林 曉 (ハヤシ サトル)

HAYASHI Satoru

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

富山大学 美学 漆芸 伝統工芸 CAD

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1981年03月 -  芸術学修士  東京芸術大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   芸術文化学系   教授  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   芸術文化学部   芸術文化学科   教授  

  • 2005年10月
    -
    2019年09月

    富山大学   芸術文化学部   芸術文化学科   教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 美術 漆芸

 

作品 【 表示 / 非表示

  • 朱塗二十一稜茶器(第28回 日本伝統漆芸展)

    芸術活動 

    2011年01月
     
     
     

  • 朱塗稜花盤 (第57回 日本伝統工芸展)

    芸術活動 

    2010年09月
     
     
     

  • 朱塗二十一稜茶器(第49回 日本伝統工芸富山展)

    芸術活動 

    2010年05月
     
     
     

  • 第27回 日本伝統漆芸展 栃造輪花溜塗盛器

    芸術活動 

    2010年01月
     
     
     

  • 2009東京モーターショー出品 タケオカ自動車工芸 T10試作モデル

    芸術活動 

    2009年11月
     
     
     

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 3Dデジタル技術を用いた民俗文化財保存修復に関する研究・開発・応用

    基盤研究(B)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    特別演習(デジタルモデリング)  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    立体表現特別演習C  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    漆工芸特別演習B  (2020年度)  専任

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

    課題研究Ⅱ  (2020年度)  専任

  • 2020年04月
    -
    2020年09月

    漆工芸特別演習A  (2020年度)  専任

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 漆と親しむ-螺鈿(らでん)で加飾する菓子皿

    2013年04月
    -
    2013年06月

    今回は螺鈿(らでん:貝を用いて加飾をおこなう技法)の中でも、薄貝又は青貝と呼ばれる厚さ0.08㍉程度の厚みの貝を用いて菓子皿に加飾をしていきます。
     18cm程度の使い勝手の良いお皿2枚に対し、貝の加工から、漆での貝の貼付け、漆の塗りまでをおこないます。
     道具はこちらで用意しておりますので、漆には触れた事の無いと言う初心者の方も大歓迎です。

  • 漆と親しむ-気軽に使える片口の制作-

    2012年04月
    -
    2012年06月

    今回は、大ぶりのお椀に注ぎ口が付いた、片口という器の制作を致します。
    片口特有の存在感のある形状は、置いてあるだけでも楽しく、ドレッシング、ソース等を注ぐ器としても、酒器や一般的な器としても幅広くお使い頂ける器です。
    自らつくった漆器を御自宅で使って頂く事で、漆という素材を身近に感じていただければ幸いです。
    道具はこちらで用意しておりますので、漆には触れた事の無いと言う初心者の方も大歓迎です。