倉光 英樹 (クラミツ ヒデキ)

KURAMITZ Hideki

写真a

職名

教授

研究室住所

〒930-8555 富山県富山市五福3190 富山大学 理学部

研究分野・キーワード

環境化学、分析化学、電気化学、光化学、水処理学、腐植化学

ホームページ

http://www.sci.u-toyama.ac.jp/env/kuramitz/indexJP.html

プロフィール

環境汚染物質の濃度や毒性を評価するための分析法(センサやバイオアッセイ)の開発と,それらを利用した陸水,及び,土壌環境のモニタリングを実施しています。また,吸着法や電気化学的手法を利用した水処理技術の開発にも取り組んでいます。

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年

    北海道大学  地球環境科学研究科  物質環境科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2001年12月 -  博士(地球環境科学)  北海道大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   理学系   教授  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   理学部   生物圏環境科学科   教授  

  • 2012年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   大学院理工学研究部   環境・エネルギー学域   地球環境システム学系   教授  

  • 2012年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   理学部   生物圏環境科学科   教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    継続中
     

    日本分析化学会

  • 1999年04月
    -
    継続中
     

    日本化学会

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    日本泥炭地学会

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    日本電気化学会

  • 2004年10月
    -
    継続中
     

    日本腐植物質学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • グリーン・環境化学

  • 分析化学

  • グリーン・環境化学

  • 環境技術・環境負荷低減

  • 環境影響評価

全件表示 >>

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 水は生命の根源に関わる最も貴重な資源のひとつである.我々は水環境の保全を目的として研究しています.
    主に陸水・土壌環境をターゲットとし,電気化学・光化学などの物理化学的手法と生化学・分子生物学などの生物学的手法を基礎とした新規環境評価手法(バイオセンサ,イムノアッセイ,バイオアッセイなど)の開発に取り組んでいます.
    既存の方法では困難な分析対象物質の定量や汚染物質の毒性評価などを新規手法の開発によって可能とし,国内(富山県内河川など),国外(インドネシア,バングラディシュなど)のフィールドに応用することで環境問題の改善に貢献することを目指しています.
    また,水質浄化のための新規材料・手法の開発にも取り組んでいます.

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of humic acids on the toxicity of pollutants to Chlamydomonas reinhardtii: Investigation by a microscale algal growth inhibition test.

    Nanayama Y, Sazawa K, Yustiawati Y, Syawal MS, Fukushima M, Kuramitz H

    Environmental science and pollution research international   28 ( 1 ) 211 - 219   2021年01月

    共著

    DOI PubMed

  • Investigation and modeling of diurnal variation in suburban ambient formaldehyde concentration.

    Taguchi S, Hagiwara M, Shibata A, Fujinari H, Matsumoto S, Kuwata M, Sazawa K, Hata N, Kuramitz H

    Environmental science and pollution research international     2020年11月

    共著

    DOI PubMed

  • Spectroelectrochemical evaluation of a ZnO optically transparent electrode prepared by the spin-spray technique

    116. Takuya Okazaki, Hiroaki Taniguchi, Hajime Wagata, Mizuki Ito, Hideki Kuramitz, and Tomoaki Watanabe

    Electroanalysis   32   1682 - 1688   2020年11月

    共著

    DOI

  • 分散した微粒子への吸着を利用する感度や選択性に優れた簡便な比色分析法

    小濵望,岡崎琢也,倉光英樹,田口茂

    ケミカルエンジニヤリング 特集=先端計測・分析技術の開発と実用化   65 ( 10 ) 593 - 600   2020年10月

    共著

  • U-Shaped Polymer Cladding and Hetero-Core Fiber Optic Sensors for Monitoring Scale Formation in Geothermal Brine

    Takuya Okazaki and Ryuichi Seto and Tomoaki Watanabe and Akira Ueda and Hideki Kuramitz

    Analytical Letters ( Informa {UK} Limited )    1   2020年09月

    単著

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • "Analytical Chemistry for Environmental Sciences"

    Uchimura Tomohiro, Kuramitz Hideki, Tomiyasu Takashi

    Analytical Sciences ( 社団法人 日本分析化学会 )  35 ( 7 ) 715 - 715   2019年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

    DOI PubMed CiNii

  • "Analytical Chemistry for Environmental Sciences"

    Uchimura, T. and Kuramitz, H. and Tomiyasu, T.

    Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry   35 ( 7 ) 715   2019年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • 土と水と大気をつなぐ天然化合物-腐植物質-

    倉光英樹,佐澤和人

    高低差4,000 m 富山の環境研究 ( 富山大学 )    12 - 19   2012年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • 酸化銅ナノ粒子のMicrocystis aeruginosaに対する毒性、細胞内動態に与える溶存有機物質の影響

    佐澤和人,倉光英樹

    Humic Substances Research ( 日本腐植物質学会 )  9   1 - 3   2012年

    総説・解説(その他)   共著

  • イオンチャンネルバイオセンサーによる抗ウイルス感染剤のスクリーニング

    倉光英樹

    ぶんせき ( 日本分析化学会 )  5   261   2009年05月

    総説・解説(その他)   単著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 水処理方法および凝集剤組成物

    特願 特願2021-7779 

    3. 倉光英樹、西村祐輔、三原義広、田中俊逸

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 熱帯泥炭火災に由来する多環芳香族炭化水素と誘導体の土壌残存性とそのリスクの解明

    国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    研究期間:  2018年10月  -  2022年03月 

     

  • 近赤外SPRを利用した電気化学-光ファイバーセンサーの開発と環境分析への応用

    基盤研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2020年03月 

     

  • ホルムアルデヒドによる広域および地域の大気汚染の実態と機構

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2018年03月 

     

  • 多元選択性を有する電気化学-光ファイバーセンサーの開発と応用の探索

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

     

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 時限浮上機能を有する微粒子を利用した凝集処理法の開発

    第55回日本水環境学会年会  (京都大学(オンライン開催))  2021年03月  -  2021年03月   

  • Development of sensing system of K562 cells using an electrode with a cell-recognition/electron-transfer/cross-linker

    Royal Society of Chemistry Tokyo International Conference 2020 (RSC-TIC2020)  (online event)  2020年12月  -  2020年12月   

  • Passive dilutor paper-based microfluidic device fabricated by wax printing

    Royal Society of Chemistry Tokyo International Conference 2020 (RSC-TIC2020)  (online )  2020年12月  -  2020年12月   

  • 富山県氷見市小河川の灌漑期・非灌漑期における水質と付着藻類量の季節変動

    2020年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会  (福井大学 オンライン開催)  2020年11月  -  2020年11月   

  • ラット副腎髄質腫由来PC-12細胞を用いた熱帯泥炭火災跡地の土壌が有する毒性の評価

    2020年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会  (福井大学 オンライン開催)  2020年11月  -  2020年11月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    環境水計測化学  (2019年度)  専任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    生物圏環境科学特別研究  (2019年度)  専任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    ゼミナール  (2019年度)  専任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    生物圏環境科学特別実験  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    科学英語  (2019年度)  専任

全件表示 >>