藤井 拓人 (フジイ タクト)

FUJII Takuto

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

生理学, 膜輸送, トランスポーター, イオンチャネル

ホームページ

http://www.pha.u-toyama.ac.jp/phaphy1/index-j.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2009年03月 -  博士(薬学)  富山大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   薬学・和漢系   助教  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   薬学部   薬学科   助教  

  • 2009年09月
    -
    2019年09月

    富山大学   大学院医学薬学研究部   先端生命医療学域   展開ゲノム薬学系   助教  

  • 2009年09月
    -
    2019年09月

    富山大学   薬学部   薬学科   助教  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生理学一般

  • 細胞生物学

  • 生物系薬学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Inhibition of gastric H+,K+-ATPase by new dihydropyrazole derivative KYY-008.

    Fujii T, Sugimoto K, Noda T, Shimizu T, Matsuya Y, Sakai H.

    Biochem Biophys Res Commun.     2021年06月

    共著

    DOI

  • Survival of detached cancer cells is regulated by movement of intracellular Na+,K+-ATPase.

    Fujii T, Shimizu T, Katoh M, Nagamori S, Koizumi K, Fukuoka J, Tabuchi Y, Sawaguchi A, Okumura T, Shibuya K, Fujii T, Takeshima H, Sakai H.

    iScience     2021年04月

    共著

  • The Relationship Between Actin Cytoskeleton and Membrane Transporters in Cisplatin Resistance of Cancer Cells.

    Shimizu T, Fujii T, Sakai H.

    Front Cell Dev Biol.     2020年10月

    共著

    DOI

  • Pathophysiological properties of CLIC3 chloride channel in human gastric cancer cells.

    Kawai S, Fujii T, Shimizu T, Sukegawa K, Hashimoto I, Okumura T, Nagata T, Sakai H, Fujii T.

    J Physiol Sci.     2020年02月

    共著

    DOI

  • Impaired actin filaments decrease cisplatin sensitivity via dysfunction of volume-sensitive Cl- channels in human epidermoid carcinoma cells.

    Shimizu T, Fujii T, Ohtake H, Tomii T, Takahashi R, Kawashima K, Sakai H.

    J Cell Physiol.     2020年

    共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 新規カリウム汲み出しポンプによる小胞体カルシウムシグナリング制御機構の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2020年04月  -  2023年03月 

  • パーキンソン病関連カチオンポンプATP13A2の機能解明による創薬基盤の構築

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月 

  • 受容体型ナトリウムポンプとVSORチャネルを起点とする新規抗癌メカニズムの解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

     

  • カチオンポンプによる核貪食性細胞死の誘導メカニズムと病態生理機能の解明

    若手研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月 

    ヒトATP13A4が誘導するヌクレオファジーの分子メカニズムおよび病態生理機能を明らかにすることを目的として研究を遂行した。ヒトATP13A4は、イオン輸送機能を持たず、N末領域が関与する機能によりヌクレオファジーを誘導することを見出した。他方、マウスATP13A4は、カチオン輸送機能を有しており、ヌクレオファジーを誘導しなかった。また、DNAマイクロアレイおよびプロテオミクスを用いた網羅的解析において、ヒトATP13A4により誘導されるヌクレオファジーの関連候補分子を同定した。特に、ヒトATP13A4発現細胞において、タンパク質分解やストレス応答に関与するタンパク質の発現が亢進していた。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    医療系実習(生物物理化学・製剤学)  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    医療系実習(生物物理化学・製剤学)  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    医療系実習(生物物理化学・製剤学)  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2016年10月
    -
    2017年03月

    医療系実習(生物物理化学・製剤学)  (2016年度)  兼担・兼任

  • 2015年10月
    -
    2016年03月

    医療系実習(生物物理化学・製剤学)  (2015年度)  兼担・兼任

全件表示 >>