堀田 裕弘 (ホリタ ユウコウ)

HORITA Yuukou

写真a

職名

教授

生年

1962年01月

研究分野・キーワード

画質・映像評価、ITS、生体情報計測(NIRS, EEG)、バスナビゲーションシステム

研究室電話

076-445-6758

ホームページ

http://mict.eng.u-toyama.ac.jp/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1993年09月 -  博士(工学)  長岡技術科学大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   都市デザイン学系   教授  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   都市デザイン学部   都市・交通デザイン学科   教授  

  • 2018年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   都市デザイン学部   都市・交通デザイン学科   教授  

  • 2013年04月
    -
    2017年03月

    富山大学   大学院理工学教育部   部長(学部長含む)  

  • 2013年04月
    -
    2017年03月

    富山大学   工学部   部長(学部長含む)  

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • マルチメディア・データベース

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A Study of Stereoscopic Image Quality Assessment Model Corresponding toDisparate Quality of Left/Right Image for JPEG Coding

    Sato Masaharu , Horita Yuukou

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS ANDCOMPUTER SCIENCES   E95A ( 8 ) 1264 - 1269   2012年08月

    共著

    DOI

  • Reduced-Reference Objective Quality Assessment Model of Coded VideoSequences Based on the MPEG-7 Descriptor

    Sato Masaharu , Horita Yuukou

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS ANDCOMPUTER SCIENCES   E95A ( 8 ) 1259 - 1263   2012年08月

    共著

    DOI

  • スマートフォンを用いた路面電車の位置情報配信システムの構築(コンシューマ機器および一般)

    藤田 邦光 , 加藤 匡也 , 古金 達也 , 柴田 啓司 , 堀田 裕弘

    映像情報メディア学会技術報告   36 ( 7 ) 25 - 27   2012年

    共著

  • クラスタ構造化されたWeb画像群を用いた画質改善 (イメージ・メディア・クオリティ)

    上田 敦史 , 稲積 泰宏 , 堀田 裕弘

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112 ( 40 ) 9 - 12   2012年

    共著

  • エッジの強さを考慮したインペインティングを用いた超解像処理 (イメージ・メディア・クオリティ)

    青嶋 大地 , 稲積 泰宏 , 堀田 裕弘

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112 ( 40 ) 5 - 8   2012年

    共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 脳機能・生理的計測による高精細映像の革新的QoE分析・評価システムの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2021年03月 

  • 脳機能・生体情報統合による4KTVのユーザ体感品質測定とスマートTVへの応用

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

     

  • 脳機能計測と生体計測の情報統合による多視点裸眼3DTVのユーザ体感品質測定

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

    画質評価で主に用いられるアンケートによる主観評価実験に代わる手法として,生体情報NIRSによって得られる脳血行動態に着目し,動画像を観察した被験者の脳血行動態と画質との関連性の検証を行った.結果,無圧縮動画像と高圧縮動画像には有意な差があり,動画像の品質の違いにより主観品質と脳血行動態には関連性があった.符号化劣化の知覚による表情筋の変化を測定する実験では,画質が変化した場合,目の周囲の筋活動の増加が観察され,その筋活動から画質の変化が推定可能なことを示した.印象の強い画像で行った結果,画質による表情筋の筋電図の変化は測定できなかったが,表情の左側優位の傾向や快・不快の感情は測定できた.

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    メディア情報通信特論第1  (2019年度)  専任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    工学概論/土木・建築  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年04月
    -
    2019年09月

    画像通信特論  (2019年度)  専任

  • 2019年04月
    -
    2019年09月

    画像処理工学  (2019年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    知的システム  (2018年度)  専任

全件表示 >>