趙 慶利 (チョウ チンリ)

ZHAO Qing-Li

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

放射線, 温熱, 細胞死

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1999年03月 -  博士(医学)  神戸大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年03月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   先端生命医療学域   分子病態医学系   助教  

  • 2007年04月
    -
    継続中

    富山大学   医学部   医学科   助教  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    国際癌治療増感研究協会

  •  
     
     
     

    放射線生物研究会

  •  
     
     
     

    日本ハイパーサーミア学会

  •  
     
     
     

    日本超音波医学会

  •  
     
     
     

    日本放射線影響学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 放射線科学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • がん細胞のレドックス制御による放射線増感と分子機構の解明

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2015年04月  -  継続中

  • ミトコンドリアを標的とした放射線および温熱細胞死の増強と分子機構の解明

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2012年04月  -  2015年03月

論文 【 表示 / 非表示

  • Neuroprotective effects of PDGF against oxidative stress and the signaling pathway involved. J. Neuroscience Res. 88: 1273-1284, 2010.

    Zheng L.-S., Ishii Y., Tokunaga A., Hamashima T., Jie S., Zhao Q.-L., Ishizawa S., Fujimori T., Nabeshima Y., Mori H., Kondo T., and Sasahara M.

    J. Neuroscience Res.   88   1273 - 1284   2010年04月

    共著

  • Synergistic induction of apoptosis and caspase-independent autophagic cell death by a combination of nitroxide Tempo and heat shock in human leukemia U937 cells. Apoptosis, 15: 1270-1283, 2010.

    Zhao Q.-L., Fujiwara Y., and Kondo T.

    富山大学   15   1270 - 1283   2010年04月

    共著

  • Protective effects of platinum nanoparticles against UV-light-induced epidermal inflammation. Exp. Dermatol., 19: 1000-1006, 2010.

    Yoshihisa Y., Honda A., Zhao Q.-L., Makino T., Abe R., Matsui K., Shimizu H., Miyamoto Y., Kondo T., and Shimizu T.

    Exp. Dermatol.,   19   1000 - 1006   2010年04月

    共著

  • Nutlin-3 enhances Tumor Necrosis Factor-Related Apoptosis Inducing Ligand (TRAIL)-induced apoptosis through up-regulation of DR5 in human sarcoma HOS cells and human colon cancer HCT116 cells. Cancer Lett., 287: 98-108, 2010.

    Hori T., Kondo T., Kanamori M., Tabuchi Y., Ogawa R., Zhao Q.-L., Ahmed K., Yasuda T., Seki S., Suzuki K., and Kimura T.:

    Cancer Lett.,   287   98 - 108   2010年04月

    共著

  • Ionizing radiation enhances Tumor Necrosis Factor-Related Apoptosis-Inducing Ligand (TRAIL)-induced apoptosis through up-regulations of death receptor 4 (DR4) and death receptor 5 (DR5) in human osteosarcoma cells. J. Orthopadeic Res., 28: 739-745, 2010.

    Hori T., Kondo T., Kanamori M., Tabuchi Y., Ogawa R., Zhao Q.-L., Ahmed K., Yasuda T., Seki S., Suzuki K., and Kimura T.

    J. Orthopadeic Res.   28   739 - 745   2010年04月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Synergistic killing of leukemic U937 cells by low-intesnity ultrasound and doxorubicin. In Therapeutic Ultrasound. 6th International Symposium on Therapeutic Ultrasound, by Ter Haar G.. (Ed.) 479-483, American Institute of Physics CP 911, New York, 2007

    Yoshida T., Feril L.B. Jr.,, Kondo T, Zhao Q.L., Ogawa R, Tsukada K. (担当: 共著 )

    In Therapeutic Ultrasound. 6th International Symposium on Therapeutic Ultrasound, by Ter Haar G.. (Ed.)  2007年04月

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀ポスター賞

    2010年09月11日   アジアハイパーサーミア腫瘍学会  

    受賞者:  趙 慶利

  • 国際研究奨励賞

    2002年06月01日   国際癌治療増感研究協会  

    受賞者:  趙 慶利

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • がん幹細胞のレドックス制御に基づいた放射線増感治療法の創成

    基盤研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • がん細胞のレドックス制御による放射線増感と分子機構の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • TAK1を標的とした放射線・温熱癌治療戦略の確立

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2014年04月  -  継続中 

     

  • ミトコンドリアを標的とした放射線および温熱細胞死の増強と分子機構の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

    本研究では、温熱とnitroxide (TempoまたはF-TriPPT)との併用によるapoptosisおよびautophagy、とくにautophagic necrotic cell deathの強度依存性誘発の分子機構について、(1)ミトコンドリア(MT)の機能障害(O2•-消費、膜電位消失、ATP合成阻害)とapoptosis, とくにautophagic necrotic deathの誘発との関係、(2)Bax/Bakの直接活性化(intrinsic pathway)とFasL/Fas DISC→caspase-8, caspae-2→Bid→tBid→Bax/Bak活性化(extrinsic pathway)の関与の選別、(3)caspasesの活性化、(4)分子シャペロンHSP27, HSP70とHSP90がどの分子細胞死シグナリング過程を標的にするか、を解析する