   2019年05月

    共著

    DOI

  • Determination of tetracycline by micro-droplet hydrodynamic adsorptive voltammetry using a multi-walled carbon nanotube paste rotating disk electrode

    Ayesha Sultana, Kazuto Sazawa, Md. Saiful Islam, Kazuharu Sugawara, and Hideki Kuramitz

    Analytical Letters   52   1153 - 1164   2019年04月

    共著

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • "Analytical Chemistry for Environmental Sciences"

    Uchimura Tomohiro, Kuramitz Hideki, Tomiyasu Takashi

    Analytical Sciences ( 社団法人 日本分析化学会 )  35 ( 7 ) 715 - 715   2019年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

    DOI PubMed CiNii

  • 土と水と大気をつなぐ天然化合物-腐植物質-

    倉光英樹,佐澤和人

    高低差4,000 m 富山の環境研究 ( 富山大学 )    12 - 19   2012年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • 酸化銅ナノ粒子のMicrocystis aeruginosaに対する毒性、細胞内動態に与える溶存有機物質の影響

    佐澤和人,倉光英樹

    Humic Substances Research ( 日本腐植物質学会 )  9   1 - 3   2012年

    総説・解説(その他)   共著

  • イオンチャンネルバイオセンサーによる抗ウイルス感染剤のスクリーニング

    倉光英樹

    ぶんせき ( 日本分析化学会 )  5   261   2009年05月

    総説・解説(その他)   単著

  • Magnetic microbead-based electrochemical immunoassays

    Hideki Kuramitz

    Analytical and Bioanalytical Chemistry ( Springer )  394   61 - 69   2009年04月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 近赤外SPRを利用した電気化学-光ファイバーセンサーの開発と環境分析への応用

    基盤研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2020年03月 

     

  • ホルムアルデヒドによる広域および地域の大気汚染の実態と機構

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2018年03月 

     

  • 多元選択性を有する電気化学-光ファイバーセンサーの開発と応用の探索

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

     

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 局在表面プラズモン共鳴を利用したプローブ型電気化学-光ファイバーセンサーの開発

    2019年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会  2019年11月  -  2019年11月   

  • 有機イオン会合体の自発的相分離を利用する亜硝酸イオン濃縮/吸光光度定量法の開発と海水への応用

    第50回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会  2019年11月  -  2019年11月   

  • Spectroelectrochemical Evaluation of ZnO Optically Transparent Electrode Prepared by Spin-Spray Technique

    The 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies (PACRIM13)  2019年10月  -  2019年11月   

  • 分散微粒子抽出法(4)-酵素法を用いたリン酸の高感度な簡易比色分析法の開発-

    日本分析化学会第68年会  2019年09月  -  2019年09月   

  • 熱帯泥炭火災跡地に生成する多環芳香族炭化水素に関する研究

    日本分析化学会第68年会  2019年09月  -  2019年09月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    環境水計測化学  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    生物圏環境科学特別研究  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    ゼミナール  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    生物圏環境科学特別講義Ⅰ  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    生物圏環境科学特別実験  (2018年度)  兼担・兼任

全件表示 >>