波多野 雄治 (ハタノ ユウジ)

HATANO Yuji

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

核融合工学、水素エネルギー、材料工学、トリチウム科学

ホームページ

http://www.hrc.u-toyama.ac.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1985年04月
    -
    1989年03月

    九州大学   工学部   応用原子核工学科   卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1997年12月 -  博士(工学)  九州大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   理学系   教授  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   研究推進機構   水素同位体科学研究センター   教授  

  • 2005年10月
    -
    2019年09月

    富山大学   研究推進機構   水素同位体科学研究センター   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1989年07月
    -
    1998年03月

      九州大学   工学部応用原子核工学科   助手

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1992年02月
    -
    継続中
     

    プラズマ・核融合学会

  • 1989年09月
    -
    継続中
     

    日本原子力学会

  • 1990年04月
    -
    継続中
     

    日本金属学会

  • 1998年05月
    -
    継続中
     

    日本アイソトープ協会

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    日本鉄鋼協会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 核融合学

  • 構造材料、機能材料

  • 原子力学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 放射線取扱主任者(第1~2種)

  • エックス線作業主任者

  • ガンマ線透過写真撮影作業主任者

  • 衛生管理者(第1種)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Tritium distribution analysis of Be limiter tiles from JET-ITER like wall campaigns using imaging plate technique and β-ray induced X-ray spectrometry

    S. E. Lee, Y. Hatano, M. Hara, S. Masuzaki, M. Tokitani, M. Oyaizu, H. Kurotaki, D. Hamaguchi, H. Nakamura, N. Asakura, Y. Oya, J. Likonen, A. Widdowson, S. Jachmich, K. Helariutta, M. Rubel

    Fusion Engineering and Design   160   2020年11月

    共著

    DOI

  • Gamma-ray irradiation effect on deuterium retention in reduced activation ferritic/martensitic steel and ceramic coatings

    Shota Nakazawa, Kazuki Nakamura, Hikari Fujita, Hans Maier, Thomas Schwarz-Selinger, Yuji Hatano, Naoko Ashikawa, Wataru Inami, Yoshimasa Kawata, Takumi Chikada

    Journal of Nuclear Materials   539   2020年10月

    共著

    DOI

  • D retention and depth profile behavior for single crystal tungsten with high temperature neutron irradiation

    Y. Oya, F. Sun, Y. Yamauchi, Y. Nobuta, M. Shimada, C. N. Taylor, W. R. Wampler, M. Nakata, L. M. Garrison, Y. Hatano

    Journal of Nuclear Materials   539   2020年10月

    共著

    DOI

  • Deuterium release from deuterium plasma-exposed neutron-irradiated and non-neutron-irradiated tungsten samples during annealing

    V. Kh Alimov, Y. Hatano, T. Kuwabara, T. Toyama, Y. Someya, A. V. Spitsyn

    Nuclear Fusion   60 ( 9 )   2020年09月

    共著

    DOI

  • Hydrogen isotope exchange in tungsten during heating in hydrogen isotope gas atmosphere

    Yuji Nobuta, Yuji Hatano, Sun Eui Lee, Masato Nakayama

    Fusion Engineering and Design   157   2020年08月

    共著

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • アクティブラーニングで学ぶ震災・復興学

    波多野 雄治 (担当: 共著 , 担当範囲: 第6章 原子力発電の仕組みと福島第一原子力発電所事故 )

    六花出版  2020年

  • 核融合炉燃料(共著)(市村憲司編 水素の物性・反応の機能性化と応用)

    波多野 雄治 (担当: 共著 )

    アイピーシー  2001年

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 中性子照射W系核融合炉プラズマ対向材料中の空孔型欠陥濃度と水素同位体蓄積の制御

    基盤研究(A)

    研究期間:  2018年04月  -  2022年03月 

  • JET-ITER Like Wallタイルのトリチウム分布測定

    基盤研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  2018年03月 

     

  • プラズマ・壁相互作用研究ツールとしてのグロー放電発光分析の高度化

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

    核融合実験装置のプラズマ対向壁表面に形成される堆積層中の水素同位体挙動と、それに及ぼすHeの影響を明らかにすることは、プラズマの安定制御とトリチウム滞留量低減の観点から重要である。グロー放電発光分析法(GDOES)は固体試料表面近傍の元素の深さ方向分布を高分解能で迅速に測定でき、大面積を有するプラズマ対向壁上の水素同位体挙動の調査に最適な手法である。本研究ではGDOESをプラズマ・壁相互作用研究に応用するため、(1)水素同位体の分離測定、(2)水素同位体の定量測定、(3)Heの測定に必要な技術の開発と、炭素-水素同位体共堆積層のスパッタ速度の水素同位体濃度依存性の解明に取り組んだ。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Isotope Effects on Hydrogen Retention, Trapping and Permeation in Copper-Based Materials

    The 19th International Conference on Fusion Reactor Materials  2019年10月  -  2019年10月   

  • Overview of Japan-US Project PHENIX: Technological Assessment of He-Cooled Divertor with Tungsten for DEMO Reactors

    The 14th International Symposium on Fusion Nuclear Technology  2019年09月  -  2019年09月   

  • Retention and Transport of Tritium and Hydrogen Isotopes in Fusion Reactor Materials

    The 12th International Conference on Tritium Science and Technology  2019年04月  -  2019年04月   

  • Hydrogen Isotope Retention and Transport in Neutron-Irradiated Tungsten

    TRANSAT Tritium School  2019年03月  -  2019年03月   

  • Hydrogen Isotope Retention and Permeation in Cu Alloys and Isotope Effects

    The 12th Japan-China Symposium on Materials for Advanced Energy Systems and Fission & Fusion Engineering  2018年09月  -  2018年09月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    核融合プラズマ理工学  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    化学特別研究  (2020年度)  専任

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    ゼミナール  (2020年度)  専任

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    放射線基礎学  (2020年度)  専任

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

    最先端化学特論  (2020年度)  兼担・兼任

全件表示 >>