ZHU SHU (チユ シユウ)

ZHU Shu

写真a

職名

助教

研究室住所

〒930-0194 富山県富山市杉谷2630 富山大学和漢医薬学総合研究所 研究開発部門 資源開発分野 資源科学領域

研究分野・キーワード

生薬・薬用植物、遺伝的・成分的多様性、品質評価、遺伝子多型、成分分析

ホームページ

https://www.inm.u-toyama.ac.jp/pharmacognosy/index-j.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2004年03月 -  博士(薬学)  富山医科薬科大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   薬学・和漢系   助教  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   和漢医薬学総合研究所   助教  

  • 2006年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   和漢医薬学総合研究所   助教  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 天然資源系薬学

  • 化学系薬学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Mass Spectrometry Imaging of the Capsaicin Localization in the Capsicum Fruits.

    Taira S., Shimma S., Osaka I., Kaneko D., Ichiyanagi Y., Ikeda R., Konishi-Kawamura Y., Zhu S., Tsuneyama K., Komatsu K.

    Int. J. Biotech. Well. Indus   1   65 - 69   2012年01月

    共著

  • Flavonoid glycosides from Chromolaena odorata leaves and their in vitro cytotoxic activity.

    Hung T. M., Cuong T. D., Dang N. H., Zhu S., Long P. Q., Komatsu K., Min B. S.

    Chem. Pharm. Bull.   59   129 - 131   2011年01月

    共著

  • The inter-laboratory validation study for the purity test of Atractylodes Rhizome targeted for Atractylodes Lancea Rhizome based on PCR-RFLP.

    Maruyama T., Kondo K., Yotsuyanagi Y., Yamamoto Y., Kawasaki T., Shiba M., Terasaki K., Yamane M., Zhu S., Skata K., Fujita M., Akiyama H., Nishimura N., Komatsu K., Mizukami H., Goda Y.

    The Japanese Journal of Pharmacognosy   64   96 - 101   2010年09月

    共著

  • Authentication of Coscinium fenestratum among the other menispermaceae plants prescribed in Thai folk medicines.

    Watthanachaiyingcharoen R., Komatsu K., Zhu S., Vajragupta O., Leelamanit W.

    Biol. Pharm. Bull.   33   91 - 94   2010年01月

    共著

  • Panajaponin, a new glycosphingolipid from Panax japonicus.

    Guo Z., Zou K., Dan F., Wang J., Zhu S., Komatsu K.

    Nat. Prod. Res.   24   86 - 91   2010年01月

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Exploration of Ephedra resource in Mongolia: From field investigation to molecular identification and chemical evaluation

    Zhu S., Kitani Y., Komatsu K.

    J. Trad. Med. ( 和漢医薬学会 )  29   35 - 40   2012年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 類似生薬の同定に有用なDNAマイクロアレイ-人参類生薬について

    小松かつ子,朱 姝

    ケミカルエンジニヤリング ( 化学工業社 )  54   20 - 31   2009年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 類似植物体および生薬同定用DNAマイクロアレイ

    特願 特願2007-296158  特開 特許第5163999号 

    小松かつ子,ZHU Shu

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成22年度日本生薬学会論文賞

    2012年09月12日   Japanese Society of Pharmacognosy  

    受賞者:  日本生薬学会

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子解析を活用したサラシアの資源探索:中国産Salacia属の多様性解析

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月 

  • 伝統薬のサステイナビリティと現地還元を指向したアジアの薬用植物の調査研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • サポニン生合成遺伝子の解析によるPanax属植物における成分的多様性の成因の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

     

  • 薬用資源植物の多様性を利用した伝統薬の永続的利用プログラムの構築

    基盤研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

     

  • 遺伝子多型に基づく簡便な人参類生薬の同定法の開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2006年04月  -  2008年03月 

    DNA マイクロアレイは、遺伝子発現を網羅的に解析することやSNPsを大量かつ迅速に検出できる画期的な技術である。そこで、人参類生薬を客観的かつ迅速に、多数の検体について同定できる方法を確立することを目的とし、これまで解析したPanax属13分類群の18S rRNA遺伝子の配列に基づき、人参類生薬同定用DNAマイクロアレイを開発した。まず、各種に特異的なprobe(23~26 bp)を33本、およびpositive control、negative controlを各1本設計・作成した。マイクロアレイ上に各種を区別できる11ヶ所の塩基置換に対応する11区画を設け、各2~5プローブを順番に配置した。また、実験条件による蛍光強度のばらつきを補正するため、各プローブを3スポット(3列)ずつ設置し、それらを平均したデータを取るように工夫した。この人参類同定用DNAマイクロアレイでは、合計117スポット×2組/スライドグラスを配置し、解析結果をバーコードとして表示し、簡単に識別できるように設計した。Panax属植物8種を材料として検証した結果、設計通りの蛍光パターンが得られた。また、人参類生薬並びにそれらを原料とする健康食品(薬用人参、西洋人参及び三七人参を含有する錠剤、カプセル剤)を用いて有用性を検討した結果、各分類群を正確に同定できた。このアレイは人参類生薬や健康食品の適正使用、安全性確保のレギュレーションに有用であると考える。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Genetic and chemical characterization of white/red peony roots and the horticultural cultivars of Paeonia lactiflora.

    The 5th International Symposium on Scientific Research of Traditional Medicine  2012年10月  -  2012年10月   

  • Genetic, Chemical and pharmacological Diversity of Ginseng Drugs

    The 10th Annual Oxford International Conference on the Science of Botanicals (ICSB)  (University of Mississippi, Oxford Conference Center, MS, U.S.A. )  2011年04月  -  2011年04月   

  • Standardization of Natural Medicine through Integrated Approaches, An Example of Systematic Analysis of Ginseng Drugs

    Workshop Japan-Egypt “Pharmacognosy and Traditional Medicine”  2010年07月  -  2010年07月   

  • Systematic study on notoginseng and ginseng drugs

    The 1st International Symposium on Notoginseng  2008年04月  -  2008年04月   

  • Systematic study on Ginseng drugs-from phylogenetic analysis to quality evaluation

    China-Japan Joint Symposium on Natural Medicine – Recent Trends of Natural Medicine Researches  2006年04月  -  2006年04月