大澤 力 (オオサワ ツトム)

OSAWA Tsutomu

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

触媒,水素化,立体選択的反応

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1985年03月 -  理学博士  大阪大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   ナノ・新機能材料学域   物質物性基礎科学系   准教授  

  • 2005年10月
    -
    継続中

    富山大学   理学部   化学科   准教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 機能物性化学

  • グリーン・環境化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Studies of ceria and zirconia promotion of nickel catalyst for carbon dioxide reforming of methane

    Osawa, T., Tamagawa, K.,

    Catalysis Letters     2019年03月

    共著

    DOI

  • Facile synthesis of γ-valerolactone by transfer hydrogenation of methyl levulinate and levulinic acid over Ni/ZrO⁠2

    Sakakibara, K. , Endo, K, Osawa, T.

    Catalysis Communications     2019年03月

    共著

    DOI

  • Enantio-differentiating hydrogenation of alkyl 3-oxobutanoates over tartaric acid-modified Ni catalyst: Enthalpy-entropy compensation effect as a tool for elucidating mechanistic features.

    Osawa, T., Wakasugi, M., Kizawa, T., Borovkov, V., Inoue, Y.

    Molecular Catalysis   499C   131 - 136   2018年03月

    共著

  • Facile synthesis of optically-active γ-valerolactone from levulinic acid and its esters using a heterogeneous enantio-selective catalyst.

    Osawa, T., Tanabe, Y.

    Catalysis Letters   148   824 - 830   2018年02月

    共著

  • Studies of the dissociation activities of methane and carbon dioxide over supported nickel catalyst.

    T. Osawa, R. Agata, A. Mouri

    J. Mol. Catal. A: Chemical     2015年10月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Modern Organonickel Chemistry

    Osawa, T. (担当: 単著 )

    Wiley-VCH  2005年03月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Asymmetrically Modified Nickel Catalyst for the Enantio-differentiating Hydrogenation of Prochiral Ketones

    Osawa, T. and Borovkov, V.

    Recent Patent on Catalysis ( Bentham Science Publishers )  1   27 - 34   2012年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • From supramolecular chirognesis towards functional chiral material

    Borovkov, V., and Osawa, T.

    Chimica Oggi/Chemistry Today ( - )  29   24 - 29   2011年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Enantio-differentiating Hydrogenation of Prochiral Ketones over Modified Nickel.

    Osawa, T., Harada, T., Takayasu, O.

    Current Organic Chemistry   10   1513 - 1531   2006年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • Enantio-differentiating Hydrogenation of Prochiral Ketones over Modified Nickel.

    Osawa, T. Harada, T., Tai, A.

    Catalysis Today   37   465 - 480   1997年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 酒石酸修飾ニッケル触媒とその製造方法および(R)-3-ヒドロキシ酪酸メチルの製造方法

    特願 250213 

    池田真二,ボロフコフ ビクトル,北村隆幸,大澤 力,井上佳久

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 結晶面を制御した卑金属元素固体触媒による温和な条件での水中硝酸イオンの除去

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

     

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 炭素素材担持ニッケル触媒によるアセト酢酸メチルのエナンチオ面区別水素化

    第99回 日本化学会春季年会  2019年03月  -  2019年03月   

  • メソポーラス構造を有するNi/Al2O3-CeO2触媒によるメタンの二酸化炭素リフォーミング反応

    平成30年度 北陸地区講演会と研究発表会  2018年11月  -  2018年11月   

  • 水素移動型還元反応によるγ-バレロラクトンの合成のための触媒の開発

    平成30年度 北陸地区講演会と研究発表会  2018年11月  -  2018年11月   

  • ニッケル触媒を用いた水中硝酸イオンの還元反応における反応速度の解析

    平成30年度 北陸地区講演会と研究発表会  2018年11月  -  2018年11月   

  • ニッケル系二元金属触媒による水中硝酸イオンの還元反応に関する研究

    平成30年度 北陸地区講演会と研究発表会  2018年11月  -  2018年11月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    化学特別研究  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    ゼミナール  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    化学実験  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    化学反応学  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    化学物質の世界  (2018年度)  専任

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 豊かな生活を支える現代化学

    2012年10月
     
     

    現在の私たちの豊かな生活は、さまざまな有機・無機・高分子材料によって支えられています。1700年代に発見された数多くの元素は周期表に整理され、化学者はそれらの元素を自在に組み合わせることによって、新しい機能をもつ物質を生み出してきました。本講座では、身の回りの環境をきれいにするための触媒、携帯電話やノートパソコンなどに用いられている新しい電池、生活に彩りを与える発光材料など、現代化学が創り出した高機能な化学物質についてやさしく解説します。また、有機EL やトランジスタなどの分野で注目されている有機化合物半導体について最新の話題も含めて分かりやすく解説します。