門脇 真 (カドワキ マコト)

KADOWAKI Makoto

写真a

職名

教授

生年

1954年09月

研究室住所

〒930-0194 富山市杉谷2630

研究分野・キーワード

消化管病態生理学、消化管薬理学

研究室電話

076-434-7641

研究室FAX

076-434-5066

ホームページ

http://www.inm.u-toyama.ac.jp/ens/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1978年04月
    -
    1982年03月

    静岡県立静岡薬科大学   薬学部   製薬学科   卒業

  • 1974年04月
    -
    1978年03月

    慶應義塾大学   工学部   中退

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1982年04月
    -
    1987年03月

    静岡県立静岡薬科大学  薬学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1987年03月 -  薬学博士  静岡県立静岡薬科大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年10月
    -
    継続中

    富山大学   和漢医薬学総合研究所   教授  

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

    富山大学   和漢医薬学総合研究所   所長  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2009年09月
    -
    継続中
     

    日本神経消化器病学会

  • 2007年12月
    -
    継続中
     

    日本免疫学会

  • 2007年11月
    -
    継続中
     

    日本アレルギー学会

  • 2007年07月
    -
    継続中
     

    日本消化器免疫学会

  • 2004年08月
    -
    継続中
     

    和漢医薬学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物系薬学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 腸管免疫性疾患の病因及び病態形成機序を分子レベル及び生体レベルで解明し,それに基づき和漢薬を含めた新規治療薬の創出に繋がる研究を行うことを目指している.1. 潰瘍性大腸炎及び大腸炎関連発がんの病因及び病態形成機序の解明
    2. 食物アレルギーの病因及び病態形成機序の解明
    3. 粘膜型マスト細胞や樹状細胞の病態生理学的役割とその活性化制御機構の解明
    4. 腸管粘膜免疫系および腸管免疫性疾患と自律神経系のクロストークの解明
    5. 腸管免疫性疾患におけるコリン性抗炎症・免疫機構の解明
    6. 腸管免疫性疾患における経口免疫寛容機構の病態生理学的役割の解明
    7. 腸管免疫性疾患の病因及び病態形成機序に基づく和漢薬からの創薬研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Anti-allergic role of cholinergic neuronal pathway via α7 nicotinic ACh receptors on mucosal mast cells in a murine food allergy model.

    Yamamoto T., Kodama T., Lee J., Utsunomiya N., Hayashi S., Sakamoto H., Kuramoto H., Kadowaki M.

    PLoS One     2014年

    共著

  • Isofraxidin, a potent reactive oxygen species (ROS) scavenger, protects human leukemia cells from radiation-induced apoptosis via ROS/mitochondria pathway in p53-independent manner.

    Li P., Zhao Q.L., Wu L.H., Jawaid .P, Jiao Y.F., Kadowaki M., Kondo T.

    Apoptosis     2014年

    共著

  • The molecular mechanisms and gene expression profiling for shikonin-induced apoptotic and necroptotic cell death in U937 cells.

    Piao J.L., Cui Z.G., Furusawa Y., Ahmed K., Rehman M.U., Tabuchi Y., Kadowaki M., Kondo T.

    Chemico-Biological Interactions     2013年

    共著

  • TRPM2 contributes to antigen-stimulated Ca(2+) influx in mucosal mast cells.

    Oda S., Uchida K., Wang X., Lee J., Shimada Y., Tominaga M., Kadowaki M.

    Pflügers Archiv - European Journal of Physiology     2013年

    共著

  • Morphological demonstration of a vagal inhibitory pathway to the lower esophageal sphincter via nitrergic neurons in the rat esophagus.

    Kuramoto H., Kadowaki M., Yoshida N.

    Neurogastroenterology and Motility     2013年

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 新しい薬学事典 粘膜免疫

    門脇真 (担当: 共編者 )

    朝倉書店  2012年

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • コリン作動性ネットワーク 腸管神経系

    林周作,李在敏,門脇真

    Clinical Neuroscience ( 中外医学社 )    2012年06月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 消化管における神経系と免疫系のクロストーク―“腸管イントラネット”という統合制御システム

    李在敏,門脇真

    医学のあゆみ ( 医歯薬出版株式会社 )    2011年09月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 食物アレルギーの動物モデル

    影山夏子,山本 武,門脇 真

    アレルギー・免疫 ( 医薬ジャーナル社 )    2006年10月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 抗ヘリコバクター・ピロリ剤

    特願 P2009-72162  特開 P2010-43061A 

    門脇真、サイイヤド ファイサル ハイダル ザイヂ、杉山敏郎

  • 注意欠陥多動性障害の動物モデル

    特願 P2006-177718  特開 P2008-5731A 

    東田千尋、門脇真

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 漢方薬成分のインシリコ標的タンパク質探索による漢方薬リポジショニング

    基盤研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月 

  • 漢方薬・大建中湯を応用した慢性大腸炎関連発癌に対する新規薬物治療戦略

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月 

     

  • 免疫修飾作用を有する漢方薬の樹状細胞機能に対する作用の解明と治療効果の科学的検証

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

     

  • 薬用資源植物の多様性を利用した伝統薬の永続的利用プログラムの構築

    基盤研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

     

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Pathophysiological role of CGRP-expressing intrinsic primary afferent neurons in a murine model of food allergy.

    国際自律神経科学会  2013年07月  -  2013年08月   

  • Induction of Foxp3+CD4+ Regulatory T Cells as a Novel Mechanism Underlying the Therapeutic Action of Kakkonto, a Traditional Japanese Herbal Medicine, in a Murine Food Allergy Model.

    国際粘膜免疫学会  2013年07月  -  2013年07月   

  • Activation of the Cholinergic Anti-Inflammatory Pathway Through Alpha-7 Nicotinic Acetylcholine Receptors Improves Symptoms in Murine Oxazolone-Induced Ulcerative Colitis by Inhibiting Migration of Plasmacytoid Dendritic Cells.

    米国消化器病学会  2013年05月  -  2013年05月   

  • Nicotine Suppresses Colonic Tumorigenesis Associated With Chronic Colitis in Mice Through the Inhibition of IL-6 and TNF-α Expression.

    米国消化器病学会  2013年05月  -  2013年05月   

  • Migration of plasmacytoid DC is inhibited though JAK2-caspase-3 pathway activated by α7 nicotinic acetylcholine receptors.

    キーストーン・シンポジウム  2013年03月  -  2013年03月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    基礎薬理学Ⅱ  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    国際医薬学特論  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    医薬品薬効動態学実習  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    国際医薬学特論  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    医薬品薬効動態学実習  (2018年度)  兼担・兼任

全件表示 >>