柘植 清志 (ツゲ キヨシ)

TSUGE Kiyoshi

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

錯体化学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1995年03月 -  博士(理学)  東京大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   ナノ・新機能材料学域   物質物性基礎科学系   教授  

  • 2010年04月
    -
    継続中

    富山大学   理学部   化学科   教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 錯体化学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 金属錯体の合成およびその物性・反応性に関する研究
    特に,酸化還元活性な錯体,発光性を示す錯体,外部刺激に応答する錯体に関する研究を行っている.

論文 【 表示 / 非表示

  • Luminescent mixed-ligand iodido copper(I) coordination polymers having antenna effect

    Sugimoto Satoshi, Ohtsu Hideki, Tsuge Kiyoshi

    Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry   353   602 - 611   2018年

    共著

  • Multiple production of α,α-disubstituted amino acid derivatives through direct chemical derivatization of natural plant extracts: An apparently difficult but successful route

    Tomohara Keisuke, Ito Tomohiro, Furusawa Kota, Hasegawa Naoto, Tsuge Kiyoshi, Kato Atsushi, Adachi Isao

    Tetrahedron Letters   58   3143 - 3147   2017年

    共著

  • Total synthesis of myriocin and mycestericin D employing Rh(II)-catalyzed C-H amination followed by stereoselective alkylation

    Noda Narumi, Nambu Hisanori, Ubukata Kana, Fujiwara Tomoya, Tsuge Kiyoshi, Yakura Takayuki

    Tetrahedron   73   868 - 878   2017年

    共著

  • Synthesis of Substituted Pyrrolo[2,1-a]isoquinolines by Gold-Catalyzed Domino Cyclization of Alkynyl Iminoesters

    Sugimoto Kenji, Hoshiba Yuya, Tsuge Kiyoshi, Matsuya Yuji

    Synthesis   48 ( 12 ) 1855 - 1864   2016年

    共著

  • Tricopper(I) complexes encapsulating a {Cu3X3} Core Structure (X = Cl, Br, and I) in a polyaza cryptand

    Nagata Kojiro, Hatanaka Tsubasa, Fukui Kensuke, Inomata Tomohiko, Ozawa Tomohiro, Tsuge Kiyoshi, Masuda Hideki, Funahashi Yasuhiro

    Chemistry Letters   45 ( 5 ) 541 - 543   2016年

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Modification of Luminescent Properties of Silver(I) Coordination Polymers with {Ag2(mu-X)2} Dimeric Units

    Kiyoshi Tsuge, Taiki Kuwahara, Tsubasa Yoshioka, Hideki Ohtsu

    Abstract of The 2nd International Symposium on Coordination Compounds     2018年12月

    研究発表要旨(国際会議)   共著

  • Modification of Luminescent Properties of Halogenido Silver(I) Coordination Polymers through Mixed-Crystal Formation

    Kiyoshi Tsuge, Tsubasa Yoshioka, Shunpei Yasuhara, Hideki Ohtsu, Masaaki Dosen, Masako Kato

    Abstract of 43rd International Conference on Coordination Chemistry     2018年07月

    研究発表要旨(国際会議)   共著

  • Luminescent copper(I) complexes with halogenido-​bridged dimeric core

    Tsuge Kiyoshi, Chishina Yuko, Hashiguchi Hanako, Sasaki Yoichi, Kato Masako, Ishizaka Shoji, Kitamura Noboru

    Coordination Chemistry Reviews ( Elsevier )  306   636 - 651   2016年01月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 固相・結晶状態における銅錯体の発光

    柘植 清志

    色材協会誌   87 ( 12 ) 448 - 453   2014年12月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • Luminescent complexes containing halogeno-​bridged dicopper(I) unit {Cu2(μ-​X)​2} (X = Cl, Br, and I)

    Tsuge, K.

