帯田 孝之 (オビタ タカユキ)

OBITA Takayuki

写真a

職名

准教授

研究室住所

〒930-0194富山県富山市杉谷2630富山大学薬学部構造生物学研究室

研究分野・キーワード

構造生物学、タンパク質科学

研究室電話

076-434-7570

研究室FAX

076-434-5061

ホームページ

http://www.pha.u-toyama.ac.jp/phypha2/index-j.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2002年03月 -  博士(薬学)  九州大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年03月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   環境・生命システム学域   生命分子薬学系   准教授  

  • 2010年03月
    -
    継続中

    富山大学   薬学部   創薬科学科   准教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 構造生物化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Characterization of susceptibility variants of poliovirus grown in the presence of favipiravir.

    Daikoku T, Mizuguchi M, Obita T, Yokoyama T, Yoshida Y, Takemoto M, Shiraki K.

    Journal of Microbiology, Immunology and Infection     2018年10月

    共著

  • Design, synthesis, and evaluation of novel inhibitors for wild-type human serine racemase.

    Takahara S, Nakagawa K, Uchiyama T, Yoshida T, Matsumoto K, Kawasumi Y, Mizuguchi M, Obita T, Watanabe Y, Hayakawa D, Gouda H, Mori H, Toyooka N.

    Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters     2017年12月

    共著

  • A novel serine racemase inhibitor suppresses neuronal over-activation in vivo.

    Mori H, Wada R, Takahara S, Horino Y, Izumi H, Ishimoto T, Yoshida T, Mizuguchi M, Obita T, Gouda H, Hirono S, Toyooka N.

    Bioorganic & Medicinal Chemistry     2017年07月

    共著

  • Stability and crystal structures of His88 mutant human transthyretins.

    Yokoyama T, Hanawa Y, Obita T, Mizuguchi M.

    FEBS Letters     2017年06月

    共著

  • Crystal Structure of Human General Transcription Factor TFIIE at Atomic Resolution.

    Miwa K, Kojima R, Obita T, Ohkuma Y, Tamura Y, Mizuguchi M.

    Journal of Molecular Biology     2016年10月

    共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基本転写因子TFIIEを中心とした転写調節機構の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  継続中 

     

  • 天然変性蛋白質PQBP1のスプライシング調節機能の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • 細胞膜の切断を担うESCRT複合体の構造基盤研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  継続中 

     

  • 細胞で膜切断を担うESCRT-III複合体線維の構造基盤研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月 

    酵母及び古細菌のESCRT-IIIタンパク質をクローニングし、各タンパク質の発現系を構築した。野生型及び種々の変異体を精製し、結晶化を試みたが現在までに立体構造決定可能な高分解能の反射を示す結晶は得られていない。また、ESCRT-IIIタンパク質と相互作用するCdvAの結晶を得ることができ、その立体構造決定に成功した。さらに電子顕微鏡を用いた解析結果と合わせ、CdvAがとる線維状構造の構造基盤について明らかとした。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    専門英語Ⅱ(構造生物学)  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    物理化学Ⅰ  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    医療分子科学特論  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    分子薬科学特論  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年04月
    -
    2018年09月

    物理系実習(物理化学Ⅰ)  (2018年度)  兼担・兼任

全件表示 >>