林 周作 (ハヤシ シユウサク)

HAYASHI Shusaku

写真a

職名

助教

研究室住所

〒930-0194 富山県富山市杉谷2630 富山大学和漢医薬学総合研究所 研究開発部門 病態制御分野 生体防御学領域

研究分野・キーワード

腸管粘膜バリア機構、炎症性腸疾患、腸管上皮、粘膜免疫システム、慢性炎症、未病

研究室電話

076-434-7642

ホームページ

https://www.inm.u-toyama.ac.jp/research/host-defences/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2009年03月 -  博士(薬学)  京都薬科大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   薬学・和漢系   助教  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   和漢医薬学総合研究所   助教  

  • 2010年06月
    -
    2019年09月

    富山大学   和漢医薬学総合研究所   助教  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 薬理系薬学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Nicotine suppresses acute colitis and colonic tumorigenesis associated with chronic colitis in mice

    3. Hayashi S, Hamada T, Zaidi SF, Oshiro M, Lee J, Yamamoto T, Ishii Y, Sasahara M, Kadowaki M

    American Journal of Physiology Gastrointestinal and Liver Physiology   307   G968 - G978   2014年11月

    共著

    DOI

  • Lubiprostone prevents nonsteroidal anti-inflammatory drug-induced small intestinal damage by suppressing the expression of inflammatory mediators via EP4 receptors

    Hayashi S, Kurata N, Yamaguchi A, Amagase K, Takeuchi K

    The Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics   349   470 - 479   2014年06月

    共著

    DOI

  • Anti-allergic role of cholinergic neuronal pathway via α7 nicotinic ACh receptors on mucosal mast cells in a murine food allergy model

    Yamamoto T, Kodama T, Lee J, Utsunomiya N, Hayashi S, Sakamoto H, Kuramoto H, Kadowaki M

    PLOS ONE   9   e85888   2014年01月

    共著

    DOI

  • Cinacalcet, a calcimimetic, prevents nonsteroidal antiinflammatory drug-induced small intestinal damage in rats

    Hayashi S, Kurata N, Kitahirachi E, Nishimura Y, Amagase K, Yano T, Takeuchi K

    Journal of Physiology and Pharmacology   64   453 - 463   2013年08月

    共著

  • Enhancement of CGRP sensory afferent innervation in the gut during the development of food allergy in an experimental murine model

    Lee J, Yamamoto T, Hayashi S, Kuramoto H, Kadowaki M

    Biochemical and Biophysical Research Communications   430   895 - 900   2013年01月

    共著

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • HCO3- Stimulatory Action of Hydrogen Sulfide in Rat Duodenum

    Takeuchi K, Ise F, Koyama M, Dogishi K, Yasuda M, Hayashi S (担当: 共著 )

    Gas Biology Research in Clinical Practice, Karger Publisher  2011年04月

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 腸管マクロファージのIL-10産生亢進作用をもつ炎症性腸疾患の新たな治療薬の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月 

  • 漢方薬成分のインシリコ標的タンパク質探索による漢方薬リポジショニング

    基盤研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月 

  • CD206陽性マクロファージの腸管の恒常性維持及び炎症性腸疾患における役割の解明

    若手研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • 潰瘍性大腸炎に対する新規治療薬の探索研究-大建中湯の作用機序解明

    若手研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月 

     潰瘍性大腸炎は難治性の慢性炎症疾患であり、その病態解明ならびに新規で有用な治療薬の創出が求められている。本研究では、漢方薬である大建中湯の急性大腸炎および大腸炎関連発がんに対する作用ついて検討を行った。 大建中湯は急性大腸炎の発生を抑制し、大腸組織における炎症性サイトカインの上昇を有意に抑制した。また大建中湯は腸管マクロファージにおけるTNF-αの発現を低下させた。さらに大建中湯は、大腸炎関連発がんモデルにおける腫瘍形成を有意に抑制した。本研究から、大建中湯は腸管マクロファージにおける炎症性サイトカインの産生阻害を介して大腸炎および炎症関連発がんを抑制することが示唆された。