鈴木 信昭 (スズキ ノブアキ)

SUZUKI Nobuaki

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

東洋史

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1983年03月 -  文学修士  立教大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年10月
    -
    継続中

    富山大学   人文学部   人文学科   教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • アジア史・アフリカ史

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 近世に朝鮮半島に伝来したイエズス会宣教師が作成した漢訳西学書に関する研究をおこなっている.

論文 【 表示 / 非表示

  • 朝鮮仁祖八年問安官崔有海の伝聞した西洋情報

    鈴木信昭

    朝鮮学報   ( 221 ) 83 - 115   2011年10月

    単著

著書 【 表示 / 非表示

  • 越境者の世界史

    弘末雅士、鈴木信昭、他 (担当: 共著 , 担当範囲: 7章 )

    春風社  2013年12月

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 東アジア近代における思想的伝統の創造に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  継続中 

  • 近世朝鮮における漢訳西学書の伝来と受容に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  継続中 

     

  • 東アジア近代における国学の研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2010年04月  -  2014年03月 

    日本の国学は従来明治維新以降衰退したと考えられていたが、衰退したのは平田派のみであり、小中村清矩を中心とした考証学派等は明治以降も存続し、東京大学古典講習科となる。中国の国学は、日本の三宅雪嶺・志賀重昂らの国粋主義に直接の着想を得ている。国粋主義は西洋の学術文化を受容していく過程で日本の伝統文化を再評価したもので、国学に対して批判的であるが、中国において日本の国学は認識されなかった。また国学とは従来の考証学(漢学)そのものであると理解するグループも存在した。朝鮮の国学は、中国の国学の影響で儒学を国学とするグループがあり、その後日本の国学の影響で朝鮮独自の文化を国学とするグループが登場した。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    国際文化特論演習(4)  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    国際文化特論演習(2)  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    国際文化特論(2)  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    朝鮮学入門  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    朝鮮文化講読  (2018年度)  専任

全件表示 >>