    Chemistry Letters ( 日本化学会 )  42 ( 3 ) 204 - 208   2013年

    総説・解説(学術雑誌)   単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 結晶状態で動的機能性を示す銅(I)発光性錯体の合成

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • 混晶形成を用いた混合型配位高分子合成による光捕集系の開発

    新学術領域研究

    研究期間:  2015年04月  -  2017年03月 

     

  • 配位高分子鎖を利用した光捕集系の構築

    新学術領域研究

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月 

    これまで申請者は、発光性金属ユニットを組み合わせた銅(I)および銀(I)配位高分子において、発光ユニットと架橋配位子の適切な選択によりユニット間でのエネルギー移動が進行することを示してきた。また、混合型の配位高分子を合成により光吸収サイトと光集約サイトが組み込まれた配位高分子鎖が合成できる可能性がある事を示してきた。 本研究では、このような発光性配位高分子の特徴を利用して、発光性配位高分子鎖を光アンテナとして利用した光捕集系の構築を行う。具体的には、1. 種々の配位子・金属を組合せた配位高分子の合成による配位高分子鎖中でのエネルギー移動の解明、2. 配位高分子鎖に錯体ユニットを導入することにより光集約サイト、すなわち光エネルギーの取り出し口の連結を行い、光を高効率で利用できる系の構築を行う。

  • 複合化による銅および銀一価強発光性錯体の高機能化

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

     

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ピペラジンとの異形混晶化によるビス(ピリジル)エタン銅(I)配位高分子の発光性制御

    日本化学会第99春季年会  (甲南大学 岡本キャンパス 神戸)  2019年03月  -  2019年03月   

  • Synthesis of Luminescent Mixed-Crystals Having Pyrazine Derivatives by Utilization of Piperazine Bridged Silver(I) Coordination Polymer

    日本化学会第99春季年会  (甲南大学 岡本キャンパス 神戸)  2019年03月  -  2019年03月   

  • Modification of Luminescent Properties of Silver(I) Coordination Polymers with {Ag2(mu-X)2} Dimeric Units

    The 2nd International Symposium on Coordination Ionic Compounds  (Osaka University)  2018年12月  -  2018年12月   

  • 光化学反応によるNADH 型Ru 錯体の合成

    平成30年度北陸地区講演会と研究発表会  (富山大学 五福キャンパス)  2018年11月  -  2018年11月   

  • ビス(ピリジル)エタンおよびビス(ピリジル)エチレンで混合架橋されたハロ

    平成30年度北陸地区講演会と研究発表会  (富山大学 五福キャンパス)  2018年11月  -  2018年11月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    錯体合成化学特論  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    化学特別研究  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    ゼミナール  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    科学英語  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    無機化学Ⅰ  (2018年度)  専任

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2018年03月

    複合系の光機能研究会   副会長

  • 2013年01月
    -
    継続中

    日本化学会   速報誌編集委員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 出前授業

    2017年07月
     
     

    富山県立南砺福野高校にて出前講義を行った。

  • 高校生対象研究室実習

    2015年03月
     
     

    富山中部高校SS部(化学)の生徒に対し講義と実習を行う

  • 出前授業

    2014年12月
     
     

    岐阜県立吉城高校にて出前講義を行った。

  • 模擬授業

    2014年07月
     
     

    富山東高校対象の大学説明会において模擬授業を行った。

  • 豊かな生活を支える現代化学

    2012年10月
     
     

    現在の私たちの豊かな生活は、さまざまな有機・無機・高分子材料によって支えられています。1700年代に発見された数多くの元素は周期表に整理され、化学者はそれらの元素を自在に組み合わせることによって、新しい機能をもつ物質を生み出してきました。本講座では、身の回りの環境をきれいにするための触媒、携帯電話やノートパソコンなどに用いられている新しい電池、生活に彩りを与える発光材料など、現代化学が創り出した高機能な化学物質についてやさしく解説します。また、有機EL やトランジスタなどの分野で注目されている有機化合物半導体について最新の話題も含めて分かりやすく解説します。