波多 宣子 (ハタ ノリコ)

HATA Noriko

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

環境分析化学 分離化学

ホームページ

http://www.sci.u-toyama.ac.jp/env/keisoku1/index.html

プロフィール

准教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2006年09月 -  博士(理学)  富山大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   環境・エネルギー学域   地球環境システム学系   准教授  

  • 2008年04月
    -
    継続中

    富山大学   理学部   生物圏環境科学科   准教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 分析化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Micro-organic Ion-associate Phase Extraction/micro-volume Back-extraction for the Preconcentration and GF-AAS Determination of Cadmium, Nickel and Lead in Environmental Water.

    Mushahida-Al-Noor S, Murashima R, Okazaki T, Taguchi S, Kuramitz H, Hata N

    Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry   34 ( 12 ) 1445 - 1448   2018年12月

    共著

    DOI PubMed

  • Formation of a Liquid Organic Ion Associate in Aqueous Solution and Its Application to the GF-AAS Determination of Trace Cadmium in Environmental Water as a Complex with 2-(5-Bromo-2-pyridylazo)-5-(N-propyl-N-sulfopropylamino)phenol

    Hata, N., Hieda, S., Yamada, M., Yasui, R., Kuramitz, H., and Taguchi, S.,

    Analytical Sciences   24 ( 7 ) 925 - 928   2008年07月

    共著

  • A simple and rapid method for simultaneous preconcentration of eight trace-heavy-metals in water using 1-(2-pyridylazo)-2-naphthol and yttrium for X-ray fluorescence spectrometry

    Shigeru Taguchi, Miyabi Asaoka, Eiko Hirokami, Noriko Hata, Hideki Kuramitz, Takanori Kawakami and Ryuta Miyatake

    Analytical Methods ( Royal Society of Chemistry )  7   6545 - 6551   2015年07月

    共著

    DOI

  • Effects of forest fire on the properties of soil and humic substances extracted from forest soil in Gunma, Japan.

    Sazawa K, Yoshida H, Okusu K, Hata N, Kuramitz H

    Environmental science and pollution research international   25 ( 30 ) 30325 - 30338   2018年10月

    共著

    DOI PubMed

  • Simultaneous Multiselective Spectroelectrochemical Fiber-Optic Sensor: Sensing with an Optically Transparent Electrode.

    Okazaki T, Shiokawa E, Orii T, Yamamoto T, Hata N, Taguchi A, Sugawara K, Kuramitz H

    Analytical chemistry   90 ( 4 ) 2440 - 2445   2018年02月

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 増補改訂 自然と経済から見つめる北東アジアの環境(共著)

    波多宣子, 倉光英樹, 田口茂, 佐澤和人, 分担執筆,和田直也・今村弘子編 (担当: 共著 , 担当範囲: 第11章 水環境の汚染,p. 210-229 )

    富山大学出版会  2018年09月

  • 基礎分析化学(共著)

    小熊 幸一, 酒井 忠雄, 石田 康行, 井村 久則, 梅村 知也, 大堺 利行, 北川 慎也, 椎木 弘, 手嶋 紀雄, 長岡 勉, 波多 宣子, 平山 直紀 (担当: その他 )

    朝倉書店  2015年03月

  • 自然と経済から見つめる北東アジアの環境 (共著)

    波多宣子,倉光英樹,田口 茂,分担執筆,和田直也・今村弘子編 (担当: 共著 , 担当範囲: 第11章 水環境の汚染,p. 201-221 )

    富山大学出版会  2009年03月

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 有機イオン会合体相その場生成/マイクロ液相抽出法の基礎的研究と環境分析への応用

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • ホルムアルデヒドによる広域および地域の大気汚染の実態と機構

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2018年03月 

     

  • 水相から生成させる有機イオン会合体への化学成分の分配挙動と環境分析への応用

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

    (1) 有機イオン会合体の抽出能と化学成分の分配挙動-ベンゼトニウムイオンとエチルベンゼンスルホン酸イオンからなるイオン会合体相(IAP)のほうが抽出能が大きく,オクタノールの抽出能とほぼ同程度だった。IAPの生成条件についても検討した。フタル酸エステル類の水-底質間の分配挙動に及ぼす塩析の影響について研究した。(2) 微量成分分析への応用-水中のリチウムの有機イオン会合体相抽出/酸逆抽出システムを開発した。有機イオン会合体抽出多元素濃縮/液体電極プラズマ発光分析法による水中 の微量重金属の同時定量法を開発した。水中の多環芳香族炭化水素および水田農薬の高濃縮分離/HPLC定量に応用した。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 淡水, 汽水, 海水に適用可能なアンモニア性窒素のイオン会合体相抽出/吸光光度定量法の開発

    平成30年度日本化学会北陸地区講演会と研究発表会  (富山大学五福キャンパス)  2018年11月  -  2018年11月   

  • 自発的相分離を利用した河川水中のCu2+, Ni2+の濃縮/吸光光度定量

    平成30年度日本化学会北陸地区講演会と研究発表会  (富山大学五福キャンパス)  2018年11月  -  2018年11月   

  • 有機イオン会合体の自発的相分離を利用したホルムアルデヒド濃縮定量法の開発と雨水への応用

    平成30年度日本化学会北陸地区講演会と研究発表会  (富山大学五福キャンパス)  2018年11月  -  2018年11月   

  • 水相から生成する有機イオン会合体における化学物質の抽出挙動

    第37回溶媒抽出討論会  (同志社大学今出川校地烏丸キャンパス)  2018年11月  -  2018年11月   

  • In situ Micro Organic Ion Associate Phase Formation for Preconcentration and GF-AAS Determination of Trace Heavy Metals in Environmental Water  

    RSC Tokyo International Conference 2017, Analytical Science & Technology for Global Sustainability, International Conference Session, JASIS Conference  (幕張メッセ国際会議場)  2017年09月  -  2017年09月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    分離化学特論  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    生物圏環境科学特別研究  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    ゼミナール  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    生物圏環境科学特別実験  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    生物圏環境科学実験Ⅳ  (2018年度)  兼担・兼任

全件表示 >>