徳橋 曜 (トクハシ ヨウ)

TOKUHASHI Yo

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

西洋史学, 中近世イタリア

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1979年04月
    -
    1983年03月

    東京都立大学   人文学部   人文学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1985年04月
    -
    1992年03月

    東京都立大学  人文科学研究科  史学専攻  博士課程  単位取得満期退学

  • 1983年04月
    -
    1985年03月

    東京都立大学  人文科学研究科  史学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1985年03月 -  文学修士  東京都立大学

  • 1983年03月 -  文学士  東京都立大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中

    富山大学   人間発達科学部   附属学校   人間発達科学部附属幼稚園長  

  • 2007年10月
    -
    継続中

    富山大学   人間発達科学部   人間環境システム学科   教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2013年12月
    -
    継続中
     

    都市史学会

  • 2009年06月
    -
    継続中
     

    西洋中世学会

  • 2006年06月
    -
    継続中
     

    日本公証法学会

  • 2005年08月
    -
    継続中
     

    イタリア近現代史研究会

  • 2000年02月
    -
    継続中
     

    歴史学研究会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパ史・アメリカ史

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 中学校教諭1種免許

  • 高等学校教諭2種免許

  • 高等学校教諭免許(専修・1種)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 近世ヴェネツィアにおける環境政策と公共意識

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2013年04月  -  継続中

  • 東アジア共生の参照軸としての近世ヴェネツィアの環境政策のあり方

    学術研究支援事業  

    研究期間: 2010年04月  -  2013年03月

  • 中世イタリア地方領域国家の法的多元性と運用実態

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2008年04月  -  2012年03月

  • 中世イタリアの地方領域国家の行政とネットワーク形成の実態に関する多面的追究

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2004年04月  -  2008年03月

  • 中世末期イタリア都市国家の領域支配の実態と地方的アイデンティティ形成に関する研究

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2003年04月  -  2007年03月

全件表示 >>

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 14,15世紀のフィレンツェを中心に中世イタリア都市社会のソシアビリテや人脈形成を研究してきた.また,都市が一種の領域国家化していく中で,領域支配の性格をどう捉えるべきなのかを考察し,特に近年は,それを支配する側ではなく支配される側から検証する作業を続けている.他方,環境と景観に関わる書籍を編集したことを契機に,中近世の環境意識や環境政策に関心を持つようになり,現在は近世ヴェネツィアの水管理をめぐる政策と環境意識を,環境の公共性をキーワードにしながら検討している.

論文 【 表示 / 非表示

  • 中世末期イタリアの地方領域国家と地域エリート―比較史の観点から地域のあり方を考える―

    徳橋曜

    中国宋代の地域像―比較史からみた専制国家と地域―(伊原弘・市來津由彦・須江隆編)、岩田書院     371 - 404   2013年08月

    単著

  • 近世ヴェネツィアの水環境をめぐって―公共財としての環境―

    徳橋曜

    環境の視点からみた共生(垣田直樹,中村和之、安本史恵編)、CEAKS     248 - 267   2013年03月

    単著

  • 15世紀フィレンツェ共和国の領域支配意識―1409年の都市条例案から―

    徳橋 曜

    富山大学人間発達科学部紀要   5巻 ( 2号 ) 123 - 138   2011年03月

    単著

  • 近世ヴェネツィアの環境政策への目―東アジアの参照軸として―

    徳橋 曜

    富山大学 東アジア「共生」学創成の学術的融合研究 地球環境危機チーム中間報告書2010年度     78 - 85   2011年03月

    単著

  • 史料解釈と環境意識の「発見」をめぐって—中世イタリア都市の場合—

    徳橋 曜

    勉誠出版     82 - 89   2010年09月

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 15のテーマで学ぶ中世ヨーロッパ史

    堀越宏一、甚野尚志編著 (担当: 共著 , 担当範囲: 第8章 都市という環境 )

    ミネルヴァ書房  2013年01月

  • 国際政治モノ語り

    佐藤幸男編 (担当: 共著 , 担当範囲: 第19章 歴史学のグローバル化 )

    法律文化社  2011年07月

  • 家族論

    レオン・バッティスタ・アルベルティ、徳橋曜、池上俊一 (担当: 共著 , 担当範囲: 「登場人物紹介」・「プロローグ」・「第一書」・「第二書」・解説の計237頁分を担当 )

    講談社  2010年07月

  • 朝倉世界地理講座7地中海ヨーロッパ

    竹中克行・山辺規子・周藤芳幸 (担当: 共著 , 担当範囲: 3.9 フィレンツェ―ルネサンスの都―、5.2 島の生活 のうち「サルデーニャ」、「シチリア」、「クレタ」 )

