横山 悟 (ヨコヤマ サトル)

YOKOYAMA Satoru

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

分子生物学、腫瘍生物学

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 A novel recurrent mutation in MITF predisposes to familial and sporadic melanoma.   2011年

    【論文】 SOX10 regulates melanoma immunogenicity through an IRF4-IRF1 axis.  2021年11月

    【論文】 BCL2A1 is a lineage-specific antiapoptotic melanoma oncogene that confers resistance to BRAF inhibition, Proc.  2013年

    【論文】 Rational combination therapy for melanoma with dinaciclib by targeting BAK-dependent cell death.  2019年11月

    【論文】 Pharmacologic suppression of MITF expression via HDAC inhibitors in the melanocyte lineage.  2008年08月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2006年03月 -  博士(医学)  東北大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   薬学・和漢系   准教授  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   薬学部   薬学科   准教授  

  • 2019年01月
    -
    2019年09月

    富山大学   大学院医学薬学研究部   東西統合医療学域   臨床薬科学系   准教授  

  • 2019年01月
    -
    2019年09月

    富山大学   薬学部   薬学科   准教授  

  • 2011年04月
    -
    2018年12月

    富山大学   和漢医薬学総合研究所   助教  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍生物学

  • 分子生物学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 悪性腫瘍は現在日本において死因の第一位であり,その生存率を低下させている
    原因が[転移]である.特に悪性黒色腫は日本でも増加傾向にある腫瘍であり,また転移能の高い腫瘍として知られている.私はこれまでに悪性黒色腫特異的がん遺伝子である転写因子MITFを薬剤標的とすることを目的に,MITFの機能解析を主に行なってきた.今後も腫瘍における転写因子の機能解析を行い,がん転移の制圧に向けた研究を進めていく予定である.

論文 【 表示 / 非表示

  • SOX10 regulates melanoma immunogenicity through an IRF4-IRF1 axis.

    Yokoyama S, Takahashi A, Kikuchi R, Nishibu S, Lo JA, Hejna M, Moon WM, Kato S, Zhou Y, Hodi FS, Song JS, Sakurai H, Fisher DE, Hayakawa Y

    Cancer research     2021年11月

    共著

    DOI PubMed

  • Synthetic E-guggulsterone derivative GSD-1 inhibits NF-κB signaling and suppresses the metastatic potential of breast cancer cells.

    Abdellatef AA, Zhou Y, Yamada A, Elmekkawy SA, Kohyama A, Yokoyama S, Meselhy MR, Matsuya Y, Sakurai H, Hayakawa Y

    Biomedicine & pharmacotherapy = Biomedecine & pharmacotherapie   140   111737   2021年05月

    共著

    DOI PubMed

  • Anti-inflammatory effects of Morus alba Linne bark on the activation of toll-like receptors and imiquimod-induced ear edema in mice.

    Umeyama L, Hardianti B, Kasahara S, Dibwe DF, Awale S, Yokoyama S, Hayakawa Y

    BMC complementary medicine and therapies   21 ( 1 ) 115   2021年04月

    共著

    DOI PubMed

  • Temozolomide Induces Endocytosis of EGFRvIII via p38-Mediated Non-canonical Phosphorylation in Glioblastoma Cells.

    Haryuni RD, Tanaka T, Takahashi JI, Onuma I, Zhou Y, Yokoyama S, Sakurai H

    Biological & pharmaceutical bulletin   44 ( 11 ) 1681 - 1687   2021年

    共著

    DOI PubMed

  • Anti‑inflammatory compounds moracin O and P from Morus alba Linn. (Sohakuhi) target the NF‑κB pathway.

    Hardianti B, Umeyama L, Li F, Yokoyama S, Hayakawa Y

    Molecular medicine reports   22 ( 6 ) 5385 - 5391   2020年12月

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 皮膚悪性腫瘍(第2版)上

    横山 悟 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: メラノーマにおける受容体型チロシンキナーゼ:KIT )

    日本臨床社  2021年05月

  • Transcriptional Regulation in melanoma, Melanoma Development -Molecular Biology, Genetics and Clinical Application. 2nd Edition, pp95-117.

    Yokoyama S. and Fisher D.E. (担当: その他 )

    -  2017年

  • 第5章第2節 「がん転移の最新メカニズム、創薬への応用」、動物/疾患モデルの作製技術・病態解析・評価方法

    横山悟、早川芳弘 (担当: その他 )

    -  2017年

  • Chapter 5. Transcriptional Regulation in Melanoma. Melanoma Development. (Ed.)

    Yokoyama S. and Fisher D.E. (担当: その他 )

    -  2011年

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Current Topics:ゲノムシークエンスによる家族性メラノーマの新規遺伝子変異の発見、悪性黒色腫への治療応用・予防をめざして

    横山 悟

    実験医学 ( - )  30   1435 - 1438   2012年

    総説・解説(学術雑誌)   単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 悪性黒色腫におけるがん遺伝子とがん抑制遺伝子からみる表現型の差異

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月 

  • 悪性黒色腫の新規治療法を目指した転写因子SOX10の機能解析

    若手研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月 

     

  • 遺伝子発現解析で漢方理論を科学する

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • 新規に同定された変異型MITFは、がん特異的機能を有しているのか?

    若手研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

     

  • 漢方薬の作用機序を探る

    萌芽研究

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

     

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Anti-melanoma effect of CDK inhibitor and its combination strategy with BRAF inhibition

    The 77th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association  2018年09月  -  2018年09月   

  • COPS5はSNAILの脱ユビキチン化を介して、がん転移を制御する

    第27回日本がん転移学会  2018年07月  -  2018年07月   

  • Anti-inflammatory effect of Morus alba L. bark to suppresses Toll-like receptor activation in RAW264.7 macrophages

    The 5th Annual Meeting of the International Cytokine and Interferon Society (ICIS2017)  2017年10月  -  2017年10月   

  • オウレンはBAX / BAK の活性化によるアポトーシスを誘導し,悪性黒色腫の成長を阻害する

    The 76th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association  2017年09月  -  2017年09月   

  • Toll 様受容体を介した炎症性シグナルに対する桑白皮の作用

    第34回和漢医薬学会総会  2017年08月  -  2017年08月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    先端分子薬学  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    衛生薬学Ⅲ  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    衛生科学Ⅱ(旧カリ)  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年04月
    -
    2019年09月

    分子生物薬科学特論  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年04月
    -
    2019年09月

    薬物治療学特論  (2019年度)  兼担・兼任

全件表示 >>