田渕 圭章 (タブチ ヨシアキ)

TABUCHI Yoshiaki

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

ストレス

ホームページ

http://www.lsrc.u-toyama.ac.jp/mgrc/html/laboratory.html

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Low-intensity pulsed ultrasound promotes the expression of immediate-early genes in mouse ST2 bone marrow stromal cells.   2020年04月

    【論文】 HIKESHI silencing can enhance mild hyperthermia sensitivity in human oral squamous cell carcinoma HSC‑3 cells.  2020年07月

    【論文】 Melatonin is a potential drug for the prevention of bone loss during space flight.  2019年10月

    【論文】 Genes responsive to low-intensity pulsed ultrasound in MC3T3-E1 preosteoblast cells.  2013年11月

    【論文】 The combination of silencing BAG3 and inhibition of the JNK pathway enhances hyperthermia sensitivity in human oral squamous cell carcinoma cells.  2013年07月

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1986年03月

    富山医科薬科大学   薬学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1988年03月

    富山医科薬科大学  薬学研究科  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1995年02月 -  博士(薬学)  富山医科薬科大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   薬学・和漢系   教授  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   研究推進機構   研究推進総合支援センター   生命科学先端研究支援ユニット   教授  

  • 2015年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   研究推進機構   研究推進総合支援センター   生命科学先端研究支援ユニット   教授  

  • 2005年10月
    -
    2015年03月

    富山大学   生命科学先端研究センター   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    1999年09月

      第一製薬(株)   研究員

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    日本超音波医学会

  • 2009年04月
    -
    継続中
     

    日本ハイパーサーミア学会

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    日本臨床ストレス応答学会

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    日本内分泌攪乱化学物質学会

  • 1999年04月
    -
    継続中
     

    日本薬学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 医用システム

  • 放射線・化学物質影響科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 細胞は,様々なストレス環境に適応するためにストレス応答システムを持っています.その一つである小胞体ストレス(ERストレス)は,各種ストレスによって構造異常のタンパク質が蓄積した時に誘導され,ERストレス応答(unfolded protein response, UPR)と呼ばれる細胞の生存のための反応がおこります.一方,ストレスが許容範囲を超えると,アポトーシスが誘導されます.我々は,遺伝子組換えやバイオインフォティクスの手法を用いて,ERストレス,ヒートストレス,メカニカルストレス等による細胞応答のメカニズムを解明する研究を行っています.

論文 【 表示 / 非表示

  • Low-intensity ultrasound inhibits melanoma cell proliferation in vitro and tumor growth in vivo.

    Feril LB Jr, Yamaguchi K, Ikeda-Dantsuji Y, Furusawa Y, Tabuchi Y, Takasaki I, Ogawa R, Cui ZG, Tachibana K

    Journal of medical ultrasonics (2001)     2021年08月

    共著

    DOI PubMed

  • Overexpression of D-dopachrome tautomerase increases ultraviolet B irradiation-induced skin tumorigenesis in mice.

    Yoshihisa Y, Rehman MU, Andoh T, Tabuchi Y, Makino T, Shimizu T

    FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   35 ( 7 ) e21671   2021年07月

    共著

    DOI PubMed

  • Survival of detached cancer cells is regulated by movement of intracellular Na<sup>+</sup>,K<sup>+</sup>-ATPase.

    Fujii T, Shimizu T, Katoh M, Nagamori S, Koizumi K, Fukuoka J, Tabuchi Y, Sawaguchi A, Okumura T, Shibuya K, Fujii T, Takeshima H, Sakai H

    iScience   24 ( 5 ) 102412   2021年05月

    共著

    DOI PubMed

  • Aging-related changes in the sensitivity of behavioral effects of the neonicotinoid pesticide clothianidin in male mice.

    Hirano T, Miyata Y, Kubo S, Ohno S, Onaru K, Maeda M, Kitauchi S, Nishi M, Tabuchi Y, Ikenaka Y, Ichise T, Nakayama SMM, Ishizuka M, Arizono K, Takahashi K, Kato K, Mantani Y, Yokoyama T, Hoshi N

    Toxicology letters   342   95 - 103   2021年05月

    共著

    DOI PubMed

  • Berberine induces anti-atopic dermatitis effects through the downregulation of cutaneous EIF3F and MALT1 in NC/Nga mice with atopy-like dermatitis.

    Andoh T, Yoshihisa Y, Rehman MU, Tabuchi Y, Shimizu T

    Biochemical pharmacology   185   114439   2021年03月

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 酸化ストレスと細胞内シグナル伝達

    近藤 隆,田渕圭章,櫻井宏明 (担当: 共著 )

    「酸化ストレスの医学」吉川敏一監修, 診断と治療社  2008年08月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 超音波による細胞分化・増殖制御:エピゲノムの役割解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月 

  • がん幹細胞のレドックス制御に基づいた放射線増感治療法の創成

    基盤研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • エピジェネティクスを介した超音波による細胞の分化制御

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

     

  • 環境化学物質の複合影響による細胞ストレス保護システムの異常と疾患との関連性の検証

    基盤研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2016年03月 

     

  • 免疫寛容という立場から正常妊娠、異常妊娠を再考する

    基盤研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2015年03月 

     我々は父親抗原特異的制御性T細胞(PA-Treg)の同定法をマウスモデル(BALB/c x DBA/2)で確立し、CCR5、CCR4がPA-Tregに高率に発現すること、精漿のプライミングがその誘導に重要であることを見い出した。この結果をもとに、胸腺Treg、胸腺外Treg、memory Treg、naiive Treg、CCR5+Treg、CCR4+Treg、hCG-R+Tregに細分化し、どの分画のTregが最も妊娠維持に意味をもつか、不育症、妊娠高血圧症候群で変化するかを検討する。さらに我々が発見した制御性NK(NKreg)細胞が生殖、妊娠現象に与える役割を免疫学的手法ならびに網羅的mRNA発現やmicroRNA(miRNA)解析から明らかにし(病態解析)、さらに発病のリスクの評価、新たな治療戦略として臨床応用すること(臨床的解析)を目的とする。

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    2019年09月

    生物系実習(衛生化学)  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年04月
    -
    2019年09月

    薬物治療学特論  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年04月
    -
    2019年09月

    分子生物薬科学特論  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年04月
    -
    2019年09月

    細胞ストレス生物学特論  (2019年度)  専任

  • 2018年04月
    -
    2018年09月

    分子生物薬科学特論  (2018年度)  兼担・兼任

全件表示 >>