柚木 達也 (ユノキ タツヤ)

YUNOKI Tatsuya

写真a

職名

講師

研究分野・キーワード

眼科

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2002年03月 -  学士(医学)  富山医科薬科大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   医学系   講師  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   医学部   医学科   講師  

  • 2015年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   大学院医学薬学研究部   東西統合医療学域   東西統合医学系   講師  

  • 2015年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   医学部   医学科   講師  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 眼科学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • ヒートショックプロテイン(HSPs)はシャペロン機能を有し,様々なストレスに対して細胞保護因子として働いている.HSPsは,主にヒートショック転写因子1 (HSF1)により,転写誘導されている.そこで,口腔扁平上皮がんと網膜芽細胞腫株を用いて,HSF1関連タンパク質であるpolo-like kinase 1(PLK1)とBcl-2 associated athanogene 3(BAG3)に焦点をあてた.PLK1はHSF1のリン酸化に関与し,がん細胞の増殖や生存に重要な働きを示すといわれている.また,BAG3は分子シャペロンタンパク質として中心的な役割を果たすHSP70のコシャペロンであり,ストレス誘導性の抗アポトーシスタンパク質でもある.これらを分子標的とすることはHTの新たな治療戦略となる可能性について報告することができた.

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 眼瞼脂腺がん治療の新規ターゲット遺伝子の解明

    若手研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月 

     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    感覚・運動・脳病態学(講義)  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    感覚・運動・脳病態学(講義)  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    感覚・運動・脳病態学(講義)  (2017年度)  兼担・兼任