田渕 圭章 (タブチ ヨシアキ)

TABUCHI Yoshiaki

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

ストレス

ホームページ

http://www.lsrc.u-toyama.ac.jp/mgrc/html/laboratory.html

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Low-intensity pulsed ultrasound promotes the expression of immediate-early genes in mouse ST2 bone marrow stromal cells.   2020年04月

    【論文】 Genetic response to low‑intensity ultrasound on mouse ST2 bone marrow stromal cells.  2021年03月

    【論文】 Genes responsive to low-intensity pulsed ultrasound in MC3T3-E1 preosteoblast cells.  2013年11月

    【論文】 Melatonin is a potential drug for the prevention of bone loss during space flight.  2019年10月

    【論文】 Glyoxal-induced formation of advanced glycation end-products in type 1 collagen decreases both its strength and flexibility in vitro.  2021年09月

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1986年03月

    富山医科薬科大学   薬学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1988年03月

    富山医科薬科大学  薬学研究科  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1995年02月 -  博士(薬学)  富山医科薬科大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   薬学・和漢系   教授  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   研究推進機構   研究推進総合支援センター   生命科学先端研究支援ユニット   教授  

  • 2015年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   研究推進機構   研究推進総合支援センター   生命科学先端研究支援ユニット   教授  

  • 2005年10月
    -
    2015年03月

    富山大学   生命科学先端研究センター   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    1999年09月

      第一製薬(株)   研究員

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    日本超音波医学会

  • 2009年04月
    -
    継続中
     

    日本ハイパーサーミア学会

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    日本臨床ストレス応答学会

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    日本内分泌攪乱化学物質学会

  • 1999年04月
    -
    継続中
     

    日本薬学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 医用システム

  • 放射線・化学物質影響科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 細胞は,様々なストレス環境に適応するためにストレス応答システムを持っています.その一つである小胞体ストレス(ERストレス)は,各種ストレスによって構造異常のタンパク質が蓄積した時に誘導され,ERストレス応答(unfolded protein response, UPR)と呼ばれる細胞の生存のための反応がおこります.一方,ストレスが許容範囲を超えると,アポトーシスが誘導されます.我々は,遺伝子組換えやバイオインフォティクスの手法を用いて,ERストレス,ヒートストレス,メカニカルストレス等による細胞応答のメカニズムを解明する研究を行っています.

論文 【 表示 / 非表示

  • Cardiac glycosides stimulate endocytosis of GLUT1 via intracellular Na<sup>+</sup> ,K<sup>+</sup> -ATPase α3-isoform in human cancer cells.

    Fujii T, Katoh M, Ootsubo M, Nguyen OTT, Iguchi M, Shimizu T, Tabuchi Y, Shimizu Y, Takeshima H, Sakai H

    Journal of cellular physiology     2022年05月

    共著

    DOI PubMed

  • Isoliquiritigenin attenuates adipose tissue inflammation and metabolic syndrome by modifying gut bacteria composition in mice.

    Ishibashi R, Furusawa Y, Honda H, Watanabe Y, Fujisaka S, Nishikawa M, Ikushiro S, Kurihara S, Tabuchi Y, Tobe K, Takatsu K, Nagai Y

    Molecular nutrition & food research   66 ( 10 ) e2101119   2022年05月

    共著

    DOI PubMed

  • Elucidation of the neurological effects of clothianidin exposure at the no-observed-adverse-effect level (NOAEL) using two-photon microscopy in vivo imaging.

    Nishi M, Sugio S, Hirano T, Kato D, Wake H, Shoda A, Murata M, Ikenaka Y, Tabuchi Y, Mantani Y, Yokoyama T, Hoshi N

    The Journal of veterinary medical science   84 ( 4 ) 585 - 592   2022年04月

    共著

    DOI PubMed

  • Effect of steam-processing of the Panax ginseng root on its inducible activity on granulocyte-colony stimulating factor secretion in intestinal epithelial cells in vitro.

    Ding K, Tabuchi Y, Makino T

    Journal of ethnopharmacology     114927   2022年04月

    共著

    DOI PubMed

  • Hydroxylated benzo[c]phenanthrene metabolites cause osteoblast apoptosis and skeletal abnormalities in fish.

    Suzuki N, Honda M, Sato M, Yoshitake S, Kawabe K, Tabuchi Y, Omote T, Sekiguchi T, Furusawa Y, Toriba A, Tang N, Shimasaki Y, Nagato EG, Zhang L, Srivastav AK, Amornsakun T, Kitani Y, Matsubara H, Yazawa T, Hirayama J, Hattori A, Oshima Y, Hayakawa K

    Ecotoxicology and environmental safety   234   113401   2022年04月

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 酸化ストレスと細胞内シグナル伝達

    近藤 隆,田渕圭章,櫻井宏明 (担当: 共著 )

    「酸化ストレスの医学」吉川敏一監修, 診断と治療社  2008年08月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 超音波による細胞機能制御に関するmiRNAの役割解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2020年04月  -  2023年03月 

  • 超音波による細胞分化・増殖制御:エピゲノムの役割解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月 

  • がん幹細胞のレドックス制御に基づいた放射線増感治療法の創成

    基盤研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • エピジェネティクスを介した超音波による細胞の分化制御

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

     

  • 環境化学物質の複合影響による細胞ストレス保護システムの異常と疾患との関連性の検証

    基盤研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2016年03月 

     

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    2020年09月

    分子生物薬科学特論  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年04月
    -
    2020年09月

    薬物治療学特論  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年04月
    -
    2020年09月

    遺伝子応用分析学特論(講義)  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年04月
    -
    2020年09月

    生物系実習(衛生化学)  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2019年04月
    -
    2019年09月

    生物系実習(衛生化学)  (2019年度)  兼担・兼任

全件表示 >>