    朝倉書店  2010年02月

  • イタリア中世都市史入門

    齊藤寛海、山辺規子、藤内哲也編 (担当: 共著 , 担当範囲: 第2章 都市の景観と環境 )

    昭和堂  2008年07月

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 近世ヴェネツィアにおける環境政策と公共意識

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  継続中 

    公共財としての環境の捉え方を再考することを目的としながら、公共性・公共意識の観点から、近世ヴェネツィアの環境政策を検証し、その背後にある環境意識を探る。

  • 中世イタリア地方領域国家の法的多元性と運用実態

    基盤研究(C)

    研究期間:  2008年04月  -  2012年03月 

    14世紀末から15世紀のフィレンツェ共和国の支配領域の法的多元性を容認する法的・行政的システムと支配の実態とを分析し、フィレンツェが従属都市に法的自律性を認めつつ、領域支配の実質的集権化を試みる一方、従属都市がフィレンツェのエリート層とのパトロネジを活用して、自分達の権利や利益を守ろうとしていたことを明らかにした。

  • 中世イタリアの地方領域国家とネットワーク形成の実態に関する多面的研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2004年04月  -  2008年03月 

    中世イタリアの地方領域国家における人的ネットワークの実態について、フィレンツェの行政史料と、その領域に組み込まれたトスカーナ地方諸都市の史料から、フィレンツェ共和国の領域形成とそこに展開する人的ネットワークを検証した。

  • 14、15世紀のフィレンツェにおける、地域社会の人的ネットワーク(奨励研究(A))

    奨励研究(A)

    研究期間:  1993年04月  -  1994年03月 

    フィレンツェ都市社会の人的ネットワークの実態の一端を史料から検証した。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 書籍と文化―結節点としての書籍商(シンポジウム「中世とルネサンス」)

    西洋中世学会第4回大会  (慶応義塾大学)  2012年06月  -  2012年06月   

  • 15世紀のフィレンツェ共和国の領域支配と従属都市

    イタリア近現代史研究会  (早稲田大学)  2011年11月  -  2011年11月   

  • A Regional State and Cities in the Medieval Italy: Domination and the elite of the Republic of Florence (Problems about the concept of “region” from the perspective of comparative history)

    第56回国際東方学者会議シンポジウム「中国宋代における『地域』像-中央集権的文臣官僚支配国家下における『地域』史研究-」  (日本教育会館)  2011年05月  -  2011年05月   

  • 商人の世界・政治の世界―中世イタリア商人の商業活動と政治

    第76回公共哲学京都フォーラム  (リーガロイヤルホテル大阪)  2007年09月  -  2007年09月   

  • 中世イタリアにおける公証人の社会的位置づけ

    日本公証法学会第36回大会  (桃山学院大学)  2006年06月  -  2006年06月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    西欧社会史特論演習  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    特別研究  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    外国史演習  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    社会  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

    ゼミナール(環境社会デザイン)  (2018年度)  専任

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2016年03月
      人間発達科学部附属幼稚園園長   ()

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2014年05月
    -
    2015年06月

    日本西洋史学会   第65回大会実行委員長

  • 2009年04月
    -
    継続中

    西洋中世学会   常任委員

  • 2008年04月
    -
    継続中

    イタリア学会   幹事

  • 2001年08月
    -
    継続中

    北陸都市史学会   幹事

  • 1997年10月
    -
    継続中

    イタリア学会   評議員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパ食文化を体験する

    2013年10月
    -
    2013年11月

    日本人の生活にはさまざまな形でヨーロッパの食文化が入り込んでいますが、そのヨーロッパの食文化もヨーロッパ内部で完結しているわけではありません。当講座では、食を単なる栄養摂取や嗜好ではなく、文化として多面的に捉えるために、頭と舌で食文化を体験します。食を通じて西洋の文化を理解するとともに、日本を含めた世界諸地域の食のつながりに目を向けてもらえればと思います。

  • 富山県立富山中部高等学校探求科学科助言指導

    2013年04月
    -
    継続中

    探求科学科の人文社会分野の研究活動について助言指導を行う。

  • ヨーロッパの食文化を“ 味わう”part.2

    2012年10月
    -
    2012年11月

    現代の日本人の生活には、さまざまな形で西洋の食文化が入り込んでいる。当講座では、食を単なる栄養摂取や嗜好ではなく、文化として多面的に捉えることで、西洋の文化を理解するとともに、食を通じた世界の諸地域のつながりに目を向けるべく、頭と舌で食文化を「味わう」ことを目的とする。

  • 富山県立高岡高等学校探求科学科の助言指導

    2012年04月
    -
    2013年03月

    探求科学科の研究活動について助言指導を行った

  • 富山市民大学

    1994年04月
    -
    継続中

    年間10回の「世界の歴史」を担当している。