鈴木 炎 (スズキ ホノオ)

SUZUKI Honoh

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

溶液化学、熱力学、レーザー光化学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1989年03月 -  理学博士  東京工業大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   ナノ・新機能材料学域   物質物性基礎科学系   准教授  

  • 2005年10月
    -
    継続中

    富山大学   理学部   化学科   准教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物理化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Mie Scattering Field inside and near a Coated Sphere: Computation and Biomedical Applications

    H. Suzuki and I-Y. S. Lee

    J. Quant. Spectrosc. Radiat. Transfer   126   56 - 60   2013年

    共著

  • Stability and dancing dynamics of acoustic single bubbles in aqueous surfactant solution

    H. Suzuki, I-Y. S. Lee and Y. Okuno

    Int. J. Phys. Sci.   5   176 - 181   2010年04月

    共著

  • Photoacoustic Sensitization and Laser-Induced Cavitation in Polymer Solutions by Carbon Nanotubes

    I-Y. S. Lee, Y. Hayama, H. Suzuki and T. Osawa

    J. Phys. Chem.   C114   22392 - 22397   2010年04月

    共著

  • Stability and dancing dynamics of acoustic single bubbles in aqueous surfactant solution

    H. Suzuki, I-Y. S. Lee and Y. Okuno

    Int. J. Phys. Sci.   5   176 - 181   2010年02月

    共著

  • K. Kanamori, K. Fujimoto, E. Yoneda, T. Yokoyama, H. Suzuki, K. Nozaki, Y. Miyashita and K. Okamoto: Synthesis and Structures of Vanadium(III) and -(IV) Complexes with a Tripodal Quadridentate Ligand Containing Alcoholic and Pyridyl or Imidazolyl Function

    鈴木炎・他

    富山大学     2008年04月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • エントロピーをめぐる冒険 ― 初心者のための統計熱力学

    鈴木 炎 (担当: 単著 )

    講談社  2014年12月

  • Laser-Induced Rupture of Infrared Dye-Doped Liposomes, in Nanomaterials for Biomedicine (Ed. by R. Nagarajan), ACS Publications, Chapter 8, pp 175-189 (2012)

    H. Suzuki, I-Y. S. Lee and T. Sakai (担当: 共著 )

    ACS Publications  2012年

  • (1) ロバート R. H. アンホルト (著), 鈴木 炎 and I-Y. S. Lee (翻訳): 理系のための口頭発表術, (ブルーバックス 1584), 講談社, 東京 (2008).

    鈴木炎・他 (担当: 共編者 )

    富山大学  2008年01月

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ランダム光散乱媒体を利用したフラクタル反応場の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

    ランダム媒体における光近接場の多重散乱をエネルギーの高効率利用のために活用する目的で、散乱体並びに光パイプ形成条件の実験的・理論的検索を行うとともに、その最適化を目指して Mie 近接場の理論計算を行った。レーザー光を照射した場合に、各種散乱体の周囲に発生する光電場の三次元微細構造を任意精度で計算することに成功し、その描像を確立した。また、ポリマー粒子が形成する長距離秩序が光の多重散乱に特異的な効果をもたらすこと、並びに、超音波とレーザー照射によって気泡間相互作用を精密に制御することが可能であることを見出した。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Phase Transition of Photonic Crystals in Solution

    Joint Conference of EMLG/JMLG Meeting 2018 and 41st Symposium on Solution Chemistry of Japan  2018年11月  -  2018年11月   

  • 液相フォトニック結晶の相平衡

    第40回溶液化学シンポジウム  2017年10月  -  2017年10月   

  • フォトニック結晶の Kikuchi-Kossel 線解析

    第39回溶液化学シンポジウム  2016年11月  -  2016年11月   

  • ポリスチレンコロイド結晶のフォトニック効果

    第38回溶液化学シンポジウム  2015年10月  -  2015年10月   

  • 一般化 Mie 理論の単一気泡への応用

    第37回溶液化学シンポジウム  2014年11月  -  2014年11月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    構造溶液化学特論  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    ゼミナール  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    化学実験  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    溶液化学  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2018年12月

    基礎化学実験  (2018年度)  兼担・兼任

全件表示 